¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/4

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 5,224

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版
  • +
  • 技術者のための特許実践講座  技術的範囲を最大化し,スムーズに特許を取得するテクニック
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 76pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

知財実務者だけではなく企画担当者・研究開発者が、特許情報を事業戦略・R&D戦略および知財戦略へ生かすための戦略論の基礎・情報分析のデザインからMS Excelを用いたパテントマップ作成のテクニック、そしてパテントマップの読み解き方まで幅広く網羅した改訂版。

内容(「BOOK」データベースより)

知財実務者だけではなく企画担当者・研究開発者が、特許情報を事業戦略・R&D戦略および知財戦略へ生かすための戦略論の基礎・情報分析のデザインからMS Excelを用いたパテントマップ作成のテクニック、そしてパテントマップの読み解き方まで幅広く網羅。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 376ページ
  • 出版社: 発明推進協会; 改訂版 (2016/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4827112762
  • ISBN-13: 978-4827112764
  • 発売日: 2016/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 247,157位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
初版はExcelを使ったパテントマップ作成手法中心でしたが、改訂版はパテントマップの解釈等を大幅に追加したとのこと。
そこで読んでみたところ、特許庁資料の引用など事例の紹介や受け売りが多いように感じます。実践的な話はExcelを使ったパテントマップ作成だけです。
著者は大学院でも教鞭を執っているようで、学者肌なのでしょうか。特許調査に関する「特許情報調査と検索テクニック入門―研究開発&特許出願活動に役立つ」を読んだ時も感じましたが、実務から離れた抽象論、観念論が多いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
企業の役員等に自社の技術開発の方向性を決定するために、パテントマップが役立つといわれて久しい。しかし、年間30万件に及ぶ特許出願を単純化して可視化するのは容易ではない。軽い気持ちで作成というものでもないので、予めどのようにパテントマップを作成・見せるのかを考えておくと実践段階でスムーズに移行できると考える。グラフの種類などが掲載されていて、見せ方の工夫にも言及しているので、検索結果をどのように処理するのが解かり面白く感じた。
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告