通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 1972/5

5つ星のうち 4.7 172件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 321
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • 燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 新選組血風録 (角川文庫)
総額: ¥2,656
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

幕末の日本で、敵からも味方からも最も恐れられたのがこの男。

幕末の動乱期を、新選組副長として剣に生き、剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑なな生涯。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、自身も思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。人気抜群、司馬遼太郎の“幕末もの”の頂点をなす長編。

内容(「BOOK」データベースより)

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、“幕末もの”の頂点をなす長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 576ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1972/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410115208X
  • ISBN-13: 978-4101152080
  • 発売日: 1972/05
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 172件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,132位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『竜馬がゆく』が人間の生き様を、『峠』が武士の生き様を描いた作品であるならば、漢の生き様を描いたのが本作『燃えよ剣』。
組織作りの才能と動乱の世に生まれた男としての信条を、一つの美学にまで昇華させ、そしてそれを新選組という徒花で表現してみせた土方歳三。
思春期の男子が読もうものなら、人生観そのものを揺るがされかねない名作です。

「史実」がどう、とかの批判もあるでしょうが、そもそもそんな批判が出ること自体、本作に描かれた土方歳三がいかに活写されているか、それがいかに多くの読者の心を震わせたかを物語っていると言えるでしょう。
幕末小説、司馬小説の入り口として自信を持って推奨いたします。
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
司馬遼太郎氏の小説は「古めかしく難しい」と勝手に思いこんでいた。それが、この夏の旅行の際、駅で「新潮文庫の一〇〇冊」から何となく購入して電車の中で読んだ。あまりにおもしろくて、五時間の旅があっという間だった。終わりに近づくにつれ、悲しくて切なくて、このままでは電車の中で号泣してしまうと思い、続きはホテルで読んだ。
土方歳三とはこんな男だったのか・・・・・立ち会いのシーンやお雪とのひととき、新撰組の終焉の場面などはあまりに生々しく、映像で見るよりはるかに真に迫っている。すばらしい本に出会えたと感謝している。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品の素晴らしさは、すでに多くの方が語り尽くされていると思うので、一言だけ。
この小説のラストシーンは、司馬遼太郎という作家が、本質的に詩人であったことを、もっとも鮮やかに示していると思います。
何と哀しくも美しいラストシーンでしょうか。そして、何と美しい言葉の連なりでしょうか。本を読んでいて、思わず唸ることなんて、人生で何度もありません。この作品は、恐ろしいまでに美しい。
こんなにも美しいものがある世の中なら、もう少し頑張って生きてみようかと思った。
お勧めの一冊。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
人生は勝ち負けではない。
決めたことを貫く、男の人生が描かれている。

明治維新で活躍した人物の中で、一番かっこいいのは土方歳三であろう。
かっこよさは、歴史に与えた影響や、政治的な意味合いの大きさでは測れない。

自分の意志を貫くことが、たとえ歴史上間違いで、結果が惨敗でも、
かっこいいことであることを、証明してくれている。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「新選組副長・土方歳三」
この本を読まれた方なら、おそらく一生、この名前を聞くたびに、魂の奮えを感じる事でしょう。

何事か成し遂げた人生、は素晴らしいと思いますが、たとえ賊軍になっても、敗れて死んでも、
「どう生きたか」という「生き様」に美学がある事を知りました。
その美学を支える強烈な個性と意志が、気弱な私にとっては永遠の憧れです。

敗北がほぼ決定した中、単騎で官軍に斬り込むラストシーンは、涙なくして読みません。

剣道に勤しんだ高校時代に初めて読み、それから文庫本を3冊読み潰し、今回はついにKindleになりました。
私の人生最良の書として、僭越ながらお勧めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/17
形式: 文庫
人にはさまざまな生き方がある。主人公である土方歳三は武士として剣によって生きる道を選んだ。それは新撰組のためでも幕府のためでもなくただ自分が選んだ道だったに過ぎない。後半新撰組が崩壊して五稜郭に戦いで独り官軍に斬り込んでゆく姿は自分の哲学に対する唯一の答えだったのかもしれない。
命を賭して自分を見出した誇り高き武士土方歳三を描いた珠玉の一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
幕末の動乱を新選組、わけても副長土方歳三を中心に描いた、いわずと知れた名作。土方を中心にするといっても、近藤や沖田など他の新選組隊士の人物像もこの作品で確立されたといってよい。新選組をテーマにした他作家の作品も、司馬遼太郎の影響を免れていないのが事実だろう。
新選組は戦闘力において幕末最強の剣客集団、その隊規も凄まじいものがあり、もはや現代人の感覚を遥かに逸脱している。事実上の新選組運営者の土方の信念とは理屈ではなく、「漢」の生き方であった。真に時代の大局を見据えた坂本竜馬とは対照的だが、ひとつの貫徹した生き方として胸を熱くするものがある。「竜馬がゆく」と併せて読んでみるといいかもしれない。その他の新選組エピソードを知りたいなら「新選組血風録」がおすすめ。
しばしば難しい(というより古い)語彙が用いられているにもかかわらず、どんどん読み進んでしまう名文も勿論健在。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック