通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
燃えさかる火のそばで―シートン伝 (ハヤカワ・ノン... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2006年初版。カバーに、若干のスレ、ヤケが見られる以外は、良好な状態です。中身は、使用感乏しく、きれいに読まれています。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


燃えさかる火のそばで―シートン伝 (ハヤカワ・ノンフィクション・マスターピース) (日本語) 単行本 – 2006/2/1

5つ星のうち3.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥5,190
¥5,190 ¥1,654
お届け日: 12月6日 - 7日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
6 時間 8 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

膨大な『動物記』の著作で知られるシートンは、自然保護の活動にも熱心であった。世界各地の講演で、鳥の鳴き声をまねてみせ、広野の中で野生動物に出会ったときの感動を語り、生きものが消え去った森の静寂さを嘆き、こう訴え続けた。「われわれは、われわれの子供たちのものを奪ったのです」単なる感傷ではなく、野生生活の体験と、豊かな学識に支えられたシートンの言葉は、彼の死後60年を経た今日でも、われわれの心を深く揺さぶり、強い印象を残す。その生涯を自然とともに生きたシートンの豊かな人生を、公私にわたり彼を支え続けたジュリア夫人が描く二十世紀最高の動物学者の伝記。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シートン,ジュリア・M.
1889年、ニューヨークに生まれる。野外調査、講演活動、執筆作業などに多忙な日々を送るシートンを秘書として支え続ける。ジュリア自身はインディアン文化の研究家でもあり、1930年には初の著作『Rhythm of the Redman』を発表、この作品の挿絵はシートンが描いている。1935年に二人は結婚し、3年後に養女を迎える。1946年のシートン死後、ジュリアはサンタ・フェのシートン・ヴィレッジと博物館の管理をしながら著述と講演を続けた。1975年没

佐藤/亮一
1907年、青森県に生まれる。慶應義塾大学法学部政治科卒業。毎日新聞記者、共立女子大学教授を経て、日本翻訳家協会会長を務める。94年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/2/1
  • 単行本 : 479ページ
  • ISBN-10 : 4152087072
  • ISBN-13 : 978-4152087072
  • 出版社 : 早川書房 (2006/2/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。