特撮リボルテック033 ガメラ2レギオン襲来 G2... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【ほぼ新品・国内正規品】★外箱・本体・付属品・内箱全て揃っています。★ほとんど使用していないため、使用感もなく新品同様です。★アマゾンの配送サービス(通常配送無料・お急ぎ便有り・コンビニ受取や代金引換・ギフトラッピングなど)がご利用可能です。★商品の保管・梱包・発送につきましてはAmazon.co.jpの配送センターが行っていますので安心です。★お支払いは代金引換・ATM・ネットバイキング・Edy払い等が利用できます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,800
通常配送無料 詳細
発売元: ★HOBBY Z★全て正規品です。
カートに入れる
¥ 7,800
通常配送無料 詳細
発売元: カーネリンクス
カートに入れる
¥ 7,800
通常配送無料 詳細
発売元: cool peg
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

特撮リボルテック033 ガメラ2レギオン襲来 G2ガメラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アスタロトが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:21¥ 7,800より 中古品の出品:10¥ 4,308より
  • 本体サイズ :全高:約105mm
  • 対象性別 :男の子
  • 対象年齢 :15歳から
  • 主な製造国 :中国
  • (C)1996 角川映画 NHFN

海洋堂 ストア
ダンボーやポチをはじめ仏像、特撮、アニメ、ゲーム、リアルな生物まで幅広いラインアップ! 詳細をチェック
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: 未開封・新品


キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

スケールノンスケール
対応言語英語
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ

よく一緒に購入されている商品

  • 特撮リボルテック033 ガメラ2レギオン襲来 G2ガメラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
  • +
  • 特撮リボルテック006 ガメラ大怪獣空中決戦 ガメラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
  • +
  • 特撮リボルテック007 ガメラ大怪獣空中決戦 ギャオス ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
総額: ¥24,850
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 22.7 x 22.4 x 7.8 cm ; 299 g
  • 発送重量: 299 g
  • 製造元リファレンス : LYSB005SL8XYG-TOYS
  • ASIN: B005SL8XYG
  • 発売日: 2011/12/1
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2011/10/5
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 66,640位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

映画『ガメラ2 レギオン襲来』より
新たに出現した宇宙からの脅威に立ち向かう地球の守護神
パーツ交換により最強の必殺技(ルビ:ウルティメイト・プラズマ 0最強の必殺技 0にかかります)を再現可能!!

革新的な映像により一般層をも巻き込んで大ヒットした「平成ガメラシリーズ」、第2作でさらに進化した“G2ガメラ"が新ギミックを搭載して【特撮リボルテック】に復活
ャープさが強調されたフォルム&ディテールを表現した緻密な造形
外宇宙からの侵略者・巨大レギオンを粉砕した必殺技「ウルティメイト・プラズマ」を腹部パーツの差し替えにより再現
迫力を増したプラズマ火球ももちろん付属
太く力強い尻尾はベンダブル構造により自在に動きます
開花直前をイメージした草体、小型レギオン(陸上/飛行形態2種)のミニフィギュアが付属

※※スペック
原型製作:渡辺結樹(G-tempest)
全高:約105mm
可動箇所:全16箇所
ジョイント使用数:16個(10mmジョイント×4、8mmジョイント×7、6mmジョイント×2、4mmジョイント×3)


<セット内容>ウルティメイト・プラズマ用腹部カバー×1
ミニサイズ 草体×1
ミニサイズ 小型レギオン(陸上形態)×7
ミニサイズ 小型レギオン(飛行形態)×3
ミニサイズ 小型レギオン用スタンド×3
ネームプレート×1

(Amazon.co.jpより)

Amazonより

宇宙より飛来した脅威から地球を守る守護神。 G2ガメラがリボルバージョイントを搭載して登場!!

リボルバージョイントを搭載したG2ガメラが特撮リボルテックに降臨。
 平成ガメラシリーズ第1作の「ガメラ 大怪獣空中決戦」から進化した、第2作「ガメラ2 レギオン襲来(1996年公開)」版のG2ガメラが特撮リボルテックに登場!!リボルバージョイントを搭載し、多様な可動、多彩なポージングが可能になったG2ガメラがいまここに降臨!

進化した”G2ガメラ”のディティールを忠実に再現!!
 「平成ガメラシリーズ」の第1作から進化を遂げ登場した”G2ガメラ”。肘から突き出した状態のエルボークローや、シャープな印象になった顔つき、全身の彩度を抑えたカラーリングなど細部のディティールを忠実に再現。

ガメラ最強の必殺技「ウルティメットプラズマ」を再現可能!!
 地球上のマナを集め、繰り出されるガメラ最強の必殺技「ウルティメットプラズマ」!!レギオンを打ち破ったガメラ一生に一度の大技を腹部パーツの交換により再現可能!!

大迫力の「プラズマ火球」パーツが付属!!
 ガメラの必殺技「プラズマ火球」は大迫力の新造形で表現!下顎の接続に使用しているリボルバージョイントに挿し込むことでしっかりとホールドできる!!

特徴的な太い尻尾はベンダブル構造を採用
 特撮リボルテックSERIES No.033 G2ガメラでは、SERIES No.006 ガメラSERIES No.026 ガメラ[1967] とは異なり、尻尾にベンダブル構造を採用。様々なポージングに合わせて自由に動かすことができる。

ミニサイズの小型レギオンが2種付属
 劇中で、陸上形態・飛行形態と形を変え街を侵略する小型レギオン。その2つの形態を再現したミニサイズの小型レギオン(陸上形態×7、飛行形態×3)がオプションパーツとして付属!!

ミニサイズの草体が付属
 レギオンの卵を宇宙へと飛ばす役割を果たす”草体”をミニサイズで再現! ミニサイズの小型レギオンなどのオプションパーツと共に「ガメラ2 レギオン襲来」の世界観を再現しよう!!

劇中の激闘・感動が蘇るオプションパーツで様々なシーンを再現しよう!!
 ウルティメイト・プラズマ用腹部カバー×1、ミニサイズ 草体×1、ミニサイズ 小型レギオン(陸上形態)×7、ミニサイズ 小型レギオン(飛行形態)×3、ミニサイズ 小型レギオン用スタンド×3、ネームプレート×1  

  特撮リボルテックの「ガメラシリーズ」広がるガメラワールド!
『SERIES No.032レギオン』 やスピンオフアイテム「コールドキャスト製G2ガメラ」、さらに昭和版にあたる SERIES No.026 ガメラ[1967]SERIES No.027 ギャオス[1967]、平成ガメラシリーズ第1作を表現するSERIES No.006 ガメラSERIES No.007 ギャオス とこれまで発売された特撮リボルテックのガメラシリーズで新たに広がるガメラワールドを体感しよう!!

【商品紹介】
進化し続けるガメラを目撃せよ!
怪獣ファンが夢見たガメラ2のウルティメイトプラズマのモデル化!!

 『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年公開、金子修介監督)の製作当初、怪獣造形を手がける原口智生氏はガメラのデザインと造形をどうするか試作モデルを作りながら検討を続けていた。
ハードな物語をガメラに背負わせ、戦闘的でシャープなデザインと造形をガメラに与えたかった金子修介監督・樋口真嗣特技監督の監督サイドの意見と、子供を助けるといった旧作ガメラ本来のイメージ(「頭がけっこう大きくて、ガメラには可愛らしいイメージがあった」と原口氏は語る)を残したい大映のプロデューサーサイドの意見がぶつかり合い、最後まで方向性をめぐって結論が出なかったからだ。

 樋口特技監督の友人でアニメーターの前田真宏氏は、ガメラとギャオスの怪獣デザインをリファイン、ガメラの精悍(せいかん)さと生物感を上げていったが、それが決定デザインというわけではなかった。双方の意見を理解してもらって、原口智生氏にデザインと造形をまとめてもらおうということになったのだ。
正反対の要素を1体のガメラというキャラクターにまとめていくのだから、この作業は大変な仕事だった。

