通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
特技監督 中野昭慶 (ワイズ出版映画文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 紙少汚れほかは使用感少なく良い状態です。書き込みありません。amazon専用商品(在庫確実)。清掃後、エアクッションなどで包装。発送後連絡いたします。同時に2冊以上お買上げの方、送料抜きの合計金額より10%お引きいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

特技監督 中野昭慶 (ワイズ出版映画文庫) 文庫 – 2014/7

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 23,296 ¥ 1,467
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本特撮映画史上にその名を残す中野昭慶監督の世界を、作品ごとにインタビューし解説した、特撮ファン必読の書『特技監督中野昭慶』(2007年刊)を再編集し、新たに文庫化記念スペシャルインタビュー、さらに中野監督による特別寄稿「ゴジラと闘った五人の精鋭」を加えた決定版!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中野/昭慶
1935年満州(現在の中国・丹東)生まれ。日本大学芸術学部卒業。1959年東宝砧撮影所に演出助手として入社するも、円谷英二に見い出され、1962年より師事。1969年には『クレージーの大爆発』の特殊技術でデビューし、『日本沈没』(73)で三代目の特技監督に昇進する。以後東宝特撮路線の主軸となって腕を振るう一方、数々のテーマパーク映像演出にも参加している

染谷/勝樹
1958年茨城県生まれ。日本大学法学部卒業。2001年東宝アクションを支えた福田純監督のインタビュー本(「東宝映画100発100中!映画監督福田純」)をワイズ出版より上梓(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 523ページ
  • 出版社: ワイズ出版 (2014/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898302807
  • ISBN-13: 978-4898302804
  • 発売日: 2014/07
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 823,463位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
文庫本のわりにボリュームがあります。
中国で終戦を迎えられた少年時代。そして引き上げ、大学卒業後、東宝入りし、円谷英二さんとの出会い。
その後、監督が携わられた数多くの作品に触れていくのですが、インタビュアーの方も詳しく時間をかけて取材されたのでしょう、かなり読みごたえがあり面白いです。
初めて語られたご自身の生い立ちと、同時に、東宝特殊技術課の歴史、そして日本の特撮界の歴史を振り返ることの出来る特撮ファン必見の一冊といえます。お勧めしたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 これは中々よく編集された本だと思います。中野昭慶の生い立ちなども興味深いものがあり、デビュー後の作品を見ていく上でも重要ですね。円谷作品の回想ももう目新しいものは無いと思っていましたが「海底軍艦」とか「大空戦」のカメラの話とか面白いエピソードが結構ありますし、買っても損は無いと思いました。自作を語るでは「日本沈没」と「連合艦隊」にかなりページが割かれていてそれぞれ10ページ位あり読み応え十分。ビックリしたのはフィルモグラフィで、クレジットされてない東宝専属の俳優が詳しく載っていて(例えば「ゴジラ対へドラ」で被害に遭う麻雀の客まで)「二百三高地」などでは外人の俳優もちゃんと網羅されていました。ただ欲を言えば折角の中野本なので全作のポスター位はカラーで載せてほしかったですね。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
円谷、有川、中野、川北、と4代続いた東宝特技監督も本文を書かせて頂いて居る、平成27年7月17日現在、ご存命な只一人と成ってしまいました。

本書は2007年に出版された単行本に追加原稿にインタビュー、再編集、改稿された物です。
巻頭、モノクロメイキング等、第1章生い立ちから青春時代、第2章東宝入社から助監督時代、第3章円谷作品回願録、第4章中野昭慶の仕事、自作を語る、第5章インタビューを終えて、第6章文庫版スペシャルインタビュー、文庫化記念、特別予稿、ゴジラと闘った5人の精鋭、中野昭慶、フィルモグラフィー、後書き、染谷勝樹、後書きにかえて、中野昭慶、単行本帯より、田中文雄。以上で構成されております。

先ず、感心させれるのが聴き手と編集をされている染谷勝樹氏の映画に関する知識とツッコミの巧さ。1958年生まれだそうですが丁寧な仕事ぶりには好感が持てます。

さて、その中野氏の生い立ちなのですが、正に事実は小説よりも奇なり、と申しましょうか、昭和10年旧満州安東(現中国、丹東)生まれ。満鉄関連会社の家庭だそうで、裕福なのは勿論、中野家の祖父が会津若松出身で、御名前は初太郎。なんでも野口英世の世話をしたとか、弟の天文氏は高校の歴史の教科書に載った事が有るとか、兄の初太郎氏は中国に渡り、大陸浪人として貿易会社を興し、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
小津安二郎の作品に触れ、彼が正面から撮ることは、尾上菊五郎を横から撮って菊五郎に落胆された経験からなど、特撮以外にも卓抜した見方が披露されています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告