通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
照明を変えれば目がよくなる (PHP新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 のにわ書林
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですが、大きなダメージは見られません。防水封筒で水に濡れないようにして、日本郵便のゆうメール(郵便受け投函、追跡番号なし)で、できるかぎり早くお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

照明を変えれば目がよくなる (PHP新書) 新書 – 2014/7/16

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2014/7/16
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 照明を変えれば目がよくなる (PHP新書)
  • +
  • ブルーライト 体内時計への脅威 (集英社新書)
  • +
  • 体内時計のふしぎ (光文社新書)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

パソコン・スマホの疲れ目は自分で治せます!
経産省•環境省からも信頼される「灯りナビゲーター」が、医学の最新研究をもとに目のお悩みを解決します。
会社では煌々と光る照明の下で毎晩遅くまで残業、パソコンやスマホとべったりの生活を強いられる私たち。多くの人が目の疲れや視力低下を訴えています。悩み解消のカギは光と目の関係。
「暗い場所で本を読んではいけない」「ブルーライトは目に悪い」――じつは、そんなに単純ではないのです。私たちはなんとなく「○○は目に悪い」といった情報を耳にして当たり前のように信じ込んでいたりしますが、光と目の深い関係性について、基本知識から最新の動向まで、いったいどれほど知っているでしょうか?
常識のウソ・ホントをきっちりと解き明かし、年齢や場面に合った照明術を教えます。仕事の効率が上がる太陽とのつきあい方、目がよくなるストレッチ、正しいLEDの選び方など具体的な工夫が満載!

内容(「BOOK」データベースより)

多くの人が目の疲れや視力低下を訴えています。悩み解消のカギは光と目の関係。目の老化は、なんと20代後半から。正しい理解がないと、目ばかりか体まで傷めてしまいかねません。「灯りナビゲーター」として活躍する光のプロが、医学の最新研究をもとに、年齢や場面に合った照明術を教えます。仕事の効率が上がる太陽とのつきあい方、目がよくなるストレッチ、正しいLEDの選び方など具体的な工夫が満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 247ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2014/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569820220
  • ISBN-13: 978-4569820224
  • 発売日: 2014/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 349,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「照明を変えれば目が良くなる」のタイトル。
読んでみますと奥が深いです。理論的に述べられている事、そして試してみる事が出来たり。
本当に生体と光の関係は密接で奥が深くと、改めて感心させられ知識の習得となりました。
今までのシリーズの中で、私は一押しです。

皆さんもどうぞご覧下さい。
灯りに対する概念が変わると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現代における目の健康についての本。照明との関係が多めになっている。部屋が暗いと瞳が大きくなって焦点深度が深くなるので、ピント合わせで目が疲れやすくなるが、本の文字に楽にピントが合わせられる状態であれば、文字周辺さえ明るければいい。赤ちゃんの水晶体は透き通っていて光を通しやすいので、照明のついた部屋で寝ている赤ちゃんは目が悪くなりやすい。ただし、目は使わないと悪くなる。眼精疲労の予防に効果的なのは目のストレッチ。ブルーライトをカットするめがねやフィルターには基準がなく、クオリティにかなりばらつきがある。

日本人の目は欧米人に比べて虹彩が濃く、光の影響を受けにくい。一般に、視力の低下は20代後半から緩やかにはじまり、70歳代には20歳代の半分になる。一方、水晶体の紫外線の吸収率は年齢と共に上がってゆき25歳以降になるとゼロになって紫外線のダメージから網膜を守る。ただし、加齢によって水晶体がにごってゆき齢をとると白内障になりやすくなる。

青白色は他の可視光よりも眼精疲労を起こしやすいと考えられているが、パソコンやスマートフォンは「長時間」「近い距離で」「凝視する」の3条件が重なるとダメージが大きい。最近、日本でも黄斑変性による失明が増えていて、ブルーライトとの関連性が指摘されている。ドライアイも急増している。女性のメークはまつ毛の生え際にあるマ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『目が良くなる』と『照明』の関係が気になって購入。まずは、目次をチェック。「照明のついた部屋で寝ている赤ちゃんは目が悪くなる」「目は使わないと悪くなる」だの「善玉悪玉ブルーライト」さらに「眼精疲労対策」がズラリ。これはあたりの予感・・・!読んでみると、これまで知りたかったような内容がこれでもかというくらいに出てくる。
「暗いところで本を読んで、本当に目が悪くなるのか?」と思っていたが、「目のタイプによる」。「ブルーライト」って、たまにニュースなんかで聞いていてよくないものかと思いきや、「浴びるタイミングによる」  なになに、「遠視」って、遠くが見える目じゃないの? 日本人って、光に強い目だから欧米人と光の感じ方が違うの? など、これまでに疑問に思っていたことがどんどん解消される。きわめつけは、「こんな風に過ごしたら」と、解決法まで。おかげでスッキリ。
「目」関連で、こんなに説得力のある本って、今まであったのかと思うくらい、データもしっかりしている。
これは、☆5つしかないでしょ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
パソコン、スマホを切り離せない生活をしている者にとって、目の疲れ対策は非常に重要。本書は、光が体に及ぼす影響やメカニズムを踏まえ、目の悩みの解消策を豊富なデータとともに、分かりやすく教えてくれます。
その対策も様々なタイプに分けて解説されているうえに、後半では年代別に光との付き合い方に触れているので、幅広い年代層にとって参考になると思います。
合わせて、これまで常識と考えていたことが、誤解、思い込みであるなど、多くの気づきも与えてくれて、興味深く読み進めることが出来る一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
取材によるしっかりとしたデータを基に、明かり(照明)との付き合い方について説明されています。
データが苦手という方は、取り敢えずデータについての説明を読み飛ばし、まず興味のある部分だけを拾い読みするのもよいと思います。
「「読み聞かせタイム」に目を傷めずに眠らせる照明」や「45歳以上の夫婦げんかの原因は睡眠にあった?」など、著者独自の視点でのお役立ち情報がたくさんあります。
目を大切にしたいという方や、目に不調を感じている方に特にお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告