Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 350
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[五味洋治]の父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)
Kindle App Ad

父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫) Kindle版

5つ星のうち 2.8 83件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 350
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 150
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700 ¥ 492

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

故・金正日(キムジョンイル)総書記の正男(キムジョムナム)の肉声を世界で初めてスクープした新聞記者による衝撃の記録!

2001年に初めてその存在が報じられて以来、たびたびあらわれては、その言動やファッションがディープなインパクトを残してきた金正男。”自由人”として面白ライフを満喫する北朝鮮のプリンスに隠れファンが急増した。しかしここ数年は姿を現さず、異母弟の正恩(ジョンウン)が後継者となってからは動静がめったに表には出てこない。

2004年9月25日、北京国際空港の1階ロビーで日朝協議に出席する北朝鮮代表の到着を待っていた著者は、金正男と思われる男性と遭遇し、声をかけます。後日、正男は著者をはじめ、そのとき渡された記者へメールを送信。このときから著者と正男の、あわせて150通にもおよぶメールの交換が始まった。その内容や、2回の面会など、正男の肉声が克明に記される。

「三代世襲には反対」「父上には国家元首という点を離れて、厳しいながらも情が多かった記憶しかありません」「異腹の弟正恩の成長過程は知りません」などと率直に語る正男。ホテルのエレベーターでは日本語で「お先にどうぞ」と先を譲るなど、本書を読めば知的で冷静、ユーモアのセンスにあふれた彼の実像をあまさず伝えるのみならず、正男を温存する中国の意図を著者は鋭く洞察する。

日朝関係を考える上で外すことのできない一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

父上は厳しくても、愛情が深かった。「三代世襲」にはもともと否定的でした。祖父(金日成主席)に容貌だけ似ている弟の正恩が、どれだけ北朝鮮の人々を満足させられるか、疑問です。世界的スクープ!インタビュー7時間+メール150通。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1148 KB
  • 紙の本の長さ: 166 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/10/7)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LZYZ6P0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 134位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
金正男氏が自ら明らかにした内容とは言いながら、暗殺に結びついた同氏の世襲批判を全世界に広めた書。まえがきに「本書を出すことで、彼が危険な立場におかれることを私は望まない」と書いているが、本当に殺された後ではいかにも空々しい。ジャーナリストの役割は真実を報じることだと言うのだろうが、取材対象を生命の危険にさらしてまで出版し、「7時間インタビューとメール150通を世界初公開!」「20万部突破!」と喜んでいいものか。「文春オンライン」を見てみよう。ニュースに乗じ、改めてこの本を売ろうとしている。いかにも商魂たくましいが、倫理はないのか、と思う。
6 コメント 496人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2017年2月14日に金正男はクアラルンプール空港で暗殺されました。
著者である東京新聞の五味洋治氏は「人なつっこい性格だった。(殺害されたのであれば)他人への警戒心の弱さを突かれたのではないか」とコメントしたとのこと。まさに著者がそれを利用したのではないですか。金正男氏は'09年に金正恩に暗殺を企てられ、金正日が中国政府に保護を依頼したという事情を持っています。この本の出版について「ご理解をお願いします。北朝鮮の政権が、私に危険をもたらす可能性もあります」と懇願されたにも関わらず強行した結果、出版された年に暗殺されそうになっています。
そして暗殺後この記者は後悔の弁も無く、テレビ各局に出演して故人について語り、あちこちに記事を書いています。結果として、信用を得た取材対象者を裏切って売ったにも関わらず。報道人たるもの、取材対象者の安全が脅かされるような情報の出し方を決してしてはなりません。
5 コメント 302人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Dreamer トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/15
形式: 単行本
著者は責任を取るべきです。昨日、殺害のニュースを知り、この本の存在による金正男への影響を懸念してたので非常に心を痛めました。側近から出版をしないよう懇願されていたにも関わらず、営利目的で出版し、予想通り殺害されました。
非常に残念です。
コメント 440人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を出版することを金正男氏本人が同意したのだろうか?
まるで共著であるかのようなタイトルと装丁は明らかにそれを意図したものだろう。そうまでしなければ売ることができない文芸春秋も落ちぶれたものだ。
「本人から出版しないことを要請された」ことが事実かどうか知る由もないが、この本の内容が事実であるとすれば金正男氏が北朝鮮の現体制を批判し、崩壊を暗示し、中国の庇護のもとに解放改革政策を進めるであろうという著者の憶測までついた本書の出版を今の時期に容認するとは考えにくい。著者自身、先のインタビュー記事が本国を予想以上に刺激し正男氏に対する圧力が強くなったと認めているではないか。
極めて慎重ではあるが、明らかに誠意を持ってメールの質問やインタビューに答えている正男氏に対してひたすらスクープを狙った質問を友人を装いながら浴びせ続けるメールのやり取りの下りは読んでいて胸が悪くなる。
著者の前書きには、
「本書を出すことで、彼が危険な立場におかれることを私は望まない。祖国と対立する国の記者を信用して会ってくれ、メールで心の内を明かしてくれた正男氏には、心から申し訳ないと思う。・・・中略・・・私のこの気持ちを理解してくれると信じている。」(P.12)とまで書かれている。
「もっと(出版を)待っても良かった」のなら、本人と家族の安全を確認し
...続きを読む ›
2 コメント 538人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を出版した事で、危険に冒された。
本人の同意を得て出版すべき。

メールのやり取りなども書くべきではなかったし出版すべきでもなかった。

家族の安全を考えたら出版なんてできない。
2 コメント 357人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
北朝鮮は五年前から暗殺計画を立てていたらしいですね。
この本の発行年は「2012年1月19日」。
関連は明白です。
五味さんはこの件に関してどう責任を取るのでしょう?
コメント 272人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
金正男氏...夢の国や家族を愛し、病床の父を思いやり、身の危険を顧みずに
フランスから医師を伴い、母国に帰国するような心優しき男であった。
そんな金正男氏がクアラルンプール国際空港で暗 殺されました。

本誌には著者が直接正男氏とやりとりした電子メールが数多く掲載されており、
そのメールには母国の政治体制への批判や、指導者に対する批判が記されていて、
正男氏の身の危険に関わりかねない危うい内容となっていました。
彼の周囲からも出版に関しては慎重にとの意見があったにも関わらず出版されました。
本書は発売後各方面から注目されました。そう北 朝 鮮にも。
著者は本書の出版において、その後は金正男氏や北 朝 鮮の専門家のように扱われ、
今現在(2017年2月)も連日ワイドショー等で正男氏について語っております。
事件のきっかけになったのかもしれない本書の著者として、責任を感じて頂きたいが、
どうせジャーナリストとしての正当性しか主張しないのでしょうね。

金正男、貴方はイケメンな心の持ち主でした。ご冥福をお祈りいたします。
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover