通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
燃えよ剣 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね状態良好。下部に少イタミありますが、全体的に良い状態です。◇通常2営業日以内の発送となります。クリックポスト・ヤマト運輸等で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

燃えよ剣 新書 – 1998/9

5つ星のうち 4.5 37件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,670 ¥ 941
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,337
¥ 1,337 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 燃えよ剣
  • +
  • 新選組血風録 (角川文庫)
  • +
  • 新撰組顛末記 (新人物文庫 な 1-1)
総額: ¥3,007
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幕末の激動期、類のない苛烈な軍事集団「新選組」を作り上げて世を震撼させ、幕府に殉じて壮絶な生涯を生きぬいた土方歳三を描く

内容(「BOOK」データベースより)

武州多摩の田舎剣士、近藤勇、土方歳三とその仲間が、清河八郎の率いる幕府徴募の浪士組にまじって京へ上ったのが文久三(一八六三)年の二月。曲折を経て、同じ尊皇攘夷であった志士たちが倒幕へ傾いてゆく時勢のなかで、ひとり近藤、土方の新選組は佐幕の道をつき進み、京都守護の会津藩の先兵となって、池田屋襲撃などを決行し、長州藩、土佐藩ほかの憎悪の的になっていった…。―その新選組を創り上げた土方歳三は、最後まではげしく時流に抵抗し、滅びゆく幕府に殉じた。稀代の漢の生涯を巧みな物語展開で描いた傑作長篇小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 663ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1998/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416317950X
  • ISBN-13: 978-4163179506
  • 発売日: 1998/09
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,575位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/14
形式: 新書
「燃えよ剣」は有名なので知ってはいたが、古い本ということで手を出せずにいた。しかし、読んでみてビックリ!!ものすごく読みやすい!殺陣のシーンや、恋物語のシーン。ズイズイと物語に引き込まれていく。少々漢字が多いが、問題ないレベル。
 土方歳三が主人公だが、読み終わったあとに来る想いは「カッコいい・・・」こんなにかっこよくていいのだろうか?と思うくらいである。
 カッコよく、美しく、そしてなにより悲しい物語。本当に皆に読んでほしいです。僕のように躊躇しているようなら、読んでください。最高の作品です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は、この本を読むまでは、アンチ土方さんでした。けど、この本を読んでから、惚れてしまいました!彼の行き方は、すごくかっこいい!!今まで、土方さんのことを誤解していました。読んで良かったです。私みたいな人に読んで欲しかったり・・。沖田さんのエピソードとか、ぽいなって感じでした。面白い本だったので、すぐに読めちゃって終わった後に、もう一度よみたくなるかんじ。読もうかどうか迷っている人は、とにかく、一度読んでみてください。おもしろさを保障いたします!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
司馬遼さんの小説の中でどれか一つとなると、やはりこれを選ぶしかありません。 とにかく、どんなに温厚な性格の人をも“男として生まれたのならこんな風に生きてみたい!”と奮い立たさずにはおかない男性美学の究極の魅力に満ち溢れた作品ではないでしょうか。 “男性美”と書きましたが、それは決して暴力的で野蛮なマッチョイズムではなく、己の信念にただ純粋に生きるーという意味においての美です。 げんに土方歳三は歴史上の勝者ではないのですからー。 勝ちだの負けだの、世間の評判だの名声だの、得だの損だのー、そんなものをすべてかなぐり捨てて、ただ己の信ずるが所の道を行くー。 それが出来れば人間すべからく“幸せな人生”を生きられるわけであり、その点においてこの作品は“時代小説”の範疇を超えて、全ての人間に究極の至福のひとときを提供できる最高のエンターテイメント=芸術作品となるのではないでしょうか。

全編これカッコいい見せ場の連続なのですが、特に歳三が函館で官軍に特攻をかける場面や、“お雪、横浜で死んだー”に始まるラストの一文は司馬さん一世一代の名文ではないでしょうか。  また恋人・お雪さんとのラブシーンの濃厚さ。 これまた、これまで文章で書かれたあらゆるセックスシーンの中でこれ以上のものがあっただろうか(エロいーという意味ではなく、もはやそれを通り越しています)ー?という出来。 ホント、男としてこんな風に生きられればー、チクショー。 とにかく問答無用で読んでくださいーとしか言えない作品ですね。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
シバリョウの「新撰組講談」
本作の司馬遼太郎は、文体が違う。
まるで講談の速記本のようだし、
講談師がちょっと手を加えて、語ればそのまま
講釈場にかけられるくらいだ。

「土方歳三沖田総司分倍河原の血闘」
「遁げるが勝ちでぇ」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シバリョウの「新撰組講談」
本作の司馬遼太郎は、文体が違う。
まるで講談の速記本のようだし、
講談師がちょっと手を加えて、語ればそのまま
講釈場にかけられるくらいだ。

「土方歳三沖田総司分倍河原の血闘」
「遁げるが勝ちでぇ」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
司馬氏の描くに好きな男というのは、一本筋を通して、死をも顧みることなく闘い続ける人、なのでしょう。政治、特に自分の保身・出世というものに重きを置く生き方や勇気のなさを彼は最も侮蔑しているような気がします。俗とは無縁でどこかすがすがしく、爽やかな印象を感じさせる印象が最も好む人物像のような気がします。無論、その人物の歴史的・社会的な意義についての評価は常に分かれるもの。土方歳三という人もそのひとりだと思います。

どことなく、俗っぽい近藤勇に対して、あくまで土方は幕府に殉じて徹底的に戦い続ける、という点においてぶれがありません。それは、函館で幕府軍の幹部になるまで自己を一介の喧嘩屋と認識し続けた、という一点において一貫しています。

京都で血生ぐさい殺戮や内部抗争を経た後、最後の地、函館で土方は身内の斉藤一らを意図的に逃します(後に斉藤が土方を「奇妙な人」と評しているのは面白い。また、斉藤は実際には函館には行っていないようです)。最後に見せた暖かさみたいものが、鬼と呼ばれたこの人物、いや、本来の人間というものに安心感を覚えさせてくれます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー