通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
特捜は「巨悪」を捕らえたか 地検特捜部長の極秘メモ がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。防水梱包にて迅速に発送いたします。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。状況に応じて返金・返品の対応をさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

特捜は「巨悪」を捕らえたか 地検特捜部長の極秘メモ 単行本 – 2019/4/12

5つ星のうち4.5 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,650
¥1,268 ¥190

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 特捜は「巨悪」を捕らえたか 地検特捜部長の極秘メモ
  • +
  • 最高裁に告ぐ
総額: ¥3,520
ポイントの合計: 36pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

元東京地検特捜部長・宗像紀夫。
彼が明らかにした「極秘メモ」「日記」の数々……
初めての著作!
——随所に捜査時のリアルタイムの日記も挿入。
臨場感あふれるノンフィクション回顧録

「冷たい表情の裁判官」「居丈高な検察官」「金儲け主義の弁護士」になるな……
・江副浩正、田中角栄逮捕から日産ゴーン逮捕まで——
・地検特捜部の仕事は「世の中のドブさらい」「闇を照らす」のが仕事だ!
・村木事件等々、捜査が粗雑で、威圧的、権力的になった特捜は心配だ!

・特捜の手がける独自捜査事件は、マスコミに気付かれず着手(逮捕)できれば半ば成功したも同然。日産ゴーン逮捕は「保秘」に成功し、マスコミは「してやられた」というしかない。
・平成の大疑獄リクルート事件の発端に触れた時「私の体の中を電気が走った! 」
・リクルートの本命は中曽根康弘だった。しかし……「証拠」優先の捜査では藤波までが限界だった。見込み捜査はできない。藤波は「中曽根の身代わり、人身御供」ではない。
・実は、本命(P3C)に捜査の手が届かなかったロッキード捜査の悔しさ。そのとき、吉永祐介主任検事は……
・特捜検事は週刊誌を愛読する。国民からの告発する投書も熟読する。
・文化功労賞などで選考委員に金銭などを使って働きかけた人がいた。
・被疑者は雲隠れのため入院すると、それから本当の病気になる。
・リクールトの時、捜査ルートは何処からとの質問を受けて、ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」という映画をヒントに言った。「北北西」(NNW) ……つまり「NTT」と暗示したが、気づく記者はいなかった……。
・村木事件、小沢事件(陸山会事件)、佐藤栄作久事件(弁護士を担当)など、「何か事件をやらなければいけない」「自分が特捜部長の間に、政治家や高級官僚を一人もやっていない、前の人は二人もやっているとか……」そんなあせりが、強迫観念が「冤罪」「見込み捜査」「改竄事件」を起こしたのではないか。特捜部の「勇み足」をいさめる。
・大物を摘発するのであれば、何をやってもいいという風潮が特捜に蔓延しているのではないかとの強い危惧を感じる。
・弁護士として、主任検事の筋読みに無理に供述を当てはめるような強引な事例が目立つことに気付いた。捜査が粗雑で、調べ方が威圧的、権力的で、利益誘導的な質問を平気でする事例(佐藤栄作久事件)に直面し、その弁護を引き受けた。特捜地検と対峙することもあった!
・捜査機関は常に撤退する勇気を持たなければいけない。
・世の中の喝采をあびたくてイケイケドンドンで真実でないものを真実とする、正義に反する捜査が行なわれていないか、自己検証を忘れるな。
・自白を引き出すには、物的証拠や状況証拠などの丹念な吟味が必要なのだ。
・ダグラス・グラマン事件で、日商岩井の島田三敬(常務)から重要な供述を引き出し、翌日「調書」にしようと思ったら、その夜(翌日未明)に彼が自殺。検事を辞めようと吉永特捜部長に申し出たことも…。
・「冷たい表情の裁判官」「居丈高な検察官」「金儲け主義の弁護士」になるな……

地検特捜部に取り調べられ訴追された政財官界の「被疑者」たち——
カルロス・ゴーン、田中角栄、児玉誉士夫、小佐野賢治、小沢一郎、金丸信、藤波孝生、橋本登美三郎、佐藤優、村木厚子、高石邦男、江副浩正、真藤恒、榎本敏夫、島田三敬、若狭得治、佐藤栄佐久……ほか。本書でも言及!

著者について

宗像 紀夫(むなかた・のりお)
1942年東京生まれ。65年中央大学法学部卒業。同年司法試験合格。68年、検事に任官し、秋田、東京、福島などに勤務のあと、東京地検特捜部に配属。93年、東京地検特捜部長に就任。高松高検検事長、名古屋高検検事長などを歴任。ロッキード事件丸紅ルート、リクルート事件、ゼネコン汚職事件など多数の事件を担当した。2004年に退官し、中央大学大学院教授に就任(12年退職)。現在、弁護士、内閣官房参与。


登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: ワック (2019/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898314805
  • ISBN-13: 978-4898314807
  • 発売日: 2019/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 12.7 x 2.1 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 2
星5つ
50%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

ベスト100レビュアー
2019年7月15日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年8月4日
形式: 単行本