通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
父と私 (B&Tブックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付き】全体的に綺麗です。Amazon専用の在庫につき在庫切れはございません。速やかに発送をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

父と私 (B&Tブックス) 単行本 – 2017/3/7

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 784
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 父と私 (B&Tブックス)
  • +
  • 帝国大学―近代日本のエリート育成装置 (中公新書)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幼少期から父の死に至るまでの四十七年間もの間、深い絆で結ばれてきた父と娘。昭和から平成という激動の時代をともに歩んできた著者が、研ぎ澄まされた感性とクリアな視点を通し、時にユーモアを交えながら活写する田中角栄氏の実像。次の世代に向けた究極の“田中角栄"本である。
娘は父から何を学び、父をどう支えてきたのか。そして今、何を次代に伝えようとしているのか。名宰相・田中角栄を傍らで見つめてきた真実が著者自身の筆で記されている。

出版社からのコメント

娘から見た、政治家・田中角栄氏とは? 真紀子氏の足跡をたどりつつ、今、初めて明らかにされる実像!
著者が父とともに歩んだ四十七年間の濃密な日々を研ぎ澄まされた感性とクリアな視点で
ユーモアを交えて活写した究極の"田中角栄像"


登録情報

  • 単行本: 308ページ
  • 出版社: 日刊工業新聞社 (2017/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4526076767
  • ISBN-13: 978-4526076763
  • 発売日: 2017/3/7
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私個人は面白く読んだ。昨今の角栄ブームの本と違って、
政治家・田中真紀子ではなく、娘としての視点から描かれている。
そのため、ある面で肉親の「角栄礼賛」のべたっとした感触も残るかもしれないが……。

著者自身「他人から父について聞かれることが煩わしい」と冒頭で書かれる。
なのになぜ活字にしたか……
それは昨今の「角栄本のなかに、伝聞や自己宣伝の匂いを感じた」からだと言う。
娘の目から見た「父親論」として読むには面白いが、
「びっくりするようなことが書かれているのでは……」という期待は少しはぐらかされるかもしれない。
それでも、有力議員の裏切りや親交など、著者にしか書けない逸話もかなり多い。
金大中事件のときの話も興味深い。

ロッキード事件がテレビで報じられたとき、角栄は、
「これは何だ!!」と音量を大きくさせた……この生々しさは
本書の白眉かもしれない。あのころの政治の断面の断面図だろう。

また、角栄譲りの田中真紀子の弁舌なども、
単に「親子」というだけでなく、角栄自身が「そう育てた」ことも垣間見える。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
田中角栄とゆう人に関心があって(好きで)一気に読みました
角栄本は今まで何冊も読んでいますが、家庭での事柄も書いてあり興味深く読みました
残念なのは訂正が何か所もあったことです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人間・田中角栄を一番憎み、一番愛していたであろう著者が綴った、″究極の角栄本″というキャッチに惹かれて購入。これまでに語り尽くされた話の焼き直しなのでは・・・と疑いながら読み進めて行ったが、そういう類の話も確かにあったものの、金大中事件の際の秘話など、初めて世に出る話も出て来て、当初の期待以上に読み応えがあった。著者には活字だけでなく、映像媒体にもぜひ登場いただき、著者にしか知り得ない、田中角栄の実像を語っていただきたいものだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボーン・ウイナー トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/5/9
形式: 単行本 Amazonで購入
田中角栄と言う人物に興味があって、角栄と生活を共にした人々の著作を何冊か読んだ。
越山会の女王と呼ばれた佐藤昭さんの「私の田中角栄日記」
佐藤あつ子さん(佐藤昭さんと角栄との間に生まれた婚外子)による「昭 田中角栄と生きた女」
辻和子さんによる「熱情 田中角栄をとりこにした芸者」
田中 京(辻和子さんと角栄との間に生まれた男性)による「わが父  田中角栄」などである。

今の世の中だったら、これだけ派手な女性関係は政治家として許されることではないが、当時は時代が違ったのだろう。

今回、角栄の嫡出子、真紀子さんによる本が出たので飛びついて買ったが
内容は至って凡庸でがっかりしたと言わざるを得ない。
父の田中角栄の偉大さに圧倒されて角栄礼賛の一辺倒である。
真紀子さんが、父角栄の女性関係をどの程度知っていたのかははっきりとした記述がないが
本文中「秘書とスタッフ」と題するところに
「離婚を繰り返し、水商売に就いたり辞めたりして、その都度、違った子供を連れてきて平然とお金をせびりに来た女性もいた」との記述があるが、これは辻さんのことを書いたものなのか。
また「・・・・事務所に押し掛けて、勝手にお茶出しや電話番をするようになった」女性とは佐藤昭さんの
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今まで何冊か田中角栄さんに関する本を拝見しましたが、お嬢様の眞紀子さんの視点がやはり真実味を覚えました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告