この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

特撮リボルテック012 モスラ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

5つ星のうち 4.0 18件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:46¥ 9,916より 中古品の出品:4¥ 4,800より
  • 本体サイズ : 翼長:約195mm
  • 男女共用
  • 対象年齢 : 15歳から
  • 主な製造国 : 中国
  • TM&(C)1961,2010 TOHO CO.,LTD.
フィギュア・ホビー商品の発売日・キャンセル期限に関して
フィギュア・ホビー商品は、メーカー都合により発売日が延期される場合があります。 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 最新のキャンセル期限は上記よりご確認ください。また、メーカー都合により商品の仕様が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
詳細はこちらから

ホビーバーゲン
タイムセールからクーポン、在庫一掃品ほか、ホビーのお買い得商品が勢ぞろい。 詳細をチェック
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!


キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

ピース数1
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
素材の説明本体:PVC・ABS ジョイント:ナイロン・POM ブリスター:PVC
リモコン付属いいえ


登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 21.8 x 7 cm ; 259 g
  • 発送重量: 259 g
  • 製造元リファレンス : na
  • ASIN: B003U2SBHY
  • 発売日: 2010/9/1
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2010/6/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 134,116位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

特撮リボルテックは、これまでにない世界最高峰の特撮/SF可動式フィギュア!! 第6弾 012 モスラ
【極彩色に彩られた巨大なる守護神モスラが羽ばたく!最も印象的な劇中シーンをイメージした展示ベースを見よ!】
●成長とともに姿を変えるモスラ。その最終形態となる「成虫」の姿で【特撮リボルテック】に登場。
●胴体部の接続にリボルバージョイントを使用し、表情をつけられる。
●巨大な羽は胴体中央のジョイントを介し、大きく羽ばたき可動する。
●6本の脚は全てがボールジョイントで接続され、独立して可動する。
●最大の特徴である極彩色の羽を美麗な塗装で再現。
●東京タワーで繭をかけた最も印象的なシーンを題材にした、大型の展示ベース付き。
●専用のアタッチメントパーツを接続することで繭から羽化した直後と、空中に浮かんだ状態のどちらでも展示可能。
■原型製作:木下隆志
■翼長:約195mm
■可動箇所:全13箇所
■ジョイント使用数:4個
・10mmジョイント×1
・8mmジョイント×2
・6mmダブルジョイント×1
■付属品
ディスプレイベース×1
接続用アタッチメント×1
ネームプレート×1

<セット内容>ディスプレイベース×1、接続用アタッチメント×1、ネームプレート×1

Amazonより

大空を飛翔する華麗な大怪獣!モスラ!!

透明素材を使用し、母なるモスラの優しげな表情を見せる眼を再現!
  後に"仮面ライダー"でも技術継承した眼は、裏側に複眼のパターンを施したモールドと、文字通り透明感のある眼を再現するために透明素材を使用し、優しげな表情を見せる眼を再現している。

幼虫と成虫の唯一の共通点である口も可動式!!
  街を破壊するモスラの表情をよく感じさせる「キュイーン、キュイーン」という鳴き声が聞こえてきそうな口は、左右に開くことができ、ポージングのアクセントとなるのだ!

6本の脚は独立で可動!!ポージングの細かな脚の動きを再現できる!
  6本の脚は全てボールジョイントで接続され独立して可動させることができ、飛行時や地上にいる時の脚を変えてポージングすることができる。

東京タワーに繭をかけた最も印象的なシーンを再現できる大型ディスプレイベースを付属!
  ディスプレイベースに付属のアタッチメントパーツとジョイントを使用し、映画『モスラ』の名シーンである「崩壊した東京タワーとそれにかけられた繭の上に鎮座するモスラ」を再現することができる!!映画の中の繭も小美人を演じる「ザ・ピーナッツ」に合わせて、ピーナッツの形に似せて造形されていた。

胸に組み込まれたジョイントを軸に、4枚の羽根が自在に可動!!
  飛行スピードをおとし、地上に降りる時の「バラバラに動く羽根」を再現できるよう、羽根は左右合わせ4パーツにし、独立して動かすことができる。首を前に傾け、羽根をいっぱいに広げると有名なアクションシーンがこのフィギュアで再現できるのだ。

モスラ最大の特徴である極彩色の羽根を美麗な塗装で再現!!
  日本に実在する蝶の羽根をモチーフにしたモスラの羽根の紋様を細密な塗装で表現。下から見上げた時のモスラを一層美しく見せてくれる。

胴体部の接続にリボルバージョイントを使用し、モスラの表情をつけられる!
  首や胴体を左右に振りながら敵や小美人を探すシーンや、ロリシカ国空港に描かれた「モスラの印」の上に降下するモスラなど、飛行時や離着陸時のシーンの動的な仕草を再現できる!

特撮リボルテックシリーズ史上最大の大きさ!翼長約195mm!!
  首と胴体を水平にし、翼長約195mmの羽根をやや上のポジションに固定すると「羽根で巻き起こる突風!モスラのスピード感あふれるアクションポーズの一つであるモスラの飛翔シーン」を再現できる。

大型で豪華なディスプレイベースなどが付属!!
  ディスプレイベース×1(地面、タワー、タワー内ビル、繭、蓋)、接続用アタッチメント×1、ネームプレート×1

「モスラ」について
「モスラ」(脚本・関沢新一、監督・本多猪四郎、1961年)は、まさにカラー、ワイド画面にふさわしいファンタスティックなムードを持つ怪獣映画だった。\n
 ミステリーや幻想小説にも興味があった純文学者の福永武彦、堀田善衛、中村真一郎の3人が田中友幸プロデューサーの「今までにない、怪獣映画の物語がほしい」という要請に応えて原作を書きあげた「発光妖精とモスラ」がそれで、小説も「週刊朝日」に掲載された。
 卵からモスラの幼虫が現れるシーンは手使いのギニョール(胴体の中に手を入れて操る人形)、海上を進むシーンと地上を前進するシーンの幼虫はギミック付きの操演モデル、建物をなぎ倒し前進する破壊シーンは人間が中に7人隊列を組んで一列に入った長さ10メートルの巨大ぬいぐるみ、東京タワーに取りつくシーンも2メートル近い操演モデルをワイヤーワークで動かして見せ、繭から怪光を光らせながら現れる成虫モスラは、操演用モデルとコマ撮りをたくみに使い広がる羽根を見せた。そして大空を飛翔する成虫モスラのシーンは、クレーン下に吊るして羽根がはためく操演用の成虫モデル(ロングで撮影するため、本当に長いワイヤーで吊られていた)、さらにラストのロングシーンのモスラはアニメーション作画・・・と従来のゴジラやアンギラスのスーツアクターが入るぬいぐるみの怪獣表現を一切排除した怪獣だった。
 ゴジラの原案デザインを担当した漫画家・阿部和助の描いたモスラは、まるで蛾の幼虫と成虫で、全身白い毛と長い触手でおおわれた不気味な姿だった。絵コンテもそのデザインのまま描かれた。円谷英二特技監督は「蝶のような美しさに変えられないか?」と提案、そこで渡辺明美術監督が幼虫は日本人が親しみを持っていたカイコ(小学生たちも理科の授業で必ず育てたものだった)のフォルムを借り、成虫の羽根の模様は実在する蝶の羽根の紋様からカラーリングの美しい模様を決め、目もまるでトンボのようなヘッドライト状の複眼にし、口も花の蜜を吸う吸管からまるでバッタの硬質感で清潔なフォルムを持つ口へと変えさせた。それはまさに、どこの世界にも存在しないオリジナルの昆虫の姿をしたスーパーモンスターであった。
 本多監督と円谷特技監督は撮影しながら「鳴き声をどうするか」で話し合った。蝶や蛾は鳴かない昆虫だ。ただ、小美人を救いたいと進み、街を破壊するモスラの表情を出すためには、やはり鳴き声が欲しかった。ゴジラでもラドンでも、怒りや悲しみを鳴き声で出せた実感が2人にあったからだ。話しあった結果、最後に飛ぶ成虫から「鳥に似た甲高く短い声はどうだろう」というアイデアが出て、音響制作のスタッフが効果音で作りあげた。円谷特技監督はさらに「飛翔音がほしい」と主張、蜂が飛ぶ時の<うなり音>のようなイメージで、さらに同じ音程でザ・ピーナッツが演じる小美人のテレパシー音を加工して作りあげた電子音で共通の音色を付け加えた。モスラと小美人は、同じ音域の効果音が付けられているのだ。
 「モスラの歌」の作曲は「イオマンテの唄」や「黒百合の唄」でエネルギッシュな異郷の民族の恋唄を作曲したヒットメーカー・古関裕而氏が担当。歌は「恋のバカンス」他のヒット曲で知られた双子の女性歌手「ザ・ピーナッツ」がデュエットで歌いあげた。
 原作小説の中では、モスラは宇宙へと飛んでいく。惑星から惑星へ生物の種を撒いて歩く、母性の超生物で「MOTHER(母)」から名づけられた「MOTHRA(モスラ)」という名もその3人の原作者が生み出したSF設定があったから付けられた名前だった。1990年代にリメイクされたモスラが宇宙を飛ぶシーンもこの原作イメージを映像化したものであった。
 男の子だけでなく、女の子にもファンが多い珍しい怪獣「モスラ」。それは美しくカラーリングされ、優雅に羽根をしならせ飛ぶ成虫モスラの華麗さが生んだものだ。折れた東京タワーと繭がオプション・パーツでついた特撮リボルテックは、まさに誰もが知っているモスラ最大の名シーンを再現したモデルなのだ。
(特撮研究家・池田憲章)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2010年9月1日
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアーVINEメンバー2010年9月1日
Amazonで購入
review image
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年9月4日
Amazonで購入
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月19日
Amazonで購入
review image review image
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年9月3日
Amazonで購入
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年9月5日
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年9月13日
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月22日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ローバーミニ