Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 712
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[齊藤 実]の物流ビジネス最前線~ネット通販、宅配便、ラストマイルの攻防~ (光文社新書)
Kindle App Ad

物流ビジネス最前線~ネット通販、宅配便、ラストマイルの攻防~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 3.7 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 712
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 60

紙の本の長さ: 214ページ

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

物流を制するものがビジネスを制する――。物流は現在、経済全体に大きな影響を与える、極めて重要な存在だと認識されるようになった。ネット通販ビジネスが拡大し、私たちの生活に欠かせないものになった物流が企業の競争力を高める生命線となりつつあるいま、アマゾン、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など、各企業はどのような物流戦略を描いているのか。物流研究の専門家が、日本とアメリカを含めてその現状と課題を読み解く。

内容(「BOOK」データベースより)

物流を制するものがビジネスを制する―。これまで物流は、経済や企業を背後で支える地味な存在で、社会的に大きく注目されるようなことはなかった。しかし現在、物流は経済全体に大きな影響を与える、極めて重要な存在だと認識されるようになった。ネット通販ビジネスが拡大し、私たちの生活に欠かせないものになった物流が企業の競争力を高める生命線となりつつあるいま、アマゾン、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など各企業はどのような戦略を描いているのか。物流研究の専門家が、ドライバー不足に喘ぐ日本、そしてネット通販先進国であるアメリカの事情を含めて、その現状と課題を読み解く。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12517 KB
  • 紙の本の長さ: 236 ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/7/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01JKO3OZ4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 21,298位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 「『物流を制するものがビジネスを制する』といわれるほど、その動向に注目が集まっている現代の物流と実態と課題について(p.7)」論じる。
 amazon.comの取り組みの紹介から始まり、物流センター(入荷・保管・在庫管理・ピッキング・梱包・出荷を行う)、ラストマイル(家庭等への商品配送の最終工程)、宅配便の歴史・現状・日米比較、ドライバー不足問題、買い物難民とネットスーパーという内容構成。物流といっても、いわゆるB to Cの話に絞られていて、B to B や C to C の話題はない。
 入門書・概説書というよりは現状レポートという感じで、ハッと驚かされるような視点や分析はなかったが、こういう世界があるということを知るのは面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
筆者は『まえがき』で、かつて企業組織の中で物流部は、華々しさからはほど遠い、人事の「吹き溜まり」の部門であり、とりあえず必要な機能を満たしていればそれでよい経営戦略的に重要な部門ではなかったが、いまは「物流を制するものがビジネスを制する」といわれるほど、その動向に注目が集まっているとし、本書では、その現代の物流の実態と課題について論じていきたいとしている。 

筆者はまず第一章から第四章までで、現代の先端を走る成長ビジネスであるネット通販の現場で、物流がいかに重要な役割を担い、ネット通販ビジネスの生命線になっているかを論じたうえで、その物流の二つの重要な機能である「物流センター」と「ラストマイル(家庭や企業への商品の配送)」に焦点を当て、その様々な運用実態や、すべての業種のなかで最も高くならざるをえないネット通販の物流コスト問題、宅配便事業者の「運賃支配力」の弱さに起因する収益の悪化問題などを紹介している。ちなみに、ネット通販事業者が当日配送を積極的に推し進める理由は、単に消費者の満足度を満たすための差別化だけにあるのではなく、返品の防止にもあるという興味深い裏話的話題にも触れている。 

第五章では、ネット通販のラストマイルを始めとした我が国の物流における貨物輸送の大部分を担っているトラックのドライバー不足という深刻な問題を取り上げており、
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/8/4
形式: 新書
たくさんの種類の商品を扱い、最低1個単位で処理し、正確かつ迅速性を求められるネット通販の物流には、次の2つのものが必要になる。まず、商品を在庫として保管して、注文された商品の配送準備を行う「物流センター」。次いで、家庭やお店に届ける「ラストマイル」と呼ばれる最終工程。どちらも、しかりしたノウハウと投資が必要になる。ネット通販の物流コストは平均で12%、アマゾンでも売り上げに占める配送コストは10.7%に達しているという。

物流ビジネスについて解説した本。一般向けに平易に書かれている。また、近年の動向が中心となっている上に、今や多くの人に欠かせないものになったネット通販を中心に据えて説明しているので、関心を持って読める。

アマゾンは、物流システムの仕組みに大量の投資を行い戦略的に展開している。一方、楽天はもともと仮想モールであって、物流はそれぞれの企業がやっていたので、物流を楽天が支援する体制を作るときに苦労した。今では物流サービスを請け負う3PLと呼ばれる専門の企業もある。また、大規模な物流センターが相次いでいる。

ラストマイルの方は、3つの宅配便業者が熾烈な競争を繰り広げている。日本の配送業者のレベルは高く、各国と比べてサービスに対する顧客満足度は高い。料金は下がり続けてきたが、近年は値上げも行われている。そして、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
難しいそうなタイトルだと思ったら、まさに今のネットビジネスの事をわかりやすく興味をもってあっという間に読んでしまった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
個人的には物足りない内容でした。一般に知られる内容が列記してあるだけで、何か新しく学べたことはほとんどありませんでした。日経では高いポイントが付けられていましたが、ちょっとがっかりです。本屋で少し立ち読みした後に買われることをお勧めします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/31
形式: 新書
長年、物流を研究して来た筆者は、今ほど物流が注目されている時代はないと云う。本書では、拡大するネット通販市場、巨大化する物流センター、ラストマイル、ドライバー不足と処遇の問題、ネットスーパーなど、物流に関する今日的な話題を解説している。

本書で取り上げているテーマのかなりの部分に関連しているアマゾンであるが、「アマゾンフレッシュ」の背景に、ウェブバン幹部の教訓が生かされ、ウェブバンで物流ロボットを開発していた人材が、キバシステムズを経由してアマゾン・ロボティクスに移り、アマゾンの物流センターを効率化しているというストーリーは極めて興味深い。

小売業(通販)における売上高物流コスト比率は、一般の業種の約2倍となる12%とされ、そのウェイトは非常に大きく、それが故に事業者の収益性や社会に与える影響も大きいが、日本市場においては、「送料無料」としてその物流コストの大半を事業者が負担していることが、物流事業者の収益、ひいてはドライバーの処遇に大きな影響を及ぼしていることが分かる。

人口減や過疎化、少子高齢化などの人口動態を含め、今後の物流事情がどのように変遷するか、消費者としても関心のある分野を分かり易く解説した一冊である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す