¥ 1,350
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
特急「白鳥」 (RM LIBRARY216) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

特急「白鳥」 (RM LIBRARY216) 単行本(ソフトカバー) – 2017/7/20

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/7/20
¥ 1,350
¥ 1,350 ¥ 1,754

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 特急「白鳥」 (RM LIBRARY216)
  • +
  • 最後の国鉄電車ガイドブック: 今、振り返る 国鉄時代ラストを飾る360形式
  • +
  • 電気機関車EX(エクスプローラ) Vol.4 (電機を探究するすべての人へ)
総額: ¥7,398
ポイントの合計: 147pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

特急「白鳥」は1961(昭和36)年10月から2001(平成13)年3月まで大阪~青森間を北陸本線経由で結んだ特急列車です。
1052.9km(運転開始当初)という運転距離は、日本における昼行の在来線特急列車としては最長距離でした。
当初、「白鳥」は気動車による運転であり、大阪~青森間とともに大阪~上野間でも運転され、大阪~直江津間では両列車を連結するという運行形態でしたが、
上野発着の編成は1965(昭和40)年10月に上野~金沢間の「はくたか」として分離されました。
1972(昭和47)年には「白鳥」の運転区間全線の電化が完成、以後、2001(平成13)年3月に姿を消すまで485系電車で運行されました。
また、2002(平成14)年12月の東北新幹線八戸開業から2016(平成28)年3月の北海道新幹線開業までは、本州と函館の間を結ぶ新幹線連絡特急が「白鳥」の愛称で運転されました。
本書では大阪~青森間での運転史を中心に、特急「白鳥」のあゆみを振り返ります。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 47ページ
  • 出版社: ネコ・パブリッシング (2017/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777054136
  • ISBN-13: 978-4777054138
  • 発売日: 2017/7/20
  • 梱包サイズ: 25.8 x 18 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,674位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2017年9月14日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月16日
Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告