Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,512
ポイント : 15pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

狂気とバブル Kindle版

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,460
--このテキストは、Kindle版版に関連付けられています。

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「集団妄想と群衆の狂気」の決定版!
150年間、世界的大ベストセラー!
昔から人は荒唐無稽な話にだまされ、無分別なヒステリー症にかかってきた!
「いつの時代にも、その時代ならではの愚行が見られる。それは陰謀や策略、あるいは途方もない空想となり、利欲、刺激を求める気持ち、単に他人と同じことをしていたいという気持ちのいずれかが、さらにそれに拍車を掛ける」――著者のチャールズ・マッケイは1841年にこう述べている。当時は確かにそうだった。しかし、1980年代後半の日本の株式市場や2000年のアメリカ株式市場のITバブルを見れば、現代も間違いなくそうだろう。

狂った投機熱から聖遺物崇拝まで、集団妄想にまつわる幅広いテーマを扱った知的でユーモアあふれるこの著作は、大衆の狂気、群衆の行動、人々の愚行に関する研究論の決定版となっており、読者の知的好奇心くすぐらずにはいられない。本書ではさまざまな詐欺やいかさま行為のほかにも、魔女の火刑や壮大な十字軍運動、ノストラダムスの予言、16世紀のオランダの国中を巻き込んだチューリップバブル――たったひとつのチューリップの球根で全財産を失った投機家たちの話――に関する論考も取り上げているが、そこには服のすそを上げ下げし、髪型を変えたりひげを伸ばしたりといった人々の奇行も見え隠れしている。

思い当たる節があるという読者――マッカーシズムやエルビスフィーバーを思い出しただろうか?――に、そして途方もない狂気や荒唐無稽な計画、大衆をけむに巻く詐欺事件に興味津々の読者に、古今を問わず、どんな時代でも、大衆がいかに無分別なヒステリー症にかかりやすいかを諭してくれるのが本書である。
ベストセラー『トビアスの教える投資ガイドブック』(パンローリング)の著者であるアンドリュー・トビアスは本書について、「ほかの古典的名著と同じように、一度読めば本書の存在を知らなかったことなど想像するのも難しい――だからどうしても本書を薦めずにはいられなくなるのである」。


内容(「BOOK」データベースより)

本書はチャールズ・マッケイが今から一五〇年ほど前に上梓した『常軌を逸した集団妄想と群集の狂気』一八五二年版の邦訳である。民衆が何かに取りつかれ、それが恐ろしい妄想に変わり、やがて社会全体が理性を失っていった歴史上有名な事例を取り上げ、なぜ人は集団になると愚行に走るのかをジャーナリストの視点から解き明かした作品である。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1643 KB
  • 出版社: パンローリング株式会社 (2013/11/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GH51AAQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 39,005位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
いま考えると信じられないこと、あのチューリップの球根が投機対象となっていたことは、群集心理の恐ろしさをひしひしと感じた。どんなに高級なものも、その価値を知らない人にとっては、単なる食料であった。このエピソードは笑えたが、現代の社会でも、群集心理は作用していると考えると、ぞっとする。いま熱狂している物事に懐疑心を持ち、醜い歴史は繰り返されることを肝に命じたいと思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 パウラ 投稿日 2017/3/31
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を購入した時は、ちょうど金融機関の渉外業務に携わっており、いきなりのAIGの破綻から、リーマンショックに陥ってしまい、どうしたものかと本を読み漁りました。ま、端的に言って、面白い本です。NANTOWICCIの魔女、聖書からの引用や、格言、詩などから、比喩でいろいろなことを教えてくれる本です。金融業にお勤めの方、ぜひご一読ください。目から鱗かもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おやじねこ VINE メンバー 投稿日 2014/12/30
形式: Kindle版 Amazonで購入
非常に大部の作品であり、内容も大きく二つに分かれるので本来は一冊にまとめるのは無理がある。特に第1章はこれだけで独立した作品としてもっと内容を充実させるべきだった。まあ、150年も前に書かれたのだから仕方ないが。次に各章についてレビューを行う。

第1部 経済バブル
日本でもしばらく前にバブル経済が崩壊した。政府と日銀が通貨供給を拡大し、資金が株式と不動産市場に流入、これが資産価格を高騰させ、今度は価値の高まった資産を担保に資金を調達し再び市場に投入する。このサイクルが暴走した状態がバブルだ。ミシシッピ計画は紙幣の供給と受け皿となる国策企業の株式を市場を介して価格決定するシステムのうち、紙幣の過大な供給と新株発行がかみ合って発生したバブルだ。
次に南海泡沫事件の舞台となったのはイギリスだが、状況はやや異なる。フランスでは政府主導のバブルだったが、こちらは民間の冒険商人主導だった。会社の設立には議会の特許が必要だが、それはあくまでも民間の発起による。しかも、その信用膨張は市場の機能を利用したもので、まさしく先日のバブル経済と同種のものだった。そのためこちらの方が有名だ。

チューリップバブルは球根という商品が対象となった点が異なるが、実際は南海泡沫事件と同種の事案だ。商品経済への資金流入ということでは最初の事案であるが、あく
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
150年前のジャーナリストが150年前に、
概ね10世紀〜19世紀ぐらいまでの英・仏・独・伊・蘭での出来事から、
その頃の同国人達がはまり込んだ狂乱について書かれた本です

この本がロングセラーとなり、また良書であるといえる理由は、
脚色なく、基本的に文書資料を基に、事実を中心に書かれていることです

たまに著者自身の考えも書かれており、狂気に陥った人間の行動ないし考え
に対する、その皮肉なのか真面目なのかよく分からない痛烈なご指摘は、なかなか
笑える部分もあるのですが、基本的には事実9割、その他1割です

本当に丁寧に、街の名前や人名という細かいところから事実が書かれていますので、
実に臨場感を持って、変な偏見も持たず、冷静に読み進んでいけます。
そこがこの本がいつまでも売れる理由だと思います。資料的価値が高いのです。

これが中途半端に後世の人間が当時の事情をまとめたりすると、要点ではないからと、
人名などの細かい固有名詞を省いて、後世の上から目線で余計な脚色を付けて書いてしまい
がちになることが多いですが、この本が出色なのは、そういった点が全くない点です。
当時のジャーナリストの鑑と言っても過言では
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 本書は1852年に書かれた『常軌を逸した民衆の妄想と群衆の狂気(Memoirs of Extraordinary Popular Delusions and the Madness of Crowds)』の邦訳である。知る人ぞ知る超重要古典の一つであり、邦訳が待望されていた貴重な一冊。

 かの偉大なる懐疑論者カール・セーガンは、マーティン・ガードナーの『奇妙な論理』と、そして本書によって懐疑派に目覚めたと述べているほどである。内容も大変に面白い。150年前の著作であることを忘れてしまうほど読みやすく、そして現代人が見ても普通に楽しい。

 本書執筆当時は、まさに迷信と軽信がもたらした最悪の時代から抜け出した直後であり、陰惨な魔女裁判をはじめ、その一世代前までの、あまたの愚行が、いまだリアルな記憶でもある時代だった。そして、やっと、それらの忌むべき記憶を、愚考として愉快に述べることができた時代を象徴する記念碑的な著作となっている。ノストラダムスもカリオストロも薔薇十字団も十字軍も、19世紀の視点で紹介してくれる。そして大変に面白く、かつ情報価値が高い。

 我々が読んでいて切なくなることが一つある。この時代は、大衆が愚かさから脱却し、未来の社会への、そして大衆の知への、溢れんばかりの希望に満ちている。本書を読んでいるとき
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover