中古品
¥ 457
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】開き癖があります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る
5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011
"もう一度試してください。"
¥ 188
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

【入手困難品】1981年の放送開始から30年。文明の奔流に流されてきたこの日本を突如襲った東日本大震災。その悲劇に揺れる2011年3月、脚本家・倉本聰が初めて語った『北の国から』の時代への予言。


登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 1981年の放送開始から30年。文明の奔流に流されてきたこの日本を突如襲った東日本大震災。その悲劇に揺れる2011年3月、脚本家・倉本聰が初めて語った『北の国から』の時代への予言。; 初版 (2011)
  • ISBN-10: 4905415004
  • ISBN-13: 978-4905415008
  • 発売日: 2011
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 184,444位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
北の国からの撮影状況がよくわかります、テレビも見て、ビデオも見て、本も全て読みました。アマゾンから購入できました。生涯の名作になりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
8月の東京の酷暑から逃れるように富良野に行ってきました。
『風のガーデン』のロケ地のお土産物やさんに
たまたま置いてあった本書。最初の数頁を読んで購入しました。
購入しようとすぐに思った理由は、倉本さんが書いている80年代前後の札幌の
地上げの話にとても引きつけられたからです。
そう「ネズミを油漬けにして火をつけて、地上げしたい場所の建物を放火する」という噂話。
さすが脚本家ですね、最初の話で一気に心をつかまれてしまったわけです。

かくいう私は、『北の国から』がヒットしていたあの頃、大ファンだった姉や友達にどんなに
勧められてもドラマを観る事はありませんでした。なんとなく天の邪鬼で
みんなが褒めているものを観たくなかったのかな…。
なので、ドラマも倉本聰のことも知っていることが0に近しいのに、
本書を買う事自体、ちょっとずれているのかもしれませんが。

ドラマを知らない分、倉本さんがなぜ富良野に移住を決めたのか。
当時の富良野がどれだけ東京から心理的にも距離的にも離れていたのか。
そして生粋の東京のシティボーイだった倉本さんが、
北海道の人の生き方に衝撃を受けたのかがとても面白かったです。

...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この独白は、「北の国から」30周年を記念して、
最初のシリーズ24話について
富良野塾OBライターへの特別講義として
二〇一一年二月末から四月頭にかけて語ったものである  (巻頭ページより)

「北の国から」というドラマの生い立ち、知られざるエピソードの数々、倉本さん自身の富良野移住とその場所での生活等々・・・、途中ドラマのシナリオを交えながら語られる倉本さんの話の面白さと奥行きの深さと言ったら・・・、格別!!
倉本さんの思考のリアリズムに感動し、また途中読みながら何度か涙腺が緩んだ。
おすすめします!

以下、目次
1 誕生 p07
2 始動 p30
3 登場人物の肖像 p47
4 黒坂五郎 p82
5 文明社会から自然の中へ p128
断章 ススキノの女たち p156
6 風力発電 p164
7 東京 p195
8 ふるさと p224
9 かわいげ p249
10 人が死ぬということ p280
「北の国から」その歴史と時代の変遷 p327
あとがき p340

P.S.
「マロース」という演劇を観て思い切り心を鷲掴みにされた私、それ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
入手不可だったのでこちらで。
北の国からのその後や、倉本氏の考えがいろいろ書かれていて
読んで非常に面白い。
ファンなら読んで損はない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告