Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小松成美]の熱狂宣言 (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

熱狂宣言 (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 295

商品の説明

内容紹介

「私は、若年性パーキンソン病です」
「外食業界のファンタジスタ」の異名をとる、ダイヤモンドダイニング社長・松村厚久。熱い情熱と才気迸る男を襲った過酷な運命は、彼をさらなる熱狂へ駆り立てる。小松成美、渾身の書き下ろしノンフィクション。

日本の外食業界に常に新風を巻き起こし続ける「ダイヤモンドダイニング」の創業社長・松村厚久。彼の外食業界における評判は、凄まじい。「フード界のファンタジスタ」「食とエンターテインメントを融合させた天才」「レストラン業界のタブーに挑んだ男」と絶賛される一方、特異な経営方針や出店計画の度重なる見直し、他にはない個性的なコンセプト主義を表して「異端児」「無計画経営者」「目立ちたがり屋」「ビックマウス」と揶揄されることも少なくない。
高知から上京、サイゼリヤでのバイト、ディスコの黒服、日焼けサロン経営を経て外食業界に参入した松村は、奇跡の100店舗100業態を達成。2015年7月には、東証一部上場を成し遂げる。しかし、彼は熱狂的に働きながら、「若年性パーキンソン病」という過酷な病と闘っていたのだった。苛烈な人生を、全身全霊で生きる一人の男を描く、渾身のノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

外食業界のスター、東証一部上場企業・ダイヤモンドダイニング社長・松村厚久。圧倒的な情熱と才気で業界を革新し続け、さらなる躍進を夢見る彼には、決定的な宿命があった。誰にも言わず、進行する若年性パーキンソン病と闘い続けていたのだ―。人知れず涙しながらも自分を鼓舞し、闘い続ける日々を克明に綴る、感動のノンフィクション。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1316 KB
  • 紙の本の長さ: 218 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/9/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LNC3Q5Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,862位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
こういった素晴らしい本に出会えて、感謝しました。明日がないかもしれないと奮闘しながら生きる方の生き様には計り知れないものがあります、こちらを読んでみてからは、自身もそれだけ時間を大切にしたいと思いますし、勇気と元気をもらえます。結果を出す方にはそれなりの人生論や生き様があり、参考になります。
ここ最近でよんだ中で私にとっては最も印象に残る本となりました。気に入ったため知人にも勧めました。
ビジネスをしている方には特にオススメです。こんな素敵な本を世に出してくれたことに感謝します。もっと早く読んでいればよかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 とても面白く読めたのだが、違和感が残った。何が違和感の原因なのか。よくよく考えてみると
登場人物が全員、善人だらけである点だ。これは本当なのだろうか。

 僕は、やや斜に構える部分がある。従い、ここに出てくる全員が常に善人であるとは到底
思えない。むしろ主人公と競合の立場にある方もたくさん出てくる。彼らは若手ながらもやり手の
実業家達である。どうしてそう簡単に常に「善人」でいられるものかと僕は思ってしまうのだ。

 但し、「そうであってほしいな」と思わせるものも本書の魅力の一つである。小松成美の
本の特徴は、描き出す主体との距離の近さにあると前から僕は思っている。
 一定の距離感を持って描き出す対象に臨むという冷静な書き方もあろうかと思う。しかし
小松はその手法は取らない。圧倒的に対象に近い。抱きついているように見える。
 つまり対象への愛情が極めて強いということなのだと思う。それはそれである種の暑苦しさ
に繋がる場面もある。但し、それが小松の本を読むということなのだ。僕は、そう思う。

 主人公である松村という方の回復をお祈りする。日本の外食産業は厳しい。その中で
異彩を放てる方がいるということは大事なことだからだ。

 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
素晴らしいです。買ってよかった!どんな人でも読むべき。おすすめです!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
恐らく彼の状態は現代の医学では厳しく、経営にも影響する可能性があると思います。
それにも関わらず、こうして病を宣言し、周りが助けようという気持ちにさせるのは、松村さんの人柄なんだと思います。

できればこの先、巨額の富を自身のものとせず、パーキンソン病克服の治療研究に寄附とかするエピローグが欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover