父と暮せば 通常版 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

父と暮せば 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,400より 中古品の出品:14¥ 1,116より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ父と暮せば¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 父と暮せば 通常版 [DVD]
  • +
  • 父と暮せば (新潮文庫)
総額: ¥3,542
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 宮沢りえ, 原田芳雄, 浅野忠信
  • 監督: 黒木和雄
  • 製作者: 石川富康, 川城和実, 張江肇, 金澤龍一郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2005/06/24
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007WWG0S
  • JAN: 4934569622419
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 55,845位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   名匠・黒木和雄監督が『TOMORROW 明日』『美しい夏・キリシマ』に続く戦争レクイエム三部作完結編として、井上ひさしの同名戯曲を映画化したヒューマンドラマの秀作。取り組んだ原爆投下から3年後の広島、愛する者達を一瞬の閃光で失い、自分が生き残っていることに負い目を感じ続けている美津江(宮沢りえ)の前に、原爆資料を収集している木下(浅野忠信)が現れた。彼に心惹かれながらも恋心を押さえつけようとする美津江を父(原田芳雄)は常に励まし続けるのだが……。
   出演者は3人(戯曲では父娘のみだった)というシンプルな構成の下、広島弁での父娘の心和む会話を連鎖させながら、ドラマはほのぼのと、しかしあくまでも原爆の悲劇を機軸にした切なく悲しいものとして進められていき、その中からやがて未来の希望がかもし出されていく。飄々とした父を好演する原田と、清楚な美しさを自然に体現する宮沢とのコンビネーションが素晴らしい。宮沢は本作でキネマ旬報主演女優賞を受賞した。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

広島の原爆投下から3年、生き残った後ろめたさから幸せになることを拒否し、苦悩の日々を送る主人公・美津江と父・竹造が悲しみを乗り越え、未来に目を向けていく…。作家・井上ひさしの戯曲「父と暮らせば」を黒木和雄監督が映画化。出演は宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
「生きているのが申し訳のうてならん」
娘の痛切な言葉が、記憶に新しい事件の生存者の言葉と重なった。
JR福知山線での電車脱線事故で、生還した被害者が同じような言葉を口にされた。しかも、それは1人や2人ではないという。
原爆と事故、背景は違う。しかし両方とも、勿論生き残った人に責任があるわけでは無い。周りの人が、そして当人がそれを分かっていても割り切れない複雑な感情が、人には存在する。不謹慎なことではあるが、現実的にそれがあることが分かってからこの映画を見て、『父と暮らせば』のリアルさを実感した気がした。
そんな、亡き人への罪悪感から、幸せになることを禁じ、恋から目を背ける娘の前に現れた、恋の応援団長こと父の幽霊。彼は幽霊“らしく”ない。ひょうきんで感情的で、料理もする。娘もまた彼を幽霊らしくないことを感じているのだろう、お茶や饅頭を食べられないと言われ、思い出したように「そうじゃったな」と言う。そんな娘も、父の表情も寂しそうだ。
父は、娘の恋を成就させるためだけに現れた。彼の願いはただ娘が幸せになることで、それは原爆の火災から娘を逃がしたあの日の、「お前が逃げんゆうんなら、わしゃ今すぐ死んじゃるど!!」という言葉にすべての感情が表れている。
あの日の別れは、納得の上でとはいえ、お互いにとって辛いものだった。こんな別れは二度
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/3/17
形式: DVD
登場人物は基本的に3人。物語のほとんどは、主人公の宮沢りえと、その父役の原田芳雄の会話劇となる。テーマは暗く重い。でも、ほぼ全編を占める父と娘のやり取りは時に激しく、時にユーモラスで、慈愛に満ちています。広島弁を駆使したセリフの巧みなこと。明るく楽しい雰囲気で、しかし、とてつもなく悲しい物語が紡がれてゆく。
父親の登場は葛藤する主人公の分身であることを暗示している、と同時に、原爆の犠牲者の分身でもあるのだろう。主人公が「うちは、しあわせになってはいけんのや」「生きているのが申し訳のうて」という気持ちを持ってしまうのは、悲痛である。いじらしいばかりの生き様。彼女の分裂する気持ちの葛藤、娘の幸せを願う父親の激しい思い...。
チラシやポスターにあるとおり、「おとったん、ありがとありました。」これは主人公の最後のセリフです。葛藤していた分身との整理がついて、もう、おとったんを必要としなくなったということなのだ。舞台劇の映画化ということもあってか「舞台の空気感」を意識して、映画らしい演出は極力少なくしていますが、これぞ映画という演出もちゃんと用意されています。強い反戦メッセージと共に...。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コマンチェロ VINE メンバー 投稿日 2006/8/27
形式: DVD
黒木和雄監督と言えば、「竜馬暗殺」や「祭りの準備」のリアルな描写が好きだったが、それ以後の作品は今ひとつしっくりこず不発のイメージが強くなり、あまり観なくなっていた。久しぶりに観た彼の作品には彼の底力でみなぎっており、十分堪能できる傑作だった。

この映画は原爆投下から3年後、想う人のいる娘(宮沢りえ)のもとに死んだ父親(原田芳雄)が恋愛応援団として現れるという設定。宮沢と原田のほとんど2人芝居で構成されている。彼等2人の芝居は舞台を観ているというよりも、2人の戦争体験を聞いている1人として芝居に参加しているかのような不思議な感覚になる。原爆投下後の焼け野原や焼け爛れた被爆者等の特殊効果を用いたシーンをほとんど廃し、親子の会話と原爆の痕跡の品々(原爆資料)で原爆の悲惨さを観るものにイメージさせるという手法をとる。

被爆者の体から出たガラス片・・・むごいことよね

原爆瓦・・・とげとげしいね

原爆の熱でゆがんだ水薬のビン・・・おとろしいね

こんな原爆資料と会話により原爆のイメージがCGよりもリアルとなり、恐ろしさも増す。特に、一寸法師の物語に原爆資料を盛り込んで子供たちに伝承しようとする父親のアイディアを自ら劇中劇として演じる原田は鬼気迫る。

原爆投下のシー
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/3/17
形式: DVD Amazonで購入
登場人物は基本的に3人。物語のほとんどは、主人公の宮沢りえと、その父役の原田芳雄の会話劇となる。テーマは暗く重い。でも、ほぼ全編を占める父と娘のやり取りは時に激しく、時にユーモラスで、慈愛に満ちています。広島弁を駆使したセリフの巧みなこと。明るく楽しい雰囲気で、しかし、とてつもなく悲しい物語が紡がれてゆく。
父親の登場は葛藤する主人公の分身であることを暗示している、と同時に、原爆の犠牲者の分身でもあるのだろう。主人公が「うちは、しあわせになってはいけんのや」「生きているのが申し訳のうて」という気持ちを持ってしまうのは、悲痛である。いじらしいばかりの生き様。彼女の分裂する気持ちの葛藤、娘の幸せを願う父親の激しい思い...。
チラシやポスターにあるとおり、「おとったん、ありがとありました。」これは主人公の最後のセリフです。葛藤していた分身との整理がついて、もう、おとったんを必要としなくなったということなのだ。舞台劇の映画化ということもあってか「舞台の空気感」を意識して、映画らしい演出は極力少なくしていますが、これぞ映画という演出もちゃんと用意されています。強い反戦メッセージと共に...。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す