樋口特技監督は「ガメラの映像はカメラが低い位置から狙うアオリ映像になる」と原口氏に語っており、またクライマックスは浅黄(藤谷文子)とガメラが目線を合わせる芝居になるということで、「ならば少し頭を大きくしても、目の表情が生きるかもしれない…」と原口氏は考え、前田案より大きめの頭部を決め、そして全身のシェイプ(形状)、甲羅の体表の生物感は前田デザインを活かす形で進めていった。腹部のデザインとモールドはアクションでスーツにシワが寄るのを防ぐため、原口氏が原生種の亀の写真をいくつも参照してデザインし、まとめ上げた。
ただ、原口氏はアップ用全身スーツ、動きやすいアクション用全身スーツ、プラズマ火球でカッと口を開けるギミック付き(ミューロンの倉橋正幸氏が作製した)の1分の1サイズのマペット・ガメラ、3尺の飛びガメラ、3分の1サイズのマペット・ガメラと撮影効果を高めるスーツと造形物ごとに、ガメラの怒り・性格・表情を変えてもいいという発想を持ち込んだ。
怪獣映画は1933年公開の『キングコング』でもシーンごとにキングコングの大きさが違って見えるという批評があった。ただしそれは、襲われる人間の目で見れば恐怖で大きく見えるし、ティラノサウルスと戦うカットでは頼もしく力強い性格が出てくる。シーンごとに違って見えてもいいというキャラクター表現であり、それこそが映像のモンスターが生きている証拠だった。

 『ガメラ 大怪獣空中決戦』はスマッシュヒットとなり、CGやオープン撮影を大胆に使用していく特撮カットの評価はファンだけでなく映画業界でも高く、金子修介監督と樋口真嗣特技監督の狙いは正しかったことが証明された。
その手応えを得て『ガメラ2 ーレギオン襲来ー』(1996年公開、金子修介監督)は、中心スタッフが本当にやりたかったガメラに向け、さらにデザインと造形を前進することができるようになった。

ガメラの頭部は精悍さを上げるために小さくなり、頭頂のトサカはギザギザ状に強調され、両肘はエルボークロー用の突起が常に出ている状態にするなど、戦闘イメージを上げてみせた。
プラズマ火球の連続発射のために、カッと口を開く角度も大きくなり(スーツと同じ1分の1サイズのマペット・ガメラのギミックだ。下顎から2本の牙が生えているガメラのデザインポイントがいかに優れているか判る。鬼から取ったのだろうが、大口を開ける表情がガメラはまた決まるのだ!)、アップ用全身スーツには、中に入るスーツアクターが首を左右に振るとその動きに合わせてガメラの首が左右に動いていく仕掛けが入って、目と首・下顎の3つの動きを1体のスーツで自在に可動できるようになった。このことにより、ガメラの表情と芝居は格段に表現力を上げていった。このギミックは原口氏の依頼でアップアートのベテラン造形スタッフの阿部達也氏が作り上げた。
前作からアイデアは出ていた、飛行時に腕がヒレ状のウィングに変形する樋口特技監督案も実に印象的な特撮シーンで映像化されていった。
特撮ファンが仰天したガメラ最大の必殺技ウルティメイトプラズマも特撮リボルテックのアクションモデルで遂に立体化することになった。ファンが夢にまで見た怪獣モデルじゃないだろうか。

 原口氏からこんな話を聞いたことがある。
「樋口さんと飲んでた時、フッと樋口さんが”ガメラのおなかの紋様のモールドが開いていくんですよ…”と話し始めた」
「そういうつもりであの腹部はデザインしたわけじゃないんですけど」
と原口氏は笑っていた。

 特撮リボルテックのG2ガメラをウルティメイトプラズマの発射ポーズにポージングさせながら怪獣アクションモデルもここまで来たか…と感無量になってしまった。
かっこいいなぁ…これは燃えるぜっ!!

(特撮研究家 池田憲章)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

さすがにガメラが得意な海洋堂だけあって出来は満足です。ただ個人的にはプラズマ腹部と火球はクリアパーツを使ってクリアカラー仕上げにしてほしかった・・・。(ワンフェス辺りでクリアカラーバージョンが出るのかな?)ガメラが好きならオススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ワイルドなガメラ3の前の形態であるG2ですが、正面の顔はG1と比べて中々可愛いらしい顔をしています。しかし、横から見れば男前です。中々面白いです。
一応改善点ではあるとは思うのですが、火球の取り付け方が変わり若干面倒になりましたね。差込タイプにもデメリットはあったのですが、簡単に取り付けられるのが良かったので、少し残念です。
新方法の顎を外して火球をリボ玉の軸にはめるという方法なら落ちることはないのですが、リボ玉が不良だと顎が下がってゲロを吐いてるように見えるという・・・・リボ玉変えればいいだけですが
尻尾もリボ玉から針金に変更されたのですが、ガメラのように尻尾の短い怪獣ではあまり利点がない気がします。あまり曲がりませんので、これも個人的に微妙です。
ウルティメイトは取り外し式でポキッといくのが怖いですが、下手に開閉オプションを取り入れるよりは良いと思います。一回取り外せば簡単に取れるようになるので最初が怖い方は無理せずドライヤーを使用してください。
あとは小型レギオンは要らないかな・・・草体も。これはレギオンにつけるべきではないかと?
どうせだったら飛行時のオプションをつけて欲しかったですね。需要ないのかな?
オプションはともかく本体の出来はいつも通りいい仕事しています。G1より少しサイズを大きくしたのもGood。ならべて飾る上でガメラが成長しているの実感できますね。
というわけでG3がとっても楽しみですね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 £±± トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/12/3
Amazonで購入
 本シリーズ3体目のガメラ。
 眼と爪・牙・肘の突起の塗装は過去最高です。
 新しい試みとしては腹部パーツの交換により当時のガメラの最強武器「ウルティメイトプラズマ」が再現出来ます。
 但し、この為に平成G1モデルに有った腰部のリボ球が省略されています。
 あの可動部はポージングに表情が付けられて良かっただけに少々残念です。
 尾がリボ球式からベンタブル式に変わりました。
 手首は折角4mm球を使用しながら余り可動しません。
 反対に顎は4mm級を使用しつつもG1ガメラの様な開き過ぎる違和感が消えて自然な感じに改良されています。
 ただしこの大きさのリボ球はプラズマ火球パーツを付ける為に着脱を繰り返すと耐久性が少し気になりますね。
 豊富なオプションパーツは嬉しいのですが、ミニ・レギオン達は、最初にクリアケースの上蓋を外す際に跳ね上がって散らばってしまう危険性が有るので要注意です。
 モデル自体は相変わらず実に良く出来ており、先月出たレギオンと組み合わせる楽しみは充分ですが、ラインアップの役1/6がガメラとアイアンマンで占められているのは少々偏って新鮮味を損ねている様な気が致します。

 諸事情が有るとは思いますが、月1体に落ちた発表ペースも含めて是非とも再考して頂きたいと思いました。
2 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このG2ガメラを含め、リボルテックガメラは全て購入。
最初のガメラと今回のガメラを比較すると、今回のほうが2回りほど大きいです。

出来映え自体はさすが海洋堂、塗装・形状は特に文句の付けようがありません。
ただ、手足の付け根のリボ球が露骨に見えているので、「こんなだったかな?」と、今までのガメラを見たら、皆そんな感じでした。
こう感じたのは、最近購入した、バンダイS.H可動ゴジラのジョイントが、ほとんど見えないようにしてあったことに見慣れてしまっていたからでしょう。

今回のG2ガメラは、水掻きの付いた長い手足、改良された長い尻尾など、安定感があります。
口から吐き出すエフェクトパーツの火の玉も、簡単に落下し難いように、口の中にはしっかり詰め物(笑)が仕込んであります。

腹部から発射される超必殺技もパーツの交換で再現出来、これは今回のガメラの最大のウリでしょう。
しかし、このパーツの差し替えが固く、ピンが折れないかヒヤヒヤものです。

相変わらず、私にとっては必要のないミニレギオンが沢山付いていて、それを差し込んで立てるミニスタンドまで付属していたのには感心(?)しました。
こういう小物を使用してジオラマにする人には、案外、必要な付属品なのか
...続きを読む ›
2 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー