犬神家の一族 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: セカンドオンラインストア
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: 合同会社Be-Honest
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: スサキ電機
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

犬神家の一族 通常版 [DVD]

5つ星のうち 2.5 56件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,604 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、RKオンラインストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

犬神家の一族(2006) [DVD]
¥ 1,854
(7)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 犬神家の一族 通常版 [DVD]
  • +
  • 犬神家の一族  ブルーレイ [Blu-ray]
  • +
  • 獄門島[東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥6,317
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石坂浩二, 松嶋菜々子, 尾上菊之助, 富司純子, 松坂慶子
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2007/07/06
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 56件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000OPOB42
  • JAN: 4988111283573
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,492位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

金田一さん、事件です!

●同じ監督・主役による世界でも異例のリメイク新作が30年の時を経て製作公開
空前のブームを巻き起こした、記念すべき角川映画第1弾が新作の公開(12月16日~全国東宝系劇場)に先駆け、
1976年のオリジナル版を特別仕様でリリース!

●HDテレシネによるニューマスターをさらにレストアした究極のデジタルリマスター版!
オリジナルの映像美を限りなく忠実に再現(監修:市川崑後期作品のほとんどを手がける編集・
長田千鶴子)DTSフルレート音声仕様

●豪華特典として縮刷版復刻パンフレット、解説書を封入!

<キャスト>
金田一耕助:石坂浩二 『細雪』『日本沈没』
犬神松子:高峰三枝子 『戸田家の兄妹』『火の鳥』
犬神佐兵衛:三國連太郎 『釣りバカ日誌』
警察署長:加藤武 『貸間あり』
弁護士・古館:小沢栄太郎 『雨月物語』『連合艦隊』
野々宮珠世:島田陽子 『砂の器』「将軍」

<スタッフ>
監督:市川崑 『ビルマの竪琴』『黒い十人の女』『子猫物語』
原作:横溝正史 「本陣殺人事件」「悪魔の手毬唄」「獄門島」
脚本:長田紀生・日高真也・市川崑
撮影:長谷川清 『魔界転生』『細雪』
音楽:大野雄二 『人間の証明』『ルパン3世』『最も危険な遊戯』

Amazonレビュー

   信州が産んだ製薬王・犬神佐兵衛が莫大な遺産を残して亡くなった。佐兵衛には母親の違う3人の娘、松子・竹子・梅子がいたが、なぜか遺言状には全財産を佐兵衛の恩人の孫娘・野々宮珠世に譲渡すると書かれていた。しかも珠世が財産を受け継ぐことができるのは、松子ら3人の娘たちのそれぞれの息子のいずれかと結婚することが条件だった。早速、珠世を巡って息子たちは争奪戦をくり広げ、ついには殺人事件が巻き起こる。遺言状を預かる法律事務所の依頼を受け、名探偵の金田一耕助は捜査に乗り出すのだが…。
   76年に角川映画の第1弾として製作された『犬神家の一族』を市川崑が自らリメイク。だがプロデューサーの指示で、構図からカット割りに至るまで76年版をまんま踏襲。エンディングだけは大きく異なるが、このDVDで手軽に過去の作品が見られる現代で、なにゆえもう1度同じものを作る必要性があったのか、正直、理解できなかった。しかし金田一役の石坂浩二は年齢を感じさせないような役作りをしているし、30年前と同じ役で出演した加藤武と大滝秀治らもやはりいい味を出している。結果的には76年版の偉大さを再認識させることになっている。(横森 文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

金田一耕助 は、石坂浩二。
横溝正史は 『3』というのが好きらしい。
キャッチコピーは『金田一さん 事件ですよ』というものである。
ちょっと、軽すぎる。
信州犬神財閥の創始者 犬神佐兵衛(仲代達矢)がなくなった。
遺産相続が 争点となる。
犬神家の3姉妹とそれぞれの息子が1人づつ
松子(富司純子);佐清(尾上菊之助)
竹子(松坂慶子);佐武;竹子の夫が 岸部一徳
梅子(萬田久子);佐智
青沼静馬が 佐兵衛の息子であり、物語の演出役である。
岸部一徳は 相変わらず飄々としていいなぁ。
犬神家の3種の神器 菊 斧 琴。
そのキイを握るのが 佐兵衛の恩人の孫娘が野々宮珠世(松嶋菜々子)
3人の息子との結婚を条件に 珠世 に全財産を譲渡するということで、物語の幕は開ける。
それにしても、なぜ珠世に全財産をあげるというのか?
それが、よくわからない。

珠世が松嶋菜々子。いつも感じるのであるが、平面的すぎるのだ。
明るさもなくじめっとしていて、泣き顔なので。
最初から役にはまりすぎていて 面白くない。
意外性が感じられない というのは女優としてちょっとかな。
遺言を預かった弁
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
残念ながら、お金を払ってまで視る作品とは思えませんでした。
やはり、すべてにおいて悪い意味で老いています。
けっして、老いるのが悪いといういみではなく。。。
なにか、視ていて痛々しいんです。寒い感じがします。
ほんとうに、残念です。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
旧作と二本立てにして鑑賞。

まあ森光子が「放浪記」を生涯演じた世界観です。

旧作も、それほどとは思わないので・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
メインの3姉妹、その3息子、そして珠世を演じた役者全てが76年版に遠く及びません…。特に松子の富司純子の役に対する薄い解釈と演技には呆れるどころか怒りを覚えました。点数の1は『必殺シリーズ』ファンとして個人的に《仕留人・糸井貢=石坂浩二》と《仕業人・赤井剣之介=中村敦夫》という初期必殺の伝説キャラの顔合わせが見れたのが感慨無量という、作品とは全く関係ない点です(笑)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作を観るかぎりではリメイクした理由がさっぱりわからない。市川崑監督は大いなる謎を残していった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
説明文を見て1976年版と思い購入したら届いたものは2006年版だった 他のユーザー様が間違えないようにとカスタマーセンターに連絡したが、その後も書き換える様子なし しっかりしろよ!!
星ゼロです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作はもちろん映画監督も同じなので、「新解釈」とならない限り同じ展開のはずなのに、前作と何か印象が違う。
俳優が違っているので、その方の解釈や、いわゆる役者としての魅力による違いもあるかもしれないが、それだけではないだろう。
前作に感じられた、一族と称されるまでの「犬神家」の巨万な富、その富を手に入れるまでの「裏」の姿、
そして庶民とはかけ離れた「一族」がゆえのプライドなど・・・・・・
なんといえばいいのだろう、「富」に取り付かれた人間の「傲慢さ」や「狂気」、その裏にある「物悲しさ」や「おろかさ」があまり感じられない。
一言で言えば、「どろどろさ」といえばいいだろうか。
これが感じられないので、松嶋菜々子が演じるはずの「純粋さ」が目立たない。
富司純子が演じている「母の想い」が生きてこない。

その結果・・・・・・・・何故リメイクされたのかが分からなくなる。
前作と同じ構図、同じカット割りであることに、プロデューサーはこだわったとのこと。
前作とは観る者の生活スタイル、時代背景、価値観が違っていることには、こだわらなかったのか?
映画作品には当然、描かれている時代と観る時代が違っているものは、多々存在する。
オリジナルの作品を時代を超えて鑑賞するのと、時代を超えてリメイクされた作品を鑑賞するのとは、その趣が全く違う。
そこにこだわって欲しかった。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
市川崑監督は76年の作品で成しえなかったことを今回のリメイクで表現しようとしているのだろうと勝手に思い込んでこの作品を観た。そういう意味では新しい表現、オリジナルにはない新しい展開を期待していたのだが、残念ながらそういったものは今回の作品には一切なかった。76年の作品では細かいカットを組み合わせた斬新な表現でスピード感とアートな感覚を楽しめたし、会話をわざとかぶせ臨場感を高める技などを用いて観る者を驚かせたが、今回の作品にはそれを超える表現は一切なかった。逆に構図が76年版と同じで1つ1つのカットが長めとなっている為、スピード感が失われてしまっている(そのため76年版より上映時間も若干長めになっている)。脚本も当時とほとんど変えておらず新しい展開もなかったため、役者の演技力による違いが鮮明になっている。残念ながら、珠世役の松嶋菜々子は島田洋子ほど薄幸感が表現できておらず、富司純子も高峰三枝子ほど迫力がなかった。極めつめは旅館の女中役の深田恭子で、76年版で坂口良子がコミカルに演じたちょっとヌケた感のある田舎娘はそこにはいなかった。76年版ではうどん屋で坂口良子がうどんをかきこみながら金田一に依頼事項を報告するコミカルなやり取りが陰惨な殺人事件のなかで清涼剤的な役割をしていて好きだったが、この作品では深田恭子が妙に上品なやり取りをしていたため笑えなかった。
全体的に市川崑監
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。深田恭子