この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

犬に本を読んであげたことある? 単行本 – 2006/6/21

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 999
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

子供を本好きにする<読書介助犬>誕生物語「犬は僕が間違って読んでも笑わない!」 読書嫌いで、オチこぼれの子供たちを救った、世界ではじめての<読書介助犬>オリビアの物語。

内容(「BOOK」データベースより)

おちこぼれだった子どもたちが自信にあふれた姿に変わっていく魔法の“R.E.A.D.プログラム”。現在、アメリカ、カナダで1000を超えるボランティアの飼い主と読書介助犬のチームが活躍している。犬に本を読んであげることが、子どもにとってなぜ、これほど大きなことなのか。子どもと、そして、子どもに関わるすべての人に贈る、大きなヒントに満ちた一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 228ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/6/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062134322
  • ISBN-13: 978-4062134323
  • 発売日: 2006/6/21
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 630,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
なんとも奇妙なタイトル。そして表紙には絵本を覗き込んでいる犬、犬に本を読んであげている女の子の写真。

ユタ州ソルトレークシティで始まった一風変わったボランティア活動、それが「R.E.A.D.」です。本が嫌いな子供たちに、なんとか本を読む楽しさを教えたいというのがその始まりでした。この活動に参加する犬は、NPO団体のセラピー犬の試験に合格した犬だけ。そして活動内容はとてもシンプルです。子供たちが好きな本を選んで、犬に読み聞かせるだけ。

本が嫌いになった子供たちは、学校で上手に読めないことを友達にからかわれたり、そのことがコンプレックスになってますます嫌いになっています。でも、相手が犬なら決して冷やかしたりからかったりなどしません。ただそばにいてじっと耳を傾けてくれるのです。(本の内容は理解できませんが。)犬は決して読み手を否定しません。そのことが子供たちに大きな自信を与えてくれるのです。そして今度は読書をきっかけにして子供たちと犬たちに深い絆が芽生えます。

なんてステキな活動なのかと思います。既成の枠に縛られない自由な発想と、それを実現させたサンディの健闘ぶりに拍手。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぽるじはど VINE メンバー 投稿日 2006/7/26
形式: 単行本
 イルカや馬に癒してもらう、アニマルセラピーの真似事が、日本でも最近行なわれつつある。  知的障がいをもつ人たちの心を開く目的でも、それは利用されてきだした。

 本書は、落ちこぼれの子どもたちが、犬に本を読んであげる事による、自分を肯定する子持ちを芽生えさせ、飛躍的に成長していく様子が子どもにも読みやすいように書かれている。

 このプログラムが成功している理由は、子どもと犬の両方が主体となり、心地よい時を過ごせるように飼い主が気遣い、訓練して信頼関係を作っているからだろう。

 最も身近な動物である犬に読書を教わる、このやり方も日本で挑戦する施設が出ることを望んでやまない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 misora VINE メンバー 投稿日 2007/4/20
形式: 単行本
本書の舞台は、学校ではなく、公共図書館でした。

こども向けの人よせイベントとして受け入れてもらえたみたいだけど、

日本だったら、絶対ありえない! 

さすがは、自由の国、アメリカって感嘆しました。

オシャレな装丁の本書ですが、中には写真も豊富。

見てみると、チラシ・広告・会場へのアド(犬の足形!)のひとつひとつが、

すっごく気がきいててオシャレ。

こどもごころを掴むのが、うますぎる。 

Reading Education Assistance Dogsのホームページでも

活動の様子の写真を見る事ができます。

(オリジナルのピンバッジまで売られていた!)

今では、活動も広がって、小学校や病院でも行なわれているみたいで、

542ものグループ活動に広がったそう。

とにかく、楽しげで、羨望です!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告