¥4,400
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
犬神考:迷信に対する人々の意識の変容 (早稲田大学... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

犬神考:迷信に対する人々の意識の変容 (早稲田大学エウプラクシス叢書) (日本語) 単行本 – 2019/6/15


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/6/15
¥4,400
¥4,400 ¥6,010
無料配送: 10月31日 - 11月1日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
9 時間 57 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人はなぜ迷信にとらわれてきたのか。かつて高知県内を中心に流布した憑きもの筋の一種、「犬神」。この前近代的な観念が戦後、人々の間で変容していく過程を古老たちへのインタビューや過去の資料分析を通じて解明する。

著者について

酒井 貴広(さかい・たかひろ) 1986年 高知県に生まれる
2010年 早稲田大学第一文学部卒業
2012年 早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了
2017年 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)早稲田大学
現 在 早稲田大学非常勤講師

登録情報

  • 発売日 : 2019/6/15
  • 単行本 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4657198025
  • 出版社 : 早稲田大学出版部 (2019/6/15)
  • ISBN-13 : 978-4657198020
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません