通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、全体的に使用感、日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理 単行本 – 2003/12/23

5つ星のうち 4.4 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 129

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理
  • +
  • アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン
  • +
  • ピープルウエア 第3版
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 190pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   ソフトウェア開発のプロジェクト管理において、人間中心の独自の視点からユニークな見解を見せるトム・デマルコが、各方面で話題を呼んだ『ピープルウェア』でのパートナー、ティモシー・リスターと再びタッグを組んだ。今回のテーマは「リスク管理」。昨今のシステムの大型トラブルを持ち出すまでもなく、リスク管理の重要性はさまざまな方面で説かれてきた。しかし、「リスク管理」とは具体的にはどういうことを指すのだろうか。本書はその定義を明確にし、予測できないリスクを数値化する手法を紹介する。リスクを避けるのではなくリスクをとることによってしか、ライバルとの競争で優位に立つことはできないのである。

   デマルコは、リスク管理を「リスク管理は大人のプロジェクト管理だ」(第2章)の一言で定義している。子どもは都合の悪いことを知らなくてもよいが、起こりうる悪い事態を認識し、それに備えるのが大人である。それこそまさにリスク管理であるということだ、と。プロジェクトにとって望ましくないリスクを半ば無意識に葬ってしまうことや、「間違えるのはかまわないが、不確かなのはだめだ。」(第6章)とする旧来的な企業文化は厳然として存在するが、デマルコは、「バラ色のシナリオだけを考え、それをプロジェクトの計画に織り込むのは、子どもっぽいとしか言いようがない。」(第2章)と言い切る。

   とはいうものの、やはりリスク管理は難問だ。なぜなら、わからないものを数量化しなければならないからだ。本書では、数学的だが難解ではないグラフを用いて不確定性を具体的な数値に置き換えることで、不確定要素を有限なものとし、コストを最小限にすることを試みる。そして、最終的にはどこまでリスクをとれば価値に見合うのかの論理的な解説がなされる。リスクの正体と予測及び対処方法に関してひとつの指針が打ち出されたという点で、少なくともプロジェクトマネージャの地位にある人は目を通すべき1冊だ。しかし、本当に本書の内容を理解する必要があるのは、プロジェクトマネージャーのさらに上に立つ管理者や経営者かもしれない。(大脇太一)

メディア掲載レビューほか

熊とワルツを
 「リスクのないプロジェクトには手を付けるな」。著者は冒頭でこう断言する。リスクが大きければ,そのぶんチャンスも大きい。リスクという熊とのダンスを楽しみながらソフトウェア開発を進めるべし,というのがタイトルに込められたメッセージである。本書ではまず,リスク管理が難しい理由を分析する。どれも痛快なほど的を射ており,ソフトウェア開発者でなくても身につまされる。その後,解決策が紹介される。説明に豊富な図や具体的な事例が使われているため,すんなりと理解できる。


(日経バイト 2004/04/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2003/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822281868
  • ISBN-13: 978-4822281861
  • 発売日: 2003/12/23
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 93,647位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
読みやすいプロジェクト管理の本。
最近、自分なりにはかなり苦労した末、大規模プロジェクトが成功裡に終わり、万々歳と思っていたが、この本を読んでぞっとした。思い返してみるときちんと管理していないリスクが、実はゴロゴロあり、無事に終われたのは、かなり幸運に恵まれたに過ぎないことに、否応なしに気づかされた。
①最初からスケジュールに無理がある、②要求が途中で増える、変わる、③途中で人が脱ける、④仕様が崩壊する、⑤生産性が上がらない。本書で挙げられているこの5つのコアリスクだけでも、色々思い当たる節があった。これからプロジェクトに参加される人には、一読をお奨めします。
ただ、現実は中々本に書いてあるとおりには進められないもの。スケジュールは、余裕を持たせて立てるべきなのは、当たり前のことなのだが、勝手に期限が設定され、スケジュール的に厳しいと言うと、怠けていると叱られたり、何とかお願いと泣きつかれたり、貴方だから頼むんですとおだてられたり、できるんじゃないのなんて無責任に言われたり。期限を設定した人が期限に間に合わなかった場合に最終責任を取るのであればともかく、お前が自分の責任で(死んでも!)なんとかしろみたいな話になりがち。自分の上司にも是非一読を奨めたいのだが・・・。
本書末に付録として、「信念の倫理」第1部がついているが、この部分だけでも読む価値は十分。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
トム・デマルコといえば、80年代から90年代前半にかけて活躍したシステムコンサルタントで、構造化技法(DFD法)の発案者としても著名だ。1987年刊の『ピープルウェア』はチームビルディングへの深い洞察を軽妙なユーモアで綴ったエッセイで、ソフトウェア開発者のバイブルとしていまも読み継がれている名著だ。

本書はそのデマルコの最近刊である。軽妙ユーモラスにして核心を突く警句の数々は依然健在だ。

リスク管理は「おとなのプロジェクト管理である(p15)」、とデマルコは言う。子供たちは普段、隣国の核兵器開発や治安の悪化、環境破壊などを心配しなくてもよい。が、大人はそうはいかない。子供たちを守るために、そうした「望まない結果」のことまで目を配って当然だからだ。このような巧みなアナロジーがリスク管理の本質を端的に指摘して新鮮である。

また本書には他に見られないユニークな方法論がひとつある。「ナノパーセント 日」という考え方である。

プロジェクトの完成予定日は実は確率分布である。まったく何の障害もなく完成する最楽観スケジュールと、どんなにひどくともここまでには完成する最悲観スケジュールの間のどこか。それが完成予定日の真の姿だ。もちろん、最楽観日に完成する確率はほとんどゼロ、すなわちナノパーセントである。「不確定性
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新規プロジェクトに参画するにあたり、今度こそリスク管理を適切に行いたいと考え読み直した。

リスク管理を行う意義がわかりやすく解説されており、何度読んでも良い。
本質は変わらないのだ。

だが、実戦投入するには論理が不十分と感ずる。
リスク管理を行おうとしないPMを説得したいが、十分に武装できた気がしない。

リスク管理の入門書としては良い。

riskology?
無料なのはありがたいが、どうにもこのツールを効果的に使いこなせる自信が無い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
終わりよければ全てよし・・という考え方ではいけない、とこの本の冒頭
では言っている。
リスク管理をせずにソフトウェア開発プロジェクトが失敗すると、裁判に
なったら負けるのだ。一生懸命やって遅れたらごめんなさいではすまない
のだ。なぜ遅れるのだ。リスク管理をしないからだ。かいつまんでいうと
そういう話だ。
いままで、リスク管理の本といえば、「こうあるべきだ!」というべき論
しか書いてなかった。それができるんならとっくにやっているという話ば
かりだ。この本のおかげで、やっと本当のリスク管理とは何かがわかった
ような気がした。
いつも開発スケジュールが遅れるプロジェクト管理者にはぜひ読んでいた
だきたい。なぜなら、遅れる原因はあなたか、あなたの上司がリスクを負
わなかったからなのだから。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー