通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、グットプライスカンパニーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
特撮リボルテック SERIES No.030 Tr... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 PECOS STORE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 本体は使用跡がみられず美品ですが、箱の傷み、汚れに関してはご了承ください。万が一パーツ欠け等あった場合にはAmazonカスタマーサービスより返品、全額返金のお手続きをお願いいたします。

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,690
通常配送無料 詳細
発売元: MTGショッピング
カートに入れる
¥ 5,800
通常配送無料 詳細
発売元: THRCorp.本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

特撮リボルテック SERIES No.030 Transformers Optimus Prime

5つ星のうち 3.3 27件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,690 通常配送無料 詳細
  • 本体サイズ :全高:約140mm
  • 対象性別 :男女共用
  • 対象年齢 :15歳から
  • 主な製造国 :中国
  • (C)2010 Paramount Pictures Corporation. Manufactured under license from TOMY Company, Ltd.
フィギュア・ホビー商品の発売日・キャンセル期限に関して
フィギュア・ホビー商品は、メーカー都合により発売日が延期される場合があります。 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 最新のキャンセル期限は上記よりご確認ください。また、メーカー都合により商品の仕様が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
詳細はこちらから
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: ☆未開封の新品ですが、経年劣化のためパッケージに多少のよれや擦れ、傷みがある場合がございます。 ☆ ☆商品流通時にパッケージが傷む場合もございますので、その点ご了承くださいませ。 ☆ ☆日本国内Amazonより丁寧に梱包し出荷しますので、発送から1~3日でお手元に届きます。 ☆ ☆サポートもAmazonが対応しますので、安心してご利用いただけます♪☆ ☆新品・未開封商品につきましては、初期不良(塗装はげ、傷、破損等)の場合大変申し訳ございませんが、お客様より直接メーカーにお問い合わせくださいますようお願いします。☆


キャンペーンおよび追加情報

  • 《ご注意ください》Amazon.co.jpが発送する本商品を、お客様都合により返品されますと、全額返金できない場合があります。詳しくは、こちらをご確認ください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

お探しのものが見つかりませんでしたか?
リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

よく一緒に購入されている商品

  • 特撮リボルテック SERIES No.030 Transformers Optimus Prime
  • +
  • 特撮リボルテック038 トランスフォーマー ダークサイドムーン バンブルビー ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
総額: ¥15,670
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
電池使用いいえ
電池付属いいえ
  
登録情報
ASINB0057UHGP0
おすすめ度 5つ星のうち 3.3 27件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ホビー - 130,469位 (ベストセラーを見る)
発送重量322 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/6/24
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

オートボット形態でのアクションとフォルムを徹底的に追及
大型マシンガンとブレードが付属し、劇中の殺陣アクションも思いのままに再現
1980年代に誕生した変形ロボット玩具シリーズ「トランスフォーマー(THE TRANSFORMERS)」を原案とし、実写映画化されたトランスフォーマーシリーズより、最新作「ダークサイド・ムーン」から新設定の【オプティマスプライム】をフィギュア化
ロボット形態でのアクションとフォルムを徹底的に追及、まわし蹴りや立て膝などのポーズも可能で劇中の殺陣アクションも思いのままに再現できます
複雑なメカデザイン部分も精密造形、ロボットのフォルムとアクションフィギュアとしての可動を両立したすると再現するためにパーツを細かく分割
劇中に登場するマシンガンとブレードが付属、5ピースからなるマシンガンはそれぞれをリボルバージョイントを介して組み立て、自分好みの形状に組み替えができます
マシンガンは解体して、フィギュア本体に設けられたリボルバージョイント用の穴に取り付けてオリジナル装備にすることも可能

原型製作:大嶋優木

全長:約140mm
可動箇所:全19箇所
ジョイント使用数:19個(8㎜ジョイント×11/ 6mmジョイント×4 / 4㎜ジョイント×4)


<セット内容>マシンガン×1 ブレード×1 オプションハンド×4 ネームプレート×1

(Amazon.co.jpより)

Amazonより

宇宙から飛来した金属生命体「トランスフォーマー」!!
ロボット形態でのフォルムとアクションを徹底追求した「オートボット」の総指揮官”オプティマスプライム”が特撮リボルテックに登場!!

「ダークサイド・ムーン」版”オプティマスプライム”を徹底したフォルム追求により完全再現!!
 2011年7月29日、日本公開の「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」からオートボット達の総指揮官オプティマスプライム”が登場!
 劇中のフォルムを徹底的に追求し、スッキリとしたラインを持ちながら、力強さを兼ね備えたプロポーションを完全再現!!

細かなパーツ分割で、精密メカを完全再現!!
 劇中で、複雑かつ生命体としてのリアリティーをもって3D表現されている”オプティマスプライム”のメカニックデザインを、細かなパーツ分割により表現!

完全再現された全身のメカニックをメタリック塗装により表現!!
 徹底したフォルム追求により再現された”オプティマスプライム”の造形はメタリック塗装を施すことで、よりメカニカルな印象をあたえている。
 さらに、特徴的なファイヤーパターンやグラデーションなどの細やかな塗装にもこだわり抜き再現!!

リボルバージョイントを全身19箇所に組み込んだフルアクションフィギュア!
 全身19箇所、全ての可動箇所にリボルバージョイントを組み込み、これまでにないアクションが可能な”オプティマスプライム”が誕生!!

計算された可動位置により、多彩なポージングが可能に!
 左右の胸部ブロックが可動することで肩と腕の可動範囲を大幅に拡大!!
 さらに、つま先が可動することにより立てヒザのポージングが可能になるなど、
 計算と、こだわりで決められた可動位置により、オプティマスプライムのダイナミックでありながら滑らかなポージングを再現可能!!

付属のブレードは透明パーツにより表現!さらに、4mmのリボルバージョイントを使用することで手首や腕などの軸穴に取り付け可能!!
 オプティマスプライムの強力な武器であるブレードがオプションパーツとして付属!
 ブレードは4mmのリボルバージョイントとつないで、手首の差し込み箇所や前腕などに設けられた穴に差し込みが可能!!

マシンガンは5パーツにより構成され、各パーツをリボルバージョイントにより組み換え可能!!
 劇中でオプティマスプライムが多用する大型マシンガンは5ピースのマシンガンを組み合わせることで再現可能!!
 それぞれのマシンガンは単独でも使用でき、さらに本体に設けられた軸穴に差して自由に装備することも可能。
 オリジナル形態のオプティマスプライムを創りだすことができる!!

接地面の広い足の特性を活かし、様々なポージングに挑戦しよう!
 接地面の広い足の特性を活かしながらバランスを取ることで、回し蹴りや、飛び立つ瞬間など、様々なアクションシーン再現の幅が広がり楽しさはドンドン増えていく!!

変幻自在のオプションパーツで、オプティマスプライムを遊びつくせ!!
 マシンガン×1、ブレード×1、オプションハンド×4、ネームプレート×1

【商品紹介】
誇り高き戦士の魂を造形の端々に感じる!!
あらゆるポーズが絵になるオプティマスプライム

 世界的大ヒットとなった映画「トランスフォーマー」(2007)、その続編「トランスフォーマー / リベンジ」(2009)と製作のスティーブン・スピルバーグやマイケル・ベイ監督はシリーズ物といっても同じフィールドと技術レベルで作品を製作するつもりは最初からなかった。
「トランスフォーマー」では、人類を滅亡させようとするディセプティコンや人類を守ろうと戦うオートボットたちのロボットのCGシーンは450ショットだった。
それが「トランスフォーマー / リベンジ」では1600ショットのCGシーンになり、変身するロボットたちも1作目の11体から、2作目では60体に増えて、ILMとデジタル・ドメイン社のCG、特撮スタッフが総力を上げてその映像を作りあげた。SF映画のCG映像をある種、リアリズムから開放していて新しいアドベンチャーフィールドを開いていた。
そして2011年7月29日に日本公開される第3作「トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン」では、映画「アバター」ように開発された3D撮影カメラを全編に使用して、3D映画の立体効果でトランスフォーマーたちのCGバトルシーンを楽しむことができるようになった。

マイケル・ベイ監督は最初にこの映画化をスピルバーグに相談された時、監督を断っている。「オモチャの映画化に興味はなかったんだ」と語る。
だが、その後にトランスフォーマーのモデルを見て、新しいアクション映画の素材として可能性があることにマイケル・ベイは気づいて、監督を承諾する。
ただし、マイケル・ベイ監督はデザインをモデルやアニメをベースにしながら、リファインすることを主張した。現代に生きる最新型のロボットにしたかったからだ。

ILMのプロダクション・デザイナーのジェフ・マンがオプティマスプライムやバンブルビー、ディセプティコンたちのロボットデザインを煮詰め完成させていった。
マイケル・ベイは「未来的なロボットのラインじゃないんじゃないか。車のボンネットを開ければ、どんなエンジンやメカが入っているのか誰でも知っている。現実感をもっと持ち込みたかった。我々は現実世界をベースにしてそこを縦横に走りまわり、飛んでいくメカニックなロボットキャラクターが欲しかったんだ。未来的な電子パーツじゃなくて本物のキャブレターやエンジン、スプリング、タイヤホイールと同じようなメカニック感が必要だと思ったんだ」と語った。
ILMのスタッフは、そのための現実の車やトラック、軍事用車輌、飛行メカが使っているあらゆる部品パーツ、設計図面、シャフト、シャーシ、タイヤホイール、ボディーパーツをコンピューターの中に取り込み、トランスフォーマーの細胞1つ1つがマシンとしてそのパーツの形態を取り込み、生きたマシンと化す分子ナノエンジニアリングの科学設定まで考え、僕らが見慣れた現実のメカニックライン上に、変身するロボット生命という新しいキャライメージを積み上げていった。

2009年型のカマロが変身していくバンブルビー、シコルスキーMH-53ペイヴロウヘリコプターが変身するブラックアウト、最新鋭のジェット戦闘機F22が変身するスタースクリームのスリリングなバトルシーンは、リアリティあふれるSFファンが夢見た映像そのものだ。
その中にサムライのキャライメージのオプティマスプライムが立つから楽しいのである。

ILMのテクニカル・ディレクターのジェフ・グレームは、約8000から10000のパーツで作られたロボットの変身シーンのCG設計を統括した。メカニックのボディパーツが分割し、立ち上がり、回りこんで、あるパーツの下に入り込み、まるでルービックキューブのように回転して、腕や足のパーツになっていく。
日本人スタッフの山口圭二が、骨組みやパーツがスライドしたり、カメラが動くアクションシーンの中で、どうおもしろくスピーディーに、でもカッコイイ(これはマイケル・ベイ監督がなんども注文していた重要な点だった)メカニックアクション、そしてロボットアクションに飛躍していけるか、そのメカニックCG設計と映像に結実していくアイデアを練りあげていった。

オプティマスプライムの8000以上のCGパーツは、それぞれブルーやレッドのメタリックに、あるいはタイヤのゴム素材、ケーブルはオイルにまみれていて、トラックの塗装が残っていたりと、各パーツに毎にカラーリングして、キズを加え、汚しを与えてリアルさのディテールをその巨体に与えていた。
ILMのアニメーション・スーパーバイザーのスコット・ベンザは語る。「マイケル・ベイ監督は爆破や破壊シーンも含めて、トランスフォーマーの合成シーンもできるだけ撮影現場で撮影していきます。そこにないCGのトランスフォーマーたちは後でCGで作られて、その画面の中に合成されていきます。現場のライティングはすべて記録されていて、そのライティングや爆破する火の照り返し、当たって散る火花と全てのライティングをCGキャラに加えるわけです。全てが出来上がったとき、マイケルはこう言うんです。『さぁスタート地点に立ったぞ。これからが腕の見せせどころだ。現場を再現できるだけじゃなくて、近づくロボットの表情をキラッと光を入れて印象づけてみよう。逆光のライトを置いてみたらどうだ。』そこから映像を磨き上げるんです。ここまで映像効果にこだわる監督はいないですよ」
オプティマスプライムやバンブルビーの表情やセリフが印象にのこるのは、この映像へ加えたプラスアルファの成果だったのである。

 特撮リボルテックのオプティマスプライムは、まさに特撮リボルテックならではの入念な関節処理と各メタリックパーツの塗装の精度と仕上がりのクォリティー見せるモデルだ。マイケル・ベイ監督は、重厚にスピーディーに動き、バトリングをしていくトランスフォーマーに賭けていました。あらゆるポーズをオプティマスプライムにとらせて、3D映像空間で戦い抜くこの誇り高き戦士の姿を見つめてください。

(特撮研究家・池田 憲章)



類似商品と比較する


特撮リボルテック SERIES No.030 Transformers Optimus Prime
特撮リボルテック トランスフォーマー ダークサイド・ムーン オプティマスプライム ノンスケール ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア レガシーOFリボルテック
トランスフォーマー 05 オプティマスプライム [並行輸入品]
トランスフォーマー TLK-15 キャリバーオプティマスプライム 初回限定版
特撮リボルテック トランスフォーマー ダークサイド・ムーン オプティマスプライム ジェットウィング装備版 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア レガシーOFリボルテック
特撮リボルテック030 トランスフォーマーダークサイドムーン オプティマス・プライム ノンスケール ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア 新パッケージ版
カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる
カスタマー評価 3(星5つ中) (27) 5(星5つ中) (2) 0(星5つ中) (0) 4(星5つ中) (57) 4(星5つ中) (4) 4(星5つ中) (9)
価格 ¥ 5,690 ¥ 7,480 ¥ 3,800 ¥ 7,050 ¥ 6,000 ¥ 7,680
出荷 送料無料 送料無料 送料無料 送料無料 送料無料 送料無料
販売者 グットプライスカンパニー ホビーストア 遊誠堂 KaniHobby販売 AIRⅡ KaniHobby販売 I_J_S
スケール 情報が提供されていません ノンスケール 情報が提供されていません ノンスケール ノンスケール ノンスケール

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

カスタマーグループおよび興味・関心による
トランスフォーマー
5つ星のうち4.0
5つ星のうち4.0
ロボット
5つ星のうち3.3
5つ星のうち3.3

トップカスタマーレビュー

2013年3月5日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月9日
Amazonで購入
2011年9月18日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年9月15日
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月18日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年9月25日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年9月25日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月14日
Amazonで購入

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?

最近のカスタマーレビュー

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク