特撮リボルテック015 フランケンシュタインの怪獣... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,289
通常配送無料 詳細
発売元: ATOA
カートに入れる
¥ 5,289
通常配送無料 詳細
発売元: ひよこ堂 東京支店本部
カートに入れる
¥ 5,289
通常配送無料 詳細
発売元: ジャパンギフト名古屋店 『出品コメントをご覧の上ご購入下さい』【即日発送】【安心返金保証】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

特撮リボルテック015 フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ メーサー殺獣光線車 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,289 通常配送無料 詳細
ポイント: 53pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、mono蔵(くら)@ほっかいどうが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 5,289より 中古品の出品:1¥ 3,555より
  • 本体サイズ : 全高:約165mm
  • 男女共用
  • 対象年齢 : 15歳から
  • 主な製造国 : 中国
  • TM&(C)1966,2010 TOHO CO.,LTD.
フィギュア・ホビー商品の発売日・キャンセル期限に関して
フィギュア・ホビー商品は、メーカー都合により発売日が延期される場合があります。 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 最新のキャンセル期限は上記よりご確認ください。また、メーカー都合により商品の仕様が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
詳細はこちらから

ホビーバーゲン
タイムセールからクーポン、在庫一掃品ほか、ホビーのお買い得商品が勢ぞろい。 詳細をチェック
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: ★新品、国内正規品です。海洋堂リボルテックシリーズはパッケージに封印シールが元々貼られておりませんのでご了承下さいませ。店頭に在庫していた商品につきましては、商品内容チェックの為一度丁寧に開封し検品しているものもございますが、商品に問題が無い事を確認しておりますので安心してご購入下さいませ。また、経年品におきましてはパッケージに若干のダメージがございますので予めご了承くださいませ。★こちらの商品は人気・希少品のため市場相場により価格が変動します。その為価格が定価以上になる場合やご購入後に価格が下がる場合もございますので十分にお調べになってご理解・ご納得のうえ、ご購入ください。★365日年中無休のAmazon配送センターより安全・丁寧・迅速に48時間以内の発送となります。★ 万が一の返品・返金対応もAmazonカスタマーサービスがいたしますので安心してご購入していただけます。



商品の詳細

対応言語英語
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
素材の説明本体:PVC・ABS ジョイント:ナイロン・POM ブリスター:PVC
リモコン付属いいえ


登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 21.8 x 7 cm ; 259 g
  • 発送重量: 259 g
  • 製造元リファレンス : 3247797
  • ASIN: B003XT5YQA
  • 発売日: 2010/10/1
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2010/7/30
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 131,484位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

特撮リボルテックは、これまでにない世界最高峰の特撮/SF可動式フィギュア!! 第7弾 015 メーサー殺獣光線車
【未知の存在に立ち向かう人類の叡智の結晶にして陸上自衛隊の切り札!緻密なディテール再現と塗装で“空想超兵器”に“リアル”を付与!】

●近未来感溢れるデザインと独特の戦闘描写で絶大な人気を誇る陸上自衛隊の対怪獣特殊装備、メーサー殺獣光線車(メーサー車)がメカニックとして初めて【特撮リボルテック】に出動
●砲塔は旋回し、アームやパラボラも上下可動し角度を調整可能。目標を正面に捉えることができる。
●パラボラ先端部のレンズを取り外し、光線のエフェクトパーツと差し替えることで発射状態を再現!標的となる“サンダとガイラ”のミニフィギュア付き
●装置車を支える12個のタイヤは回転可能
●牽引車の屋根は取り外すことができる
●砲塔ドーム及びパラボラ基部、牽引車との連結にリボルバージョイントを、装置車の車台接続にはストレートジョイントを使用
●「L作戦」展開時のレーザー砲塔や操作ユニット付属

■原型製作:谷明
 可動アレンジ:大津敦哉
■全高:約165mm
■可動箇所:全8箇所
■ジョイント使用数:5個
・8mmジョイント×1
・6mmジョイント×1
・6mmダブルジョイント×1
・ストレートジョイント・ロング×1
・ストレートジョイント・ショート×1

■付属品
メーサー砲発射時光線エフェクトパーツ×1
L作戦装備(4種×1)
サンダ&ガイラ ミニチュア×1

<セット内容>メーサー砲発射時光線エフェクトパーツ×1、L作戦装備(4種×1)、サンダ&ガイラ ミニチュア×1

Amazonより

【商品紹介】
 日本特撮映画史上ナンバー1の人気を誇るSFメカニック、それがメーサー殺獣光線車だ。円谷英二特技監督が怪獣映画にリアリズムとサスペンスを取り戻そうとグレードを上げ続けた1965~69年、怪獣バラゴン、ガイラ、ゴロサウルス、メカニコングといった25メートル級の怪獣を野獣として描き、特撮シーンのディテール描写、特撮とドラマ部分のカット割りの工夫、合成テクニックのレベルが上がり、メーサー殺獣光線車はその中で「フランケンシュタインの怪獣/サンダ対ガイラ」(1966年7月31日公開)に登場した。「ウルトラQ」や「サンダーバード」、「マグマ大使」、「ウルトラマン」の放送で子供たちの間に爆発的な怪獣ブームが起きる中、他の映像を圧倒する存在感を見せたSFメカニックだった。前年、東宝特撮の渡辺明美術監督が退社し、43歳の美術助手だった井上泰幸氏が特撮美術監督に昇格した。井上泰幸美術監督のSFメカは、リアルさ、スチール色の金属感、鋼鉄色イメージで、東宝特撮のメカを変えていった。メーサー殺獣光線車がその第1号で、井上美術監督がメカデザインの原案を作り、特撮美術スタッフの豊嶋睦氏が精巧なミニチュア図面を描き上げた。パラボラ状の光線発射器がどんな角度に上がろうと水平を保っているのは、撮影用クレーンの水平を保つ2本の支柱システムと同じ機構だったからだ。メーサー殺獣光線車2台が1ユニットで、小型のレーザー光線発射器数基と川へ流す高圧電流放射と組ませて、自衛隊はL作戦を実施して、ガイラを傷つけ、追い込んでいく。ガイラが森林の後ろに逃げこむと、殺獣光線が木々の根元を切断して、木が倒れてガイラをムキ出しにして攻撃し続ける。そのシーンでは、円谷英二特技監督が撮影当日に思いついて、井上特撮美術監督があわてて、木々の根元を切って火薬を仕掛けた。垂直に木が下へ落ちるように、切断箇所にスプリングをつけて、火薬が着火すると下に木を引っ張って、それからドーンと横倒しになった。特撮の美術スタッフの工夫がメーサー殺獣光線車の光線の効果を高めたのだ。どんな高さにガイラが逃げようと、パラボラ状の光線発射器が自動追尾でターレットを回し、高さを変えて、殺獣光線を発射し続ける。キングギドラと並ぶ光線のアニメ合成が冴え、伊福部昭作曲の音楽がすばらしい盛り上げを見せ、架空ドキュメントのように怪獣と戦う自衛隊の空前の映像を結晶化させた。鎌首を上げ、ドーム部分が回転する特撮リボルテックは、メカニックの可動モデルの新たな可能性を実証した傑作モデルだ!
(特撮研究家・池田憲章)

【商品説明】
特撮メカファン感涙のこの造形美!!

【01】
パラボラ型の砲塔とアームは上下可動し角度を調整可能!!
パラボラ型の砲塔とパラボラアームの付け根にはそれぞれリボルバージョイントが組み込まれており、上下に可動させることができる。それにより劇中シーンのように目標を正面に捉えたメーサー殺獣光線車を再現できるのだ。

【02】
ドーム型のターレットは360度旋回させることができる
是非とも本製品を2基購入し、劇中の「L作戦」同様、2基のメーサー殺獣光線車を並ばせ、「ターレットを旋回させ同じ方向を見定め、光線を発射するシーン」を再現して欲しい!!

【03】
「L作戦」を完全再現できる4つのオプションパーツ
劇中の「L作戦」を完全再現できる「レーザー放射器A」「レーザー放射器B」「高圧電流端子」「放電コントロール装置」といったオプションパーツが付属!!セッティング中にあなたの頭の中であの有名な「L作戦マーチ」が流れることだろう・・・。

【04】
殺獣光線の発射シーンも再現可能
メーサー殺獣光線車が光線を発射したシーンを再現できる殺獣光線エフェクトパーツが付属。パラボラ発射口にあたるレーザー発振増幅部(先端)のレンズは取り外すことができ、そこに劇中での微妙な揺れを表現した殺獣光線エフェクトパーツを取り付けることができるのだ。

【05】
ダブルジョイントを採用した、装置車と牽引車の接続部!
装置車と牽引車の接続はダブルジョイントを採用し、幅広い方向へ向きを変えるメーサー殺獣光線車を再現出来る。

【06】
ミニサイズのサンダ&ガイラが付属。メーサー発射時の標的として利用できる
ミニチュアの「サンダ&ガイラ」のオプションパーツが付属。劇中の夜明けの晴海埠頭で繰り広げられる「サンダとガイラと自衛隊」の三つ巴の戦いを再現できるのだ!!

【07】
殺獣光線車の車両各所にあるデカールや彩色を細かく再現!!
牽引車や装置車にあるデカールを細かく再現!!また、装置車後部の冷却ガスタンク類やバルブなどのディテールと塗装を忠実に再現しており、劇中では細かく見ることのできなかったメーサー殺獣光線車の装置の細部まで知ることができる。

【08】
劇中では見ることができなかった運転席など、細かな部分まで知ることができる!
牽引車の屋根は取り外すことができ、車両デカールや彩色同様、細かい部分のディティールを見ることができるほか、装置車を支える12個のタイヤはすべて回転する。

【09】
あなたの部屋で!机で!「L作戦」決行!!
机や、本棚などで劇中を再現しても邪魔にならない全長165mm。

【10】
メーサー殺獣光線車には必須のオプションパーツ類を総揃え!!
メーサー砲発射時光線エフェクトパーツ×1、L作戦装備(4種×1)、サンダ&ガイラ ミニチュア×1


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー2010年10月1日
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月25日
review image review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月2日
Amazonで購入
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月3日
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月1日
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月22日
Amazonで購入
1コメント1件| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月5日
Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月6日
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ポケットモンスター サン ムーンムーン