通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
犯罪者プロファイリング入門―行動科学と情報分析から... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ほど良い商品です。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


犯罪者プロファイリング入門―行動科学と情報分析からの多様なアプローチ 単行本 – 2006/4/1

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 87
この商品の特別キャンペーン Prime Dayセール プライム会員限定ポイント。 1 件
  • Prime Dayセール プライム会員限定ポイント。
    Prime Dayセール プライム会員のお客様は10%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。コミック・雑誌は対象外です。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


booksPMP

【期間限定】書籍全品10%ポイント還元(※コミック・雑誌を除く)

7月15日(月)0時00分~7月16日(火)23時59分まで。>今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員のお客様は10%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。コミック・雑誌は対象外です。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 犯罪者プロファイリング入門―行動科学と情報分析からの多様なアプローチ
  • +
  • 犯罪者プロファイリング―犯罪行動が明かす犯人像の断片
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 45pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


年に一度のプライム会員大感謝祭
人気商品、まだまだ登場。7/16まで。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本で本格的なプロファイリング研究が始まって10余年、犯罪情報のデータ化によって、個々の捜査員の経験を超える膨大な犯罪事例の集積が可能となった。これを利用して犯人像を浮かび上がらせる技法は、次第に現場の捜査員からも信頼を獲得しつつある。本書は、現時点における最新の「進化した犯罪者プロファイリング」をまとめた、大変貴重な1冊である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡邉/和美
1967年千葉県生まれ。学習院大学文学部心理学科卒業。現在、科学警察研究所犯罪行動科学部捜査支援研究室主任研究官。日本犯罪心理学会全国理事。1992年に科学警察研究所入所時には当時の防犯少年部補導研究室に所属し、少年相談や少年非行の問題に取り組む。1995年に当時の防犯少年部環境研究室配属となり、犯罪被害者の問題、少年の凶悪事件の問題、凶悪事件の犯罪者プロファイリングの問題に取り組むようになる。2003年には組織改正により防犯少年部は犯罪行動科学部となり、そのもとに設置された捜査支援研究室において、よき同僚とともに、捜査支援のための行動科学的手法に関する研究に励んでいる

高村/茂
1959年徳島県生まれ。関西学院大学文学部心理学科卒業。現在、徳島県警察本部刑事部科学捜査研究所人文科長。日本の捜査実務に犯罪プロファイリングなど捜査心理学の応用分野が、さらに浸透することをめざす。日本でいち早く、科捜研仲間とストーカー研究に着手、また、窃盗、強盗などの犯人像研究を行ない、それらの研究成果を実際の犯罪者プロファイリングに応用する他、最近は、認知面接など捜査面接に関する研究にも取り組んでいる。臨床心理士の有資格者であり、徳島県警では犯罪被害者対策にも従事する

桐生/正幸
1960年山形県生まれ。文教大学人間科学部人間科学科心理学専修退学。学位授与機構より「学士(文学)」、東亜大学大学院より「博士(学術)」を取得。山形県警察本部科学捜査研究所主任研究官、関西国際大学客員教授を経て、関西国際大学人間学部人間心理学科犯罪科学専攻教授。日本犯罪心理学会全国理事、日本法科学技術学会評議委員。加害者の精神状態を明らかにすることが中心であったこれまでの犯罪心理学から、より現実に見合った「役に立つ犯罪心理学」を模索するために、ポリグラフ検査、犯罪者プロファイリング、犯罪不安、子どもの防犯など広範囲な研究・調査を行なっている。近年それら成果を、関連学会においてはもとより、市民ボランティアやPTA、学校長会などでも積極的に報告し、現実社会とのつながりを密にしながら研究を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


出版社より

北大路書房の犯罪心理学

最前線の現場で活躍する執筆陣による,「本物の犯罪心理学」をここに!


登録情報

  • 単行本: 202ページ
  • 出版社: 北大路書房 (2006/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4762824992
  • ISBN-13: 978-4762824999
  • 発売日: 2006/4/1
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 371,035位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち2.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

VINEメンバー
2006年4月24日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月11日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告