特撮リボルテック026 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャ... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料】商品はAmazon専用在庫のため、在庫切れの心配がありません。梱包・発送につきましては、Amazonスタッフが梱包し迅速に発送いたしますので安心してご注文下さい。商品の状態としましては、本体には目立った傷はなく、良好な状態と判断しております。しかし、中古品のため外箱に微傷・多少のスレ等がありますのであらかじめご了承ください。また、お支払い方法はカード決済、コンビニ決済、代引き、銀行振込などからお選びいただけます。Amazonカスタマーサービスをご利用頂けますので、各種問い合わせ、返品対応等につきましても安心です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,380
通常配送無料 詳細
発売元: TOYきんぐ ☆こちらをクリックすれば関連商品やレア商品が見れます☆
カートに入れる
¥ 7,480
通常配送無料 詳細
発売元: うさぎ舎
カートに入れる
¥ 7,780
通常配送無料 詳細
発売元: 万事屋 本舗
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

特撮リボルテック026 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス ガメラ[1967] ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,380 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、オンラインショップ《ぴあ》 【コンビニ決済・代引き利用可能】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 6,786より 中古品の出品:5¥ 5,790より
  • <b>本体サイズ :</b>全高:約130mm
  • <b>対象性別 :</b>男の子
  • <b>対象年齢 :</b>15歳から
  • <b>主な製造国 :</b>中国
  • (C)角川映画


海洋堂 ストア
可動機構を投入した超本格フィギュアをご紹介。仏像、特撮、アニメ、ゲーム、リアルな生物まで、幅広いラインアップ! 海洋堂 ストアをチェック。
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: 新品未開封品です。外箱に目立ったキズやヨゴレはありません。封印テープの二重張りや梱包、配送の際に外箱に薄いスレ、キズ、ヘコミなどができる可能性がありますのでご了承ください。こちらはアマゾン専売になりますので、注文後に品切れになることはありませんのでご安心ください。注文後Amazon.co.jp 配送センターよりに発送いたします。 万が一、商品に不具合がございましたら、 返品・返金対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。


キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ

よく一緒に購入されている商品

  • 特撮リボルテック026 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス ガメラ[1967] ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
  • +
  • 特撮リボルテック027 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス ギャオス[1967] ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
  • +
  • 特撮リボルテック007 ガメラ大怪獣空中決戦 ギャオス ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
総額: ¥19,900
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 21.8 x 6.8 cm
  • 発送重量: 340 g
  • ASIN: B004P8KO3Q
  • 発売日: 2011/5/1
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2011/2/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 45,595位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

全ての少年の記憶に残る昭和の大怪獣ガメラが復活!<br> 頭部を収納する驚異のギミックで円盤形態に変形!<br> 大空、深海、地底、宇宙から襲い来る怪獣から地球を守る子供の味方、あの懐かしい形態の通称「昭和ガメラ」が【特撮リボルテック】に登場<br> 驚きのギミック!腹部が大きく開き、内部に頭部をまるごと収納!手足を噴射エフェクトパーツに差し替えて円盤飛行形態に完全変形!<br> 着ぐるみのディテールを完全再現しながらも生物感溢れる表現は、造型師・松村しのぶ作品の真骨頂<br> 口は大きく開閉。また、敵怪獣を焼き尽くす火柱を模したエフェクトパーツを口腔に取り付けて劇中の対決シーンを再現<br> 尻尾にも3個のリボルバージョイントを使用。円盤形態では先端部のみを取り付ける<br> 飛行形態でディスプレイできるスタンドが付属<br> ■原型製作:松村しのぶ(可動アレンジ:大津敦哉)<br> ■全高:約130mm<br> ■可動箇所:全20箇所<br> ■ジョイント使用数:23個(10mmジョイント×2、8mmジョイント×14、6mmジョイント×7)<br> <br><br><b><セット内容></b>円盤形態用噴射エフェクトパーツ×4<br> 円盤形態用首カバー×1<br> 火炎噴射エフェクトパーツ×1<br> 飛行ポーズ用スタンド×1<br> ネームプレート×1<br><br>(Amazon.co.jpより)

Amazonより

昭和を彩った大怪獣「ガメラ」!!ギャオスとの激闘が蘇る1967年「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」版で登場!!

昭和特撮映画を牽引した大怪獣「ガメラ」が特撮リボルテックに登場!!
 1965年から1980年までに8作が公開された特撮映画「ガメラ」シリーズの中から、
 1967年公開の「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」版のガメラが遂に特撮リボルテックに登場!!
 昭和特撮映画になくてはならない大怪獣が今君の手に!!    

記憶に残る昭和版「ガメラ」を完全再現!!
 特徴的な甲羅、腹部、手足といった各部のディティールを完全再現!!
 また「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」版のやわらかい表情のガメラを忠実に再現!!  

尻尾に4つのリボルバージョイントを使用!!
 尻尾の根元を含め4つのリボルバージョイントを使用することで、大きく可動させることができる!!
 さらに、リボルバージョイントが細かく組み込まれているため様々なポージングが可能!!

二足での素立ち、四つん這いのポージングが可能!!
 計算されたリボルバージョイントの組み込みにより、四肢を再現することで可動の自由度を高め、
 素立ちから四つん這いまでポージングが可能!!

オプションパーツにより昭和ガメラの必殺技「火炎放射」が再現できる!!
 上 半身と下半身をつなぐジョイントに8mmダブルジョイントを使用することで、
 通常のジョイントを使用した時よりも大きな可動を可能にし、
 ガメラの必殺技である「火炎放射」をオプションパーツにより再現!!
 臨場感のあるポージングや、様々な敵怪獣とのシーン再現が可能!!

胸部パーツが開閉し頭部を収納でき、エフェクトパーツにより変形できる!!
 ガメラの特徴である飛行ポーズ再現のためのギミックとして
 (1) 胸部パーツが開閉。
 (2) ガメラの頭部を収納し、
 (3) オプションパーツである円盤形態用首カバーをセットし、
 (4) 手足を円盤形態用噴射エフェクトパーツに交換することで、ガメラの最も有名で印象的な円盤形態へと変形が可能!!

スタンドの使用により、回転飛行・飛行形態を忠実に再現!!
 付属のスタンドを、本体側面に用意された穴に接続することで、
 円盤形態へと変形したガメラの飛行シーンを再現可能!!
 さらに、首・手をそのままにした状態の飛行形態も再現できる!!

特撮リボルテックで、昭和・平成の時を越えた「ガメラ」をコレクションできる
 現在発売中の、平成版ガメラである 『特撮リボルテック SERIES No.006 ガメラ』 (別売り)と並べることで、
 時代を超えたガメラのコレクションが可能!!2体のガメラの異なったディティールを楽しもう!!
『特撮リボルテック SERIES No.006 ガメラ』 は別売りです。

オプションパーツで昭和版「ガメラ」の様々なシーンが甦る!!
 円盤形態用噴射エフェクトパーツ×4、円盤形態用首カバー×1、
 火炎噴射エフェクトパーツ×1、飛行ポーズ用スタンド×1、ネームプレート×1

【商品紹介】
スクリーンが似合った大怪獣ガメラ!
回転ジェットで飛び出す!!

「大怪獣ガメラ」(1965、湯浅憲明監督)の元イメージは永田雅一社長が乗っていた旅客機の窓から下を見ていて、カメによく似た島があって、そばを雲が流れていてふと「空をとぶ大亀の怪獣映画を作ったらどうだろう」と思いついてスタートしたというエピソードがある。
 企画会議に提案が出て、脚本家の高橋二三氏が「火喰いガメ、東京を襲う」というプロットをまとめあげた。
火喰い竜サラマンダーという翼を持つドラゴンの伝説は、よくヨーロッパにあるけど、それをカメに応用して北極圏のイヌイット族が伝説として恐れていた怪獣で、火を吐いて飛ばそうというのは高橋二三氏の名アイデアだった。

大映東京撮影所の32歳の湯浅憲明監督が演出を指名され、湯浅監督は助監督でよくついていた師匠の井上梅次監督を訪ねて、「会社から怪獣映画の話をやれと言われてるんですけど、僕にやれるでしょうか?」と相談した。
「バカ野郎!監督は何でも撮れるんだ。怪獣だって映画にしてみせろ。何だって映画にできる才能が監督なんだ!」と言われ、
「目が覚めたというか、あっ、やっていいんだ。かたく考えすぎてたのが、スーッと肩が楽になってね。特撮は8ミリフィルムで学生の頃マッチをコマ撮りしたり、好きで作ってたから、よーし、やるぞと思ったんだ。」と湯浅監督が話していたのを思いだす。

ガメラの怪獣デザインは、大映の井上章美術監督がデザインして、会社を設立したばかりのエキス・プロの八木正夫氏が中心になって、東宝で怪獣造形を手がけていた村瀬継蔵氏たちが手伝い、ガメラのぬいぐるみを完成させた。
「大怪獣ガメラ」の特撮は「宇宙人東京に現わる」を手がけた築地米三郎特撮カメラマンが特撮監督になって、アニメーションを使ってガメラの飛行シーンのスピード感を出したり、ガメラのぬいぐるみの口からガソリンとプロパンガスを使って本物の火炎を吐かせたり(ぬいぐるみは無人で撮影したが、炎が中に逆流してぬいぐるみの中が燃えたり、築地特撮監督がふと不安になり、中を無人にしなければ大変な事故になるところだった)、モノクロをうまく利用した大掛かりな東京の都市ミニチュアを襲うガメラと見応えがあった。

 映画はシリーズ化され「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」(1966年、田中重雄監督)では、築地米三郎氏が大映を辞めたため湯浅憲明監督が特撮監督に就任して、カラー画面の中、ガメラとバルゴンの激闘を描きだした。第3作になる「大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス」(1967年、湯浅憲明監督)では、湯浅監督は特撮監督を兼任して、1971年の第7作「ガメラ対深海怪獣ジグラ」までドラマ部分と特撮シーンを一人で演出するスタイルを続けていく。

 ガメラの怪獣映画の魅力は、ガメラの火炎攻撃に対してバルゴンの冷凍液攻撃、ギャオスの超音波光線と対決怪獣のはっきりしたスーパー能力、そしてガメラが低温で冬眠したり、大火災や噴火を食料として嗅ぎつけたり、バルゴンの皮膚が水に長く浸かっていると溶けて破壊されたり、ギャオスが骨格のために回転に弱かったり、切断された足が再生したり、生物的弱点や設定が子供にも分かりやすい形でストーリーに消化されていて、なにか生き物っぽい怪獣の特徴が個性になっていた。
東宝の怪獣映画ではキングギドラやエビラ、クモンガ、カマキラスと、ガメラと同時代になると生物的特徴や弱点は強調されていなかった。ゴジラは相手の弱点をつくストーリーは作れなかったのだ。
 動物好きの子供にとって、ガメラとそのライバル怪獣たちはどう猛な野生動物の香りがあったんじゃないだろうか。決戦場へ空から飛来するガメラの駆けつけてくるスピード感も魅力だった。バルゴン以下のライバル怪獣も井上章美術監督がデザインしていた。

 湯浅監督が2003年アメリカの怪獣ファン大会に招かれ、帰られた時「アメリカのファンはどうでした?」と感想を聞いたことがある。
「いやー、ガメラのファンが多いのにビックリした。ギャオスの超音波光線で手をザックリ切られて緑の血を流すのが痛そうだったり、バイラスにお腹をグサッと刺されてガメラ危うしと思ったり、ジャイガーの子供を産みつけられて、皮膚が透明になったガメラを心配したり、ハラハラしたって言うんだよ。たしかに、敵を凶悪な強いヤツにしようと工夫したからね。戦いも三回戦で趣向や作戦を変えてガメラの知恵を見せたり…。でもアメリカの子供たちがそれを喜んで、ガメラに感情移入して大人になっても忘れられないって言ってくれるとは思ってもみなかった。がんばって撮っておいてよかったな~と思ったね。」
笑いながらうれしそうに語ってくれた。

 今回、特撮リボルテックがモデル化したのはカラー化された「怪獣空中戦ガメラ対ギャオス」のファンが一番思い入れのある充実した時期のガメラで、そのつぶらな大きな眼とヤスリ状の皮膚の精悍な目の下の表皮、力強い下アゴから生えた牙、そして特徴的な背中の甲羅、タテヨコにクロスした溝の平面の腹部、そして力強い手足。カメでしかないのに、直立させて戦闘的に見えるメリハリのあるデザインラインは、デザインと造形スタッフのセンスの賜物だ。ガメラはライトを仕込んだ眼が特徴で、ゴジラとはそこが好対照なのだ。6月1日には「怪獣空中戦ガメラ対ギャオス」の昭和版ギャオスも特撮リボルテックで発売される。ギャオスの足をくわえたり、山間部で対決してガメラを襲う超音波光線でザックリ手が切られたり、映画の名シーンをぜひ再現してほしい。回転ジェットのオプションパーツの妙味もぜひ楽しんでください。

(特撮研究家:池田 憲章)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「気持ち悪い」と言う理由は「良く出来すぎていて、実際に映画の中のガメラの小型版が生きて部屋にいるみたい」という意味、つまり「それだけ出来が良い」という意味です。

なによりも「顔」が、映画の中での無表情な感じを良く表していますし、お腹のぺったんこさや甲羅のトゲトケ感、四つん這い時の後ろ足の余る感じと言い、全てが「昭和版ガメラ」になっています。

たぶんほとんどの未購入の皆さんも「平成版ガメラ」は購入済みの方が多いと思いますが、確かに平成版に比べたらかっこ悪いように思えますが、このリボルテックでポーズを極めるとアラ不思議!かっこ良く見えるんですよ。実際、私もあまり購買意欲が無かったのですが、これは買って大正解でした。今から来月発売の「昭和版ギャオス」も楽しみです。

ということで、欠点らしい箇所も無く(何故か肘にはリボ球未使用ですが)エフェクトパーツ、スタンドまで付くのでお薦め商品です。「星4ツ」にしたのは、このシリーズ最初の大魔神から購入している者として、メーカーに対して「これ以上価格上昇をしたら購入しないよ」という警鐘を込めてマイナス1にしたものであって、商品の完成度だけなら「星5ツ」です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小さい頃に見ていたガメラ、そのものが手のひらに☆
これは素晴らしいフィギュアです。
四足or二足もばっちり決まります。
不満点は二つ。
①首の関節部分がネックウォーマーみたいに見えること。
②もう少し腕が下に下げられたら良かった
両手をぶらりと下げたポーズをよくとるガメラだから、②は何とかしてほしいところ。
とはいえ、子供と頃にこんなフィギュアを持っていたらずっと手放さないだろうな~と思える良フィギュアでした☆
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 花狸和樹 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/6
Amazonで購入
映像的には平成ガメラのほうが好きです。昔、住んでいた家の近所に大映の映画館があったので昭和ガメラをよく見ていた印象があります。
作り物の亀っぽいところがよくでています。ボディはもうチョッとミドリがかかった黒でも良いかも。パーツを付け替えて飛行形態に変形
できたり、吐き出す焔が別パーツで再現されているのが楽しいです。
続いてギャオス{1967}が発売されますがジャイガーあたりもだして欲しいですね。バルゴン、バイラス、ギロンよりは迫力があり
そうですから。主役級だと日活のガッパ、松竹のギララが出るようだと嬉しいのですが・・・。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 吶喊尖兵 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/3
鼻の穴が無い、焦点の定まってない目、それでいて凶悪な口元。
適当な格子模様の腹甲。
中の人が窮屈そうな手足の出し方。
一見悪口になってしまいますが、
そんな昭和ガメラが見事に再現されています。

ガメラの再現度に関しては作り慣れたる海洋堂、
しっかりと細部まで再現し隙の無い見事なつくりです。

ボリュームも平成ガメラに比べると格段にアップ、
各関節の可動域も広がっています、
しかしながら可動域の広域化にともない、
関節が目立ってしまうという弊害が出ており、
可動フィギュアの宿命とは言えちょいと目立ちすぎな感じあります。
しかしながら大きく動くことにより、
四つん這いも二本足立ちも破綻の無くポーズが取れるのは流石です。

頭部収納のギミックはこのサイズでは結構大掛かりなものであり、
通常の怪獣ですとどうしても切れ目が目立ってしまうのでしょうが、
格子模様の腹甲のおかげでその切れ目がうまく隠されており、
自然に収まってしまっています、
怪獣の構造を見事に生かしたギミックと思わず感心しました。

上部がメラメラっとなる火炎放射パーツもうれしいですね、
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
実際手に取ってみるまでは平成ガメラとの大きさの差や(まぁこれはどちらかと言えば平成ガメラが小さいのですが)、
値上がりに造形がなんとなーくなんですが「なんか微妙に・・・微妙」な感じが漂っていて正直どうなんだろうと半信半疑気味で購入したのですが、
これが触ってみるととても楽しい!
特撮リボルテックはこういった事前のマイナスイメージが多いのが本当に勿体ないと改めて感じました。

可動に関しては昭和ガメラ自体元が元なので手足はガンガン動くとかそういうわけではなく、むしろジョイントのクリック範囲も狭いのですが動かしているうちに劇中での「あのポーズとかとらせたいな」とかの欲求は結構満たしてくれるように制作されてるのが伺え、実に可動向きではないキャラをなんとかアクションフィギュアに仕上げてキャラに合う可動域を探してくれたように思います。
首や尾に関しては広い可動域を確保しており特に首は案外動かなかった平成ガメラとは雲泥の差だと思います。

実際の印象よりも少しゴツく見えたのか少しだけらしさが薄く感じられた造形も(やっぱり主に手足かな)、動かしていると2足歩行と4足歩行での良いバランスを探るとこれがほぼベストなのかなと思えてきました。
塗装もボディと甲羅で色が違っていたり一歩間違えば質素になる危険を見事に避
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー