中古品
¥ 154
+ ¥ 290 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感(カバーにスレ、キズ、ヤケ、折れ跡など)あり。ページに多少のヤケ、ヨゴレ、スレ汚れ、大きな折れ、角折れあり。読むのに支障はないと思います。*迅速に発送いたします。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

物語消滅論―キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」 (角川oneテーマ21) 新書 – 2004/10/1

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 3,830 ¥ 154
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

テロとの戦い、ファンタジーの世界的ブーム、ネットでの中傷による殺人事件…。いまや社会において人々を動かしているのは「物語」である。80年代後半にイデオロギーによる社会設計が有効性を失い、複雑化する世界を見通すことが出来なくなった時、人々は説明の原理を「物語」の因果律に求めた。それは善と悪、敵対者、援助者など単純化された要素により成り立つ因果律である。それは分かり易さ故に人々を動員し政治をも動かし始めた。イデオロギーが「物語」に取って代わられた時代、世界はどこへ向かうのか?そのリスクはいかなるものなのか?「物語」が「私」と「国家」を動員し始めている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大塚/英志
まんが原作者、小説家、評論家、編集者。1958年生まれ。筑波大学人文学類卒業。日本民俗学専攻。まんが誌フリー編集者を経て、その後は、まんが原作者やジュニアノベルズ作家、評論家として活躍。『“まんが”の構造』『少女民俗学』などサブカルチャーとおたく文化の視野からの評論・社会時評が注目され、『多重人格探偵サイコ』『木島日記』の原作でも脚光を浴びる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/10/1)
  • ISBN-10: 4047041793
  • ISBN-13: 978-4047041790
  • 発売日: 2004/10/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 195,984位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2013年2月11日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2004年11月11日
形式: 新書
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年8月1日
形式: 新書
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年11月27日
形式: 新書
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年10月19日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年10月31日
形式: 新書
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年3月6日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年10月14日
形式: 新書
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告