中古品
¥ 592
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし初版、こぐちカバーに擦れ等ありますが、古書としては概ね良好な状態です。※【ポスト投函になります。ポストに入らない商品は手渡しですが、ご不在の場合不在連絡票が入れられます。ご確認ください。】迅速な出荷を心掛けております。天候などの影響や特別な事故がない限り本州は出荷通知の翌日、北海道、九州、四国、沖縄は二日後に到着見込みです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

独断的作家論 (講談社文芸文庫) 文庫 – 2003/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 591
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「蔵の中」「思い川」「枯木のある風景」などの名品を残した著者は、また文芸評論にも筆をふるい評論家としてのひらめきを発揮した。本書は、斎藤茂吉、永井荷風、森鴎外、里見〓@4CEE@、川崎長太郎、稲垣足穂、島木健作等をはじめ、親しかった加能作次郎、牧野信一、葛西善蔵、嘉村礒多の思い出を、機知に富んだ独得の文章で綴った作家論。文学の鬼と称された宇野浩二の真骨頂。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宇野/浩二
1891年(明治24年)7月26日生まれ。1910年(明治43年)4月、早稲田大学英文学科予科に入学。1913年(大正2年)4月、白羊社書店から小品集『清二郎夢見る子』を処女出版。1915年(大正4年)3月、早稲田大学中退。1940年(昭和15年)3月、第二回菊池寛賞を受賞。1949年(昭和24年)1月、芸術院会員。1951年(昭和26年)5月、「思ひ川」により第二回読売文学賞を受賞。1961年(昭和36年)9月21日、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 459ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061983369
  • ISBN-13: 978-4061983366
  • 発売日: 2003/06
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,258,899位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう