¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白 単行本(ソフトカバー) – 2017/6/2

5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 2,664

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白
  • +
  • 今こそ、韓国に謝ろう
  • +
  • 「小池劇場」が日本を滅ぼす
総額: ¥4,208
ポイントの合計: 99pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「耐えられない」
父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることも、それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐えられません。
いったい私は吉田家最後の人間としてどうやって罪を償えばいいのでしょうか…。
せめてもの罪滅ぼしに決断したことがあります。

長男の決意から始まった「撤去」をルポ
日韓関係、「謝罪碑」、父が発信した虚偽、父・吉田清治とは何者か、日本と日本人への思い……
「吉田清治」長男がすべてを語る

「朝日新聞は父の証言に関する記事を虚偽と認定し、たくさん取り消しました。その中には八三年に父が韓国に建立した謝罪碑に関する記事も含まれています。つまり、父が建てた謝罪碑に刻まれている文言も虚偽だということです」

「これで慰安婦問題を終わらせたい! 」

【目次】
プロローグ 「父の謝罪碑を撤去します」
第一章 終わらせる
第二章 父・吉田清治
第三章 「語り部」にされた男
第四章 社会党、挺対協、北朝鮮
第五章 誰が「吉田清治」をつくったか
エピローグ リアリズム
あとがき

出版社からのコメント

5月12日の産経新聞1面で〈慰安婦「謝罪の碑文」取り消し〉と報じられたように、慰安婦問題の原点といえる吉田清治氏が建てた「謝罪碑」が「慰霊碑」に書き換えられました。
なぜ「吉田清治」長男は「謝罪碑」を書き換えようと思ったのか。
どのように書き換えは行われたのか。
なぜ「慰霊碑」という碑文にしたのか。
「取り消し」がいかに大変なことか。
長男の苦悩が明らかになります。
また、父・吉田清治とは何者か、誰が吉田清治をつくったのか、慰安婦問題とは何かもよくわかる内容です。
そして、「あとがき」で明かされる書き換えられた「慰霊碑」の衝撃の結末…。
日韓合意をはじめとする今後の日韓関係を考えるために必読の一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2017/6/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4819113127
  • ISBN-13: 978-4819113120
  • 発売日: 2017/6/2
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 307位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ボーン・ウイナー トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/6/24
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は日韓間に横たわる大きな問題、いわゆる従軍慰安婦問題の火付け役のA級戦犯は、朝日新聞・吉田清治・植村隆の3巨悪であると思っている。
朝日新聞はありもしない従軍慰安婦問題に火をつけた捏造記事を書きまくって日本政府(特に宮沢政権)を窮地に追い込んだコオディネーターとして一番たちが悪い。植村隆は朝日新聞の記者でありながら、韓国の反日団体挺対協関係者を妻に持ち、韓国の少女20万人を挺身隊の美名のもと、慰安婦に駆り出したという記事を書いた張本人である。
しかし、悪人中の悪人は稀代の詐話師、吉田清治である。
彼は、自分が行ったことさえない韓国の済州島で自ら慰安婦狩りを実行、罪のない韓国人少女を銃剣で脅してトラックに積み込んだと主張「私の戦争犯罪」なる著書をものにし、朝日新聞の宣伝に乗って日本各地で講演活動を行った張本人である。朝日新聞は2014年8月になって、吉田清治に関する記事は取り消し、植村隆の記事の誤りも認めたが、時すでに遅し、世界は日本を慰安婦狩りを行った野蛮国として、国連や米議会に糾弾される存在に貶めてしまった。
アマゾンの広告で本書の存在を知った私は飛びついて買った。
あの悪名高き吉田清治が韓国に建立した謝罪碑の碑文部分を、その長男が協力者の力を得てそぎ落とし、従軍慰安婦や強制労働者を対象にしない、「慰霊碑」なる文言に摺りかえてし
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
月刊誌『新潮45・2016年9月号』において、大高未貴さんによる「慰安婦像をクレーン車で撤去したい」という
タイトルの文章が掲載され、大いに話題になった。
それは「慰安婦問題を作った男」といわれる、吉田清治氏の長男に対して行ったインタビューを中心にして、
吉田清治はどういう人で、どういう経歴があって、なぜ「従軍慰安婦」というものを作り出していったのかが、
非常によく分かるような取材文章であったと思う。
 
私はその『新潮45』を読んでから、必ず大高未貴さんがさらにちゃんとした本にまとめてくれると信じていたので、
こうした形で最新情報を加えて、吉田清治氏の長男も誠実かつ様々な情報を語っているのは、非常に興味深く
思ったし、これは「慰安婦」とそれを利用した人々についての事実を知るために、多くの人が「読むべき本」だと
いっても間違いではないほどに重要なことが書かれた本だと言えるだろう。
 
本書では、吉田清治氏の長男が息子として責任を感じて、吉田清治氏が自費で韓国の地に建立したといわれ
ている「謝罪碑」を、せめて長男はそれを撤去することによって、父親がしたことのケジメをつけようとする。
しかし、日本にあるならばまだしも、韓国に建立したものなので撤去には大変なリ
...続きを読む ›
コメント 137人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読むとだんだん怒りがわいてきた。日本を貶め、賠償を何としても勝ち取り、永遠の外交カードにしようとする国の姿勢に怒りがわいた。また国内にもいる反日議員、土井たか子、清水澄子、本岡昭次が活動し、特に本岡氏に関しては民主党の参議院議員会長まで勤めておきながら国連にsex slaveというデマを広めた戸塚悦郎を送り込むということを行っていた。こんなひどいことが平然と行われていた事実に驚きと怒りをおぼえた。
この著書で慰安婦問題の根底には日本の旧社会党(社民党)、北朝鮮、挺対協、朝対委の関係などいままでわからなかったつながりがみえたことが非常に勉強になった。
最後に吉田清治氏の謝罪碑を撤去された長男、奥氏の行動に称賛を捧げ、終わりにいたします。。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/6/3
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「朝日新聞は父の証言に関する記事を虚偽と認定し、たくさん取り消しました。その中には八十三年に父が韓国に建立した謝罪碑に関する記事も含まれています。つまり、父が建てた謝罪碑に刻まれている文言も虚偽だということです。そういったものを放置しておくことは、日韓双方の方々にご迷惑をおかけすることになります。ですから遺族として撤去したいのです」(吉田清治氏の長男)

故吉田清治氏が韓国・天安市の「望郷の丘」に建立した謝罪碑について、その長男がそのままにしておくべきではないと考え、代理人を通じて、頑丈にコンクリートで据えられていて容易に撤去はできない状態のその碑に「慰霊碑」としたものを新たに貼り付けた。この碑は元々韓国側に寄贈されたものではないので、所有権は韓国側にはなく清治氏の遺族側にあるという。本書は、この故清治氏の長男のインタビューを中心に、本来虚実が入り混じったフィクションのような清治氏の文章や発言が証拠として利用され拡散されていった経緯を振り返りながらまとめられている。

清治氏は長男には厳しく接することはなく、子煩悩で、勉強がよくできたことが嬉しかったようだ。ただ、家が貧しかったので普通に大学に行くのが難しく、長男も次男も当時社会主義を広める意図もあって各国から留学生を受け入れていた旧ソ連に、学費も旅費もすべてタダという条件で留学している。その
...続きを読む ›
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー