再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

牝猫たちの夜 [DVD]  [アダルト]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
アダルト商品につき18歳未満の方は購入できません。
商品は外から見えないよう厳重に梱包してお届けします。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 桂知子, 吉沢健, 影山英俊, 浅井麻千子, 牧恵子
  • 監督: 田中登
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen, アダルト
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/09/22
  • 時間: 68 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000H5U1E8
  • EAN: 4988102152130
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

“性愛のリアリスト”田中登が監督、トルコ風呂に勤める風俗嬢たちの人間模様を描くエロスドラマ。新宿のトルコ風呂「花散里」の売れっ子・昌子は、恋人の本多から誠という男性にSEX指南して欲しいと頼まれる。“日活名作ロマンシリーズ”。R-18作品。

内容(「Oricon」データベースより)

選りすぐりの名作をデジタル・ニューマスター仕様でDVD化した日活名作ロマンシリーズ。1972年の新宿を舞台に、その状況と風景、漂泊する時代の気分を描いた官能ドラマ。桂知子、吉沢健、影山英俊、浅井麻千子ほか出演。R-18作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『牝猫たちの夜』(‘72)は田中登の監督第2作で、彼の独特のセンスが随所に漂う映画である。
あっけらかんと生きるトルコ(今でいうソープ)嬢たち。デパートのレストランでワイワイと昼食を食べるシーンで、でっかいソーセージがプレートに乗っていて、「あ~、仕事を思い出しちゃう。注文失敗しちゃった。キャハハハ」などと言ってかぶりつくところから映画は始まるのだが、明らかにこの映画の中には、若松孝二のピンク映画のような安保闘争世代の怒りは滾っていない。そんなものはなかったかのような、のどかな空気が漂っているのである。

「全共闘の時代が終わって挫折した後で、何となく世の中ふわっとして、自分たちのテーマがはっきり打ち出していけない、シラケというかすごい浮遊感があって。こういう時の感覚とか漂いとかっていうものをいま見つめていかないと、というのを感じたんですよ」(「映画監督 田中登の世界」Hotwax責任編集/シンコーミュージック・刊)

映画のタイトルからも、本作はトルコ嬢たちのお話だというのが判るのだが、実は面白いのは、途中から物語の視点はトルコ嬢のヒモの男と、彼をアニキのように慕うゲイの青年 ― つまり男たちの方に移っていってしまう、という事なのだ。
トルコ嬢のヒモ・本多は空虚な倦怠感を身にまとった人物で、演じるのは吉沢健。若松孝二の『
...続きを読む ›
2 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
流石日活!田中登幻の最高作!ちゃーんと売ってます。エライ!まだビデオすら無かった私の青春時代。コレ追っかけて観るのにどんなに苦労したか…多分小金井名画座あたりだったかなぁ…便利な時代になりましたがこんな時代じゃ若者の皆様は田中登ダメだろーなぁ…。もう観られただけで感動してましたんで早速新宿西口安田生命ビル前シャッターに座り込み映画を反芻したのを記憶しております。吉沢健さんよかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック