Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


犬を真面目に考える―行動学からみた犬のしつけ 単行本 – 1999/11/19


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

犬のしつけは辛いことではないが,努力が必要である.なにしろ,生まれつき「犬のやり方で話す」ことのできる人間はいないのだから….本書は,犬のさまざまな性質,行動についての豊富な知識と具体的なしつけの方法を結びつけて提供する.愛犬家,犬専門家必読,ベルギーの著名獣医師によるユニークな犬のしつけ最前線.

内容(「MARC」データベースより)

犬をしつけるには、まず、犬を知ることが必須。行動学の視点からしつけを見直し、「どうやってしつけるか」ではなく「どうやって犬と話すか」を解説。犬の行動学を真剣に学ぶことで、よい教育者になる手がかりが見えてくる。


登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1999/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000027999
  • ISBN-13: 978-4000027991
  • 発売日: 1999/11/19
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 486,302位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう