日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

犬のおまわりさん

 (6)
1時間8分201113+
守りたい生命(いのち)があります。平和な町の交番に運び込まれた、ゴールデンレトリバーの赤ちゃん。迷い犬は、「生きた落し物」。しかも法律的には、交番では犬を預かれない。自称犬好きの新米おまわりさんは、自宅で飼おうと思いつく。しかし…子犬の飼育は、想像以上に悪戦苦闘の連続だった…
監督
有馬顕
出演
中尾明慶川原和久中村ゆり
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
山田ルイ53世伊藤裕子螢雪次朗
プロデューサー
飯塚逹介森角威之
提供
AMGエンタテインメント
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.0

6件のグローバルレーティング

  1. 0%のレビュー結果:星5つ
  2. 38%のレビュー結果:星4つ
  3. 37%のレビュー結果:星3つ
  4. 13%のレビュー結果:星2つ
  5. 13%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

たま2012/01/22に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
好きな俳優
確認済みの購入
好きな俳優さんが、出演者なら「どうぞ」。
本当に「犬好き」な人の感想を聞きたい。 私はこの映画で自分が 「犬が苦手」だと思い知りました。
PS・川原さんにこの演技を「させた」なら失敗です。あの演技しか出来ないなら それも まあイイです。仕方ない。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
クパンダ2011/12/12に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
犬だけの映画
確認済みの購入
犬は可愛かった。が、脚本がつまらない。内容が浅い。反抗期の息子が犬を追い出すエピソードとか、主人公のおまわりさんに「(犬も)家族だろう」と諭されて目が覚める、みたいな?「んなわけないだろ」とツッコミ所満載。はっきり言って非常にシラケた。ラストもとてもわざとらしいというか‥‥こんなイラッと来る映画は久し振りでした。買ってまで観る映画ではありません。残念。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
山本芳恵2014/01/14に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
犬が可愛い♪
確認済みの購入
物語は、少し稚拙だけれど、犬が可愛くて何度も見たくなりました。
「犬好きの私には、とても癒しの映画です」(母談)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
グミ2011/12/10に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
この映画はに『てのひらワンコ』しかない
映画館に行って見ました。
副題の『てのひらワンコ 3D』からして、きっと可愛いんだろうなぁ、と期待していたのですが……なんというか、まあ、確かにワンコは可愛かったです。
ワンコは3D専用カメラで撮影している気合いの入れようで、目の前に飛び出してくるワンコは大変可愛いらしかったです。ワンコを可愛く立体的に見せようとする試みは成功しているようでした。
でも、それだけなんです。この映画の美点は。こんな内容なら全編ワンコのPVの方が、どれだけマシだった事か。
下調べもせずに見に行った事も悪いのでしょうが、それにしたって単館系でもあるまいし、全国公開でこれはひどい。今年見た映画の中でもぶっちぎりでワースト1の出来でした。素人が作ったとしか思えない。
演技指導はともかくとして、演者さんにはそこそこの演技力もありましたし、問題はそこではなく、おそらく監督か脚本家、あるいは両方に原因があるのだと思います。
話題を広げに広げ過ぎて(例:後半登場しなくなるヒロインのような人)方向性がブレにブレている為に、誰向けなのか分かりません。
親子で見る映画としてもおすすめ出来ません。
主人公の上司が前半よく、主人公に対して心底馬鹿にした様に「お前、馬鹿かぁ?」と言うのですが、その他にも子供の視聴者を考慮するのであれば、子供の嗜好的に受けが悪そうな要素が散見しました。
広ーく浅ーく薄っぺらーく社会問題も扱っていますが、教育的には逆にそれがよろしくないのではないかと思ってしまうような扱いでした。解決のさせ方にも無理がありますし、真に受けたらいけないと思います。
とにかく方向性の定まらない中途半端な要素が多いです。
私は交番にいる犬が犬のおまわりさんとして活躍するドタバタ系の映画を期待していたのですが、意味合いとしては「捨て犬、ダメ、ゼッタイ!」な犬好きのおまわりさんでした。ぶっちゃけ名前負けしてます。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示