通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
特区ドクトリン―特区は国を規模としたある種の実験で... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品のクリーニングを出来る限り行いお届けいたします。ご注文から平日48時間以内に発送致します。配送日時の指定はできませんのでご了承ください。中古品のため多少のキズ・スレ・ヤケ・折れ等がある場合がございますがご了承の上お買い求めください。万が一、出品情報と一致しない場合、メールを送って頂き、返送・商品確認後、返金対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

特区ドクトリン―特区は国を規模としたある種の実験である 単行本(ソフトカバー) – 2014/6/20

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,019
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 特区ドクトリン―特区は国を規模としたある種の実験である
  • +
  • 徹底解剖国家戦略特区: 私たちの暮らしはどうなる?
  • +
  • 国家戦略特区の正体  外資に売られる日本 (集英社新書)
総額: ¥3,694
ポイントの合計: 81pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

あなたは「特区」の存在をご存知だろうか? 最近の新聞紙上ではよく見かけるようになったが、特区に対する国民の認知度はまだ低い。
しかし、これからの日本の発展に間違いなく必要となる。 特区を活用して何が出来るのか?
この本で知識を深め、日本の未来にいかしていただきたい。

出版社からのコメント

現在政府が進めようとしている「特区」もその姿がはっきりと掴めない中、
ユニークな発想と緻密な考察で次々と大イベントをプロモート、成功させてきた著者が、
あるべき特区の姿を具体的に提案した本邦初の書です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 176ページ
  • 出版社: 飯塚書店 (2014/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4752260204
  • ISBN-13: 978-4752260202
  • 発売日: 2014/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,380位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
本書はまず、特区制度の必要性について、
「恐れを抱くものに対して部分的に解放するというやり方の方が全体的な解放よりも上手く立ち回れるということを
日本人が「あ、うん」の呼吸で知っているからだと思う」と推察する。

そして、「日本人はいったんこうだと決められると、そこにあてはまった動きをする傾向にあり、
枠をはみ出した考え方が発生しにくい」と警鐘をならす。
また、だからこそ、従来の概念からはみ出したものを最初から用意することによって、
初めて新しい考え方や発想が生まれるはずである、と主張する。

これは、日本をよりイノベーションが溢れる国にしていく上で、
特区制度それ自体が有する戦略的な意義を指摘している斬新な視点だと思った。

また本書には、氏の自由な発想力による具体的な特区の例も豊富に紹介されている。
ブレスト集として楽しい。

例えば、

'@産業認定特区で芸術家の町を作る
デザイナー、ゲーマー、大道芸人などに対して、特定の産業として認定を与え、所得税や法人税控除を設ける制度を作ったエリア。
全国から優秀な職人が集まるため町自体に魅力が出る。文化発信の拠点となる。(地域の意思に基づき、特定の
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
はじめは特区について ???でしたが、
分かりやすく、理解できました。皆様に読んでいただきたいです。これからの日本についてもっとよくわかるのではないかと思いました。高橋フィデルさんのマーケティングの本もとても参考になり、読むきっかけとなりました。彼の人生観も素敵だな。と思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
特区制度は、政府が設定し住民がついていくものだと思っていました。
でも、この本を読んで、本来住民の意思によって出来るものだという真逆の定義がとても新鮮で、私の常識が覆されました。

著者の、枠に囚われない自由な発想で次々と繰り出される特区のアイディアは、特区の可能性を示唆し、ワクワクさせてくれます。と、同時に、日本人の慎重な性格には、まずは枠を外れることを「試す」ということが必要なのではないかという、重要な問いを投げかけています。

いかに、日々の生活における発想が、知らず知らずのうちに枠にとらわれているか、そのことに安心感を覚え、枠からはみ出ることに恐れを抱いているか。無意識の日本人らしさを体現している自分に改めてハッとさせられました。

まさに「目からウロコ」が沢山のオススメの一冊です!』
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
特区について、わかりやすかった。
また、特区が、あったほうがいいのにな、とおもわせる内容でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告