犬神家の一族 角川映画 THE BEST [DVD... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

犬神家の一族 角川映画 THE BEST [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,591 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 353 (18%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,591より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 犬神家の一族 角川映画 THE BEST [DVD]
  • +
  • 獄門島[東宝DVD名作セレクション]
  • +
  • 悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥5,317
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石坂浩二, 島田陽子, あおい輝彦
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日 2016/01/29
  • 時間: 145 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B017WC63UO
  • EAN: 4988111291028
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,778位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

愛と憎しみ、そして怪奇…
犬神家に起こった遺言状殺人事件!

【ストーリー】
信州財界のフィクサー・犬神佐兵衛が残した謎の遺言状。
犬神財閥の巨額の遺産を巡って、血塗られた連続殺人が起こる。
犬神家の家宝である 斧(ヨキ)・琴(コト)・菊(キク)に隠された秘密とは?
名探偵・金田一耕助が解き明かす血の系譜、そして意外な真相とは!?
ミステリー界の巨匠・横溝正史の世界を映像化した最高傑作にして、記念すべき角川映画第一作目。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

横溝正史の原作ミステリーを、市川崑監督が石坂浩二主演で映画化した「金田一耕助」シリーズ第1弾。信州の財閥・犬神家の巨額の遺産をめぐり連続殺人事件が起こる。名探偵・金田一耕助が事件の謎に迫る。“角川映画40周年記念1,800円シリーズ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

DVDはまだ購入していないのですが……
8月19日(金)、市川崑・監督の『犬神家の一族』(1976)を「シネマート心斎橋」で鑑賞しました。
“角川映画”としての第1作品。
大ヒットを記録し、小説と映画のメディア・ミックスを理想的な形で提示したもののように思われます。

飄々としていて、シャイな金田一耕助像を新たに創り上げた石坂浩二の佇まいが良いです。
「那須ホテル」女中・はる(=坂口良子)との掛け合いが、ほんわかとした気分にさせられます。
原作者・横溝正史が覚束無い科白回しで、同ホテル主人役を務めているのも要注目。

内容は、横溝お得意の“見立て殺人”。犬神佐兵衛(=三國連太郎)翁の遺した
家宝「斧(よき)・琴・菊」に見立てて、遺産相続候補者の3人の孫が 次々と殺されていくという。
今回、久方ぶりに観直してみて、やっぱり、「斧(よき)」の説明はきちんと言語化してほしかったな。
あの犬神佐清(その実、青沼静馬)が、頭部を斧で叩き割られて死ぬ訳ですが、
凶器が斧というだけでは、“湖面から突き出た両足”という死体発見シーンが??? 
原作だと、佐清は特に斧で殺害されたことにはなっておらず、
佐清(すけきよ)の死体が倒置させられ、下部だけが見
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品の完成度が高く、また興行成績も良かったので、市川崑監督は、このシリーズをしばらく続ける事が出来たんですよね。
まだ戦後間もない頃の日本の風情、独特な世界観、そして映像美。間違いなく本シリーズの最高傑作だと思います。

観始めると、つい最初から何度も観てしまう名作です。映像の所々に日本人の心をくすぐる粋な演出があり、そこも見所の一つになっています。映画関係者にも是非見てほしい作品ですね。大野雄二氏の音楽も素敵です。

この作品、子供の頃から観ていますが、大人の奥深い精神世界を探求する様な楽しみがあります。これはミステリー映画ですが、そういう感覚を映画で得られる作品は意外と少ないと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 共同幻想 投稿日 2016/3/24
陳腐な傑作である。かつ、我々世代のものについては郷愁を誘われる映画であり、もっと、若い世代のものにとっては、驚きを味わうことができる。市川昆という監督のおなじみのカメラワークであり、俳優陣の演技であり、哀切なテーマ音楽である。先ず、ストーリーは、やはり、陳腐であり、ここで紹介するまでもない。ただ、俳優陣を見よ。石坂浩二は今の石坂を若くしたようであるだけだが、宿の女中を演じているのが誰か、即座には解るまい。坂口良子である。きれいな子だな、一瞬、誰だろうと思わせる。エンドロールで確認する。それから、なんといっても島田陽子である。なんと、可憐な涼しい哀切な娘であろうか。その後の彼女の変身ぶりを見ているわれわれは、「あっ!」と息を呑まれる。最後に、高峰美枝子のあのろうたけた妖艶さはどうだろう。女がしたたり落ちるような風情である。そして、これらが一体となって哀切な「愛のバラード」とともに、市川昆の世界を形づくっている。物語のないようがどうだというよりも、市川昆を味わうべき一本である。ご覧になって損はないであろう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック