+ ¥459 配送料
通常4~5日以内に発送します。
Kindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、ECJOY!ブックス が販売、発送します。
+ ¥330 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


燕都の残照〈地の巻〉石鼓文を巡る甲論乙駁 (日本語) 単行本 – 1998/11/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥800
お届け日: 11月29日 - 12月2日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

天の巻に次ぐ第二弾!石鼓文は果たして漢字の原点の大篆文字なのか、成立は?千数百年間に大陸を彷徨した石鼓の希有な歴史と謎。日本敗戦直後の1945年深秋、中国北京の故宮博物院がそれを解く。

内容(「MARC」データベースより)

千数百年間に大陸を彷徨した石鼓の希有な歴史と謎。石鼓文は果たして漢字の原点の大篆文字なのか。日本敗戦直後の1945年深秋、中国北京の故宮博物院がそれを解く。

登録情報

  • 発売日 : 1998/11/1
  • 単行本 : 239ページ
  • ISBN-10 : 4924981184
  • ISBN-13 : 978-4924981188
  • 出版社 : ツーワンライフ (1998/11/1)
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません