通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
犠牲のシステム 福島・沖縄 (集英社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

犠牲のシステム 福島・沖縄 (集英社新書) 新書 – 2012/1/17

5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 犠牲のシステム 福島・沖縄 (集英社新書)
  • +
  • 沖縄の米軍基地 ─「県外移設」を考える (集英社新書)
  • +
  • 靖国問題 (ちくま新書)
総額: ¥2,355
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

福島の原発事故は、原発推進政策に潜む「犠牲」のありかを暴露し、沖縄の普天間基地問題は、日米安保体制における「犠牲」のありかを示した。もはや誰も「知らなかった」とは言えない。沖縄も福島も、中央政治の大問題となり、「国民的」規模で可視化されたのだから―。経済成長や安全保障といった共同体全体の利益のために、誰かを「犠牲」にするシステムは正当化できるのか?福島第一原発事故で警戒区域となった富岡町などで幼少期を過ごした哲学者による、緊急書き下ろし。

<集英社新書創刊15周年フェア>
地方の犠牲の上に成り立つ資本と国家の繁栄。その虚妄を鋭く問いかける良書――姜尚中

内容(「BOOK」データベースより)

福島の原発事故は、原発推進政策に潜む「犠牲」のありかを暴露し、沖縄の普天間基地問題は、日米安保体制における「犠牲」のありかを示した。もはや誰も「知らなかった」とは言えない。沖縄も福島も、中央政治の大問題となり、「国民的」規模で可視化されたのだから―。経済成長や安全保障といった共同体全体の利益のために、誰かを「犠牲」にするシステムは正当化できるのか?福島第一原発事故で警戒区域となった富岡町などで幼少期を過ごした哲学者による、緊急書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087206254
  • ISBN-13: 978-4087206258
  • 発売日: 2012/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 184,432位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
他人を犠牲にしながらそれを感じることを自分の中で放棄することが行われている。
たとえば、福島事故がの今日も、原子力村の学者たちが意気軒昂に声高に原発の安全神話を語っている。
東芝というもっとも積極的な事業主体が瀕死の重体にある今日、学者・官僚・政治家など、周辺の応援団の方の元気ぶりが目立つ。
原発地元の福島の惨状に思いを及ぼすことがないのであろうか。

東日本大震災に際して発せられた天譴論について、内村鑑三や永井隆の犠牲論を詳細に検討しているところが参考になった。
今までも、内村の天譴論を読んでいたが、その背景にある「国家主義」の指摘に納得がいった。
戦前の知識人は数からいってもエリートであるし、社会が伝統的氏族集団を基礎にしたリーダーやエスタブリッシュメントを受け入れていた。
D.リースマン『孤独な群衆』の末尾に指摘されている異議申し立て集団の存在が現代の在り方であり、権力を持たなくてもひとしなみの権力機構に巻き込まれない市民の在り方が現代の視点であるべきだ。

鳩山由紀夫首相が沖縄の犠牲を正面から取り上げたことを描いているのに共鳴した(p.186)。
市民社会が、多数決で少数者・周辺のの人々を犠牲にしている姿を鋭く描き出している。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 オスプレイ墜落事故およびアメリカ軍人による「人的被害が出なかったことに感謝すべき」発言、さらに政府による形ばかりの抗議と早すぎるオスプレイ使用再開許可、また原発廃炉や福島原発事故の賠償費用捻出のためにいわゆる新電力の料金にも上乗せで調整しているというニュースにたまりかねて本書を読み、レヴューいたします。

 高橋さんのご著作ははじめて拝読しましたが、本書においてはキーワードにもなっている「犠牲」という観点から、福島原発事故、沖縄基地問題、また靖国問題、深くは日本人のメンタリティなどにも絡めて著述されています。沖縄基地の歴史や福島の事故の経過について基本的な情報もしっかり書かれているのであまり知識のない状態の読者も読みやすい本になっています。内村鑑三やカトリック、プロテスタントなどの宗教者のとらえ方を紹介している点が類書にはない部分で、ユニークだと思いました。元東京都知事石原慎太郎、作家の佐藤優、元福島県知事佐藤栄作久、大学教授野村浩也などの発言、著作への言及が比較的多いです。
 その分、全体的にやや哲学的というか人文学的なテイストになっていますし、高橋さんご自身が東京在住であられるとはいえ福島のご出身なので他県民よりも当然当事者意識を高くお持ちなので、本当にフラットで基本的、また科学的学術的な内容を期待して読むと違和感があるかと思います。購入をご検討
...続きを読む ›
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
内容自体に反論しようとは思わなくて、沖縄も福島も日本全体のために犠牲になっているのはその通りだと思う。

が、
・同語反復が多過ぎる。著者の講義受けたことあるけど、あのくどくどした感じをそのまま文字起こしした印象。

・批判に終始してて、じゃあ代案あるの?と突っ込みかましたくなる。
大多数の日本人のために、一部の地域の人が犠牲になってるのが黙認されているのは確かにおかしいと思うが、じゃあそうした人の負担にならないように明日から電気を一切絶った生活をして米軍施設も全部放棄して自衛隊だけで中国、ロシア、北朝鮮etc.に対するのかと聞かれれば、そんなことは絶対不可能。

隠遁した仙人のような生活を日本国民全員がするようにでもならない限り、「犠牲のシステム」のもとに自分たちが生かしてもらっているということを自覚して少しずつでも事態を前進させていくしかないと思う(これ自体妥協的な物言いでしかないのが苦しい所ではあるけど)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「犠牲のシステム」とは、ある利益を巡って、一部の人々や事物が犠牲を強いられる社会の構造をいう。
他の人々や事物を犠牲にしなければ得られない性質の利益があり、他を犠牲に供してその利益を獲得する力を持っている人々=犠牲にする者(たち)がいる。
犠牲にする者(たち)は、犠牲にされるもの(たち)の犠牲に対して責任を有しているが、犠牲のシステムでは、犠牲にする者(たち)の責任は権力によって封印され、免責される。
そこでは、宗教的な贖罪論は、犠牲となったもの(たち)を称揚・美化することで、犠牲にする者(たち)の責任を隠蔽する機能を果たす。

犠牲のシステムの定式は、著者による新しい発見ではない。古くから言われてきたことでもある。いかなる政体においても、強者(支配者)は自己の利益に合わせて法律を制定し、それを正義と称して弱者(被支配者)に強制する。強者は弱者を犠牲にして利益を得る。そして強者の思想は、支配される者たちの間でも生活原理となっている。人々は私的な人間関係において、自分よりも弱い他人に犠牲を強いながら自己の利益を確保し、負担を軽減しようとする。プラトンの「国家」第一巻で、カルケドンのトラシュマコスは、不正のはびこる世界をこのように告発する。

犠牲のシステムの定式がトラシュマコスの定式に付け加えたことはただひとつ、犠
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー