この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

犬鷹大切物語 (チャレンジ江戸の古文書) 単行本 – 1999/9

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,741
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書はまず、江戸の周辺にあった将軍家と御三家の御鷹場をとりあげます。御鷹場は規制だらけのいわば鳥獣保護区であり、鷹場の村々では、鷹のためにイナゴを上納したり、カカシを立てるのにいちいち嘆願書を出したりと、たいへんな負担と規制を強いられました。享保~慶応年間(1716~1867)の、新宿区から国分寺市にかけての地域の各家の文書から読んでいきます。次に、五代将軍綱吉の出した生類憐みの令をとりあげます。「天下の悪法」によって、江戸の町は大混乱となりました。生類憐みの令の実態はいかなるものだったのか、貞享・元禄・宝永年間(1684~1710)の文書や法令書・判例集から読んでいきます。

内容(「MARC」データベースより)

江戸の周辺にあった将軍家と御三家の御鷹場についての事情、生類憐みの令の実態をテーマに、生の史料を解読して江戸と近郊の歴史を浮かび上がらせる、くずし字の解読学習書。


登録情報

  • 単行本: 140ページ
  • 出版社: 柏書房 (1999/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4760117989
  • ISBN-13: 978-4760117987
  • 発売日: 1999/09
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,215,815位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2007年5月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月9日
形式: 単行本|Amazonで購入