通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
物語論 (講談社現代新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●カバー付です●外装に古本の使用感・スレありますが、ページは使用感少なく比較的良好です※全て読む事可能です●付録・特典などは明記のない限り付属しません●古い出版物はamazonカタログ写真と違う装丁の場合があります※内容は同じです●商品は防水ビニールで梱包→日本郵便『ゆうメール』で配送いたします※ポスト投函でお届けします●領収書が必要な際はご注文時にご連絡ください●当店は『環境保全活動』を念頭に『エコ包装』と『明細書のペーパーレス化』 に取り組んでおります●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

物語論 (講談社現代新書) 新書 – 2011/11/18

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2011/11/18
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 物語論 (講談社現代新書)
  • +
  • 仕事の小さな幸福
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

インタビュアーとして各媒体で活躍する木村俊介。
本作では彼がいままで話を聞いてきた多くの人の中から「いろいろと模索しながらいまの時代ならではの物語を紡ぎ出している人たち」に焦点を当てて、彼らの言葉を丁寧に書き起こす。
村上春樹、島田雅彦、伊坂幸太郎、重松清、弘兼憲史、かわぐちかいじ、荒木飛呂彦、杉本博司……、各分野で活躍する17人の創作者が語るそれぞれの「物語論」。

内容(「BOOK」データベースより)

物語が紡がれていく過程。17人の創作者が語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062881292
  • ISBN-13: 978-4062881296
  • 発売日: 2011/11/18
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,689位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

NHKの番組「プロフェッショナル」みたいなもの。かわぐちかいじや伊坂幸太郎の項は、十分な分量と、インタビュアーのやり取りが見えて、とても興味深かった。しかし、最初の村上春樹の項は、少なく過ぎて食い足りない。しかも、村上春樹のエッセーなど小説以外の本を読めば、どこにでも書いてあるような話で、新たな発見もなかった。物語論という大仰なタイトルだが、論じているとは思えない。有名作家のインタビュー集。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
タイトルに惹かれて読みましたが、論と題する程のものではありませんでした。
インタビュアーの姿があまり見えず、結果的に著名人の雑談集のようなものになっています。
タイトルに期待してしまったこともあり、残念でした。星二つ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カガトシ トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/16
表現することを仕事にしている人達が、
その仕事について語っている内容を物語論としてまとめている著作です。

語られる物語は、個性的で、
後世に語り継がれる物語は社会的な背景を持つからなのか。などと思った。
現在、現実との差異を表現。想像力。
誰のために語るのか。その意識が話者にどのように影響を与えるか?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/23
Amazonで購入
著者がこれまで各種雑誌等に掲載してきたインタビュー記事をまとめた作品で、まあ本のつくりとしては非常にお手軽なのだが、なかなかどうして面白い。小説家を中心に、漫画家やアーティストから編集者やウェブデザイナーまで、「物語」をつくるプロたちの創作論や仕事の流儀などが多種多様に語られており、(著者の意見は書かれていないので)読む側が勝手に比較考察しながら通読していくと、現代において「物語」を創造するとはいかなることか、という刺激的な問題について色々なアイデアがうかんでくる。というような思弁的な読みを許容するとともに、現代でも指折りの人気・実力をもつ創作者たちの作品づくりに際しての苦労話や工夫したポイントやファンとのかけひきなどを知ることができるだけでも、楽しい読書はできる。欲をいえば、ほかにも舞台関係の人や落語家(あるいは難しいだろうが宗教家)など、さらに幅広いジャンルの「物語」の作り手の話も一緒に並べてほしかったとも思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告