通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ 単行本 – 2016/10/31

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,698

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ
  • +
  • 死の棘 (新潮文庫)
  • +
  • 妻への祈り - 島尾敏雄作品集 (中公文庫)
総額: ¥5,335
ポイントの合計: 192pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦後文学史に残る伝説的夫婦の真実に迫り、『死の棘』の謎を解く衝撃大作。

島尾敏雄の『死の棘』に登場する愛人「あいつ」の正体は?
あの日記には何が書かれていたのか。
ミホの書いた「『死の棘』の妻の場合」は、なぜ未完成なのか。
そして本当に狂っていたのは妻か夫か──。
未発表原稿や日記、手紙等の膨大な新資料によって、
不朽の名作の隠された事実を掘り起こし、
妻・ミホ生涯を辿る、渾身の決定版評伝。


目次より
序章 「死の棘」の妻の場合
第一章 戦時下の恋
第二章 二人の父
第三章 終戦まで
第四章 結婚
第五章 夫の愛人
第六章 審判の日
第七章 対決
第八章 精神病棟にて
第九章 奄美へ
第十章 書く女
第十一章 死別
第十二章 最期
「死の棘」あらすじ/島尾敏雄・ミホ年譜/主要参考文献

内容(「BOOK」データベースより)

島尾夫妻それぞれの日記や手紙、草稿、ノート、メモなど、膨大な未公開資料によって妻・ミホの生涯を辿る、渾身の決定版評伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 672ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/10/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104774022
  • ISBN-13: 978-4104774029
  • 発売日: 2016/10/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.7 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,601位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tamao 投稿日 2017/2/20
形式: 単行本 Amazonで購入
 島尾ミホの評伝というかたちで、鋭く、そして辛辣な島尾敏雄論となっている。目からウロコが落ちるとはこのことだ。吉本や奥野の島尾論、中でも山本健吉の「死の棘」論等の神話を覆し、島尾文学の実像に肉迫している。〈書く〉ことの業の深さというものをあらためて思い知らされる。これは女性でしか書けなかった評伝だろう。また島尾ミホがまだ生きていたら、おそらくこのままの内容で公刊されることもなかったにちがいない。ここには何か男女・夫婦の愛憎のある原型が、戦中・戦後の月日を通じて浮き彫りにされている。「死の棘」がそうであるように、決して遠い他人事としてだけは読めない。著者の粘り強い努力と才能には脱帽する。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/7
形式: 単行本 Amazonで購入
 まず、660ページにわたる本書のボリュームに、そして11年の年月をかけて本書を完成させた梯久美子さんのエネルギーに、圧倒されました。膨大な資料の収集と綿密な調査、多くの関係者へのインタビュー、島尾夫妻の著作は言うに及ばず、未発表の草稿にまで目を通す徹底的な読み込み‥‥。そこまで梯さんを捕らえて離さなかった島尾ミホとはどんな人物なのか?

 終戦直前、奄美大島のすぐ南にある加計呂麻島に配属された、九大卒エリートの特攻隊隊長の島尾中尉と、島の有力者の一人娘で東京の女学校を出た、垢抜けた知的な娘・ミホ。沖縄はすでに占領され、明日をも知れない極限状態の中、2人が恋に落ちるのはお約束のようなもので、この加計呂麻時代の話に全体の3分の1近くが費やされています。
 
 明日はないものと思い恋に没入した男は、終戦を迎えて実家のある神戸に戻り、女は老いた父一人を島に残して男の後を追いかけます。しかし、そこに待っていたのはしらけた現実、というのもまたお約束で、自然溢れる島でのびのびと育ち「お嬢様」として皆に大切にされていたミホは、夫の親や親戚から「南の離島から来た得体の知れない女」扱いされ、ショックを受けます。(沖縄のデモで大阪府警の機動隊員が暴言を吐いたことが問題になりましたが、ああいう差別感情が実際にあったそうです)
 本書の始めの島での話が濃密
...続きを読む ›
コメント 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容については他の方々が詳細に書かれているので、印象だけ。

凄まじいの一語につきる。ほかにも書いている人がいるけど、島尾敏雄・ミホ夫妻の自身の狂気と修羅をあますことなく書かずにいられないという作家としての“業”、二人の真実を追うことを止められない著者の書き手としての“業”、その“業”の結節点が本作なのだろう。そして、その“業”はそれぞれの身を焼き尽くしかねない恐ろしさを秘めているのではないだろうか。

575ページ辺りからの「骨」に関する部分を読んでいると、塚本邦雄氏の「馬を洗はば馬のたましひ冱ゆるまで人戀はば人あやむるこころ」が頭の中に浮かんできた。この歌の心情についてはあくまで想像の世界で慮ることをしていたが、実際にこの歌通りではと思われる人たちを目の当たりにした感じである。

これもほかの人が書いているが、現在刊行されている『死の棘日記』にミホの手が入っていることが判明した以上、遺族の了解が得られれば、『死の棘』の研究のためにも「『死の棘日記』完全版」が刊行されることが望ましい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『死の棘』のモデルとなった島尾敏雄・ミホ夫妻を丹念に追ったノンフィクション。

ミホ夫人の伝記を書く依頼を受けた著者は(結局、これはミホから断られるかたちになったが)
彼女の死後に残された大量の資料をひもといて『死の棘』の真実に迫ろうとしている。
奄美大島出身であるミホの家系や養父母の人となりを掘り起こし、
ミホの狂気の原因となった島尾敏雄の情事の相手を特定し(本著では仮名で記されている)、
文学仲間や親戚にまで話を聞いて彼女の実像に迫るという徹底ぶりには驚かされた。
島尾夫妻を描いた本としては、現時点では最高の一冊だろう。

吉本隆明や奥野健郎の唱えた「ミホ=聖なる存在」という図式に
女性の立場から異を唱えている点が印象に残り、ミホ夫人が「自分を正当化するための
物語をつくりあげた」と指摘している箇所にははっとした。

そして著者の取材や筆力に感心すればするほど、夫妻の「愛の物語」を神格化しようとしたミホ夫人や
自らの芸術のために夫人を利用したともとれる島尾敏雄に対する
割り切れない気持ちがつのっていくのを抑えられなかった。
幼い日々に父母の激しい諍いに苦しんだ長男の島尾伸三氏は
「この人たちは何をやっているんだ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す