通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

犬たちも戦争にいった 戦時下大阪の軍用犬 単行本(ソフトカバー) – 2014/6/14

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/6/14
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,142

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 犬たちも戦争にいった 戦時下大阪の軍用犬
  • +
  • 軍犬ローマ号と共に―ビルマ狼兵団一兵士の戦い (光人社NF文庫)
総額: ¥2,253
ポイントの合計: 54pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦争の犠牲者は人間だけではない。あの時代、犬は軍需材料として命を奪われただけでなく、他国民を殺害する「動物兵士」になって戦場に送られた。

著者について

森田敏彦(もりた としひこ)
1943年生まれ。1967年、大阪市立大学文学部国史専攻卒業。その後、堺市立高校、大阪府立高校に勤務し、2003年退職。この間、大阪府立高等学校教職員組合進行委員(1986年)、大阪教職員組合中央執行委員(1987年~1990年)をつとめる。2011年、佛教大学日本史専攻博士課程を修了し、文学博士号を認められる。
著書に『戦争に征って馬たちー軍馬碑から見た日本の戦争』(2011年、清風堂書店)がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 172ページ
  • 出版社: 日本機関紙出版センター (2014/6/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488900906X
  • ISBN-13: 978-4889009064
  • 発売日: 2014/6/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 221,653位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/12/7
 著者は第二次大戦下に「出征した動物たち」を研究している人物。
 本書は、『戦争に征った馬たち-軍馬碑から三田日本の戦争』の続篇的な一冊で、できれば前著から読んだ方がいいだろう。
 地元である大阪を中心に、軍犬の出征についてまとめられている。どのようにして軍犬は訓練され、誰が送り出したのか。また、同時代の報道や児童書のなかの軍犬像についても分析されている。
 バランスよく多様な側面を紹介してくれており、信頼できる内容だ。
 ただ、資料のほとんどが新聞であり、イマイチ送り出す側の事情とか心情には迫れていないように思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告