通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
煙か土か食い物 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

煙か土か食い物 (講談社文庫) 文庫 – 2004/12/14

5つ星のうち 4.1 97件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 煙か土か食い物 (講談社文庫)
  • +
  • 好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)
  • +
  • 阿修羅ガール (新潮文庫)
総額: ¥1,768
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

これが噂のMaijoだ
小説界を席巻する「圧倒的文圧」を体感せよ!

腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー! 故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた凄絶なドラマ。破格の物語世界とスピード感あふれる文体で著者が衝撃デビューを飾った第19回メフィスト賞受賞作。

内容(「BOOK」データベースより)

腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが?ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー!故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた凄絶なドラマ。破格の物語世界とスピード感あふれる文体で著者が衝撃デビューを飾った第19回メフィスト賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406274936X
  • ISBN-13: 978-4062749367
  • 発売日: 2004/12/14
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 97件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,334位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
自分の世界が自分だけの物だとか
結局人は一人だとか
死んだらそれでさようならだとか
そんなことはそれとして
それでいいやん
色んな人がいて
悲しかったり辛かったり
楽しかったり幸せだったり
色々あるから
兎に角、一生懸命イキマス!!
というような気持ちになります。
大好きです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
私はそれを受け取った後に全体的なテストを行い、それが本当に良いこと、特にそのデザインであることを発見しました。 いいね! 私は私の友人にそれを推薦されます あなたがそれに期待どおりに動作します。このアイテムは素晴らしいです!価格は、製品に最適です!非常に好き! それは高品質の素晴らしいものです。 素晴らしい製品をありがとう!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
すっごくいい。
もうとにかくいい。
奈津川血族物語(ナツカワ・ファミリー・サーガ)とか、サイコなシリアル・キラーとか、謎めいたタイトルの意味とか、暗号・因縁・奇妙な建物、魅力的なネタ・意義深いテーマは数々あるんだけど、でもやっぱりこの小説でいっちばん印象深いのは主人公・奈津川四郎のメス捌きのリズムじゃないだろうか。
チャッチャッチャッ、チャッチャッチャッ、一人の処置が済めば手術用手袋を換えて、パン!「ハイ次!」
くへー、すっげえかっこいいじゃん。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
おもしろい。
"ゴッド・ファーザー"がマフィア映画というジャンルでくくられがちだがその辺は単なる舞台設定に過ぎなくて実は「家族」の物語だったんだ…と実際に見ればすぐ分かるように、これも読み始めてすぐ、「あっこれもしかしてミステリじゃありませんね?」と気付く。
目も眩むような暴力と冗舌の合間に突然、ものすごく真っ当な言葉がはさみこまれる。それがまた、奇妙に説得力に満ちていたりする…
時折、実は教養あるんだぜ、的な見せ場があって、ある種の人々の批評心をくすぐる。わかってるじゃん…この作者、下品で乱暴なのはあくまでポーズであって、本当は繊細で博学で真面目なんだね。みたいな。
ホメロス、チョーサー、メルヴィルを出されちゃあかなわない。ましてやダンテをもちだされた日には、泣く子も黙る。
そう、そのめちゃくちゃさにもかかわらず、作者の言わんとすることは思いがけなく真っ直ぐで正しくて、思わず子供にも読ませたくなるほど…でも、おっとっと、本作品はグロテスクなシーンが含まれています!のコーションマークがそれを阻んでいる。残念!―ギリギリ、18禁…ぐらいかなあ?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
はい、帯にも書かれてある通り、「圧倒的文圧」を感じました。そしてものの見事に打ちのめされました。('-,_ω-`)プッ

癖の強い文体で、読み始めた時「あっ、苦手なタイプかも?」と思いはしたものの、作者の文圧によるものなのか、するすると夢中で読み進めていくことができました。
一応、ミステリということですが、あまりミステリっぽくはないなぁと感じました。
暴力的なシーンが多々あって、それが読者を惹きつけるか、あるいは引き離しているんでしょう。僕は惹き付けられましたけどね。

どっちかというと本編より、主人公が家族の昔話を延々とするシーンがあるのですが、そちらの方が面白かったです。
暴力を振るう父親。それに屈することなく睨み続ける次男。
少々嫌悪感を感じながらも、夢中で読めました。

続刊が出ているそうですが、今作よりパワーダウンしている模様なので、読むべきかどうかと悩んでいます。ここで止めておくのもいいかもしれません。('-,_ω-`)プッ
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
めずらしく帯の売り文句に「たしかにその通りだ」とうなづける作品。
文圧がすごい。これでもかこれでもかと休む暇もなく押し寄せてくる
文章は圧倒的であるし、それが気持ちいい。

文体だけがすごいのかといえばそういうわけでもない。
決して考えつくされた構成とはいえないものの、
作中に出てくる挿話はどれも唸るほどよくできていて、
どんどん登場人物に肉付けされていく感覚が味わえる。
最近の作家にはない深い人物考察力があり、
ひさしぶりに小説の醍醐味を味わえた。

終わりで印象がすこぶるよくなる小説もあれば、
終わりで興ざめる小説もある。舞城王太郎の小説はもっぱら前者。
といっても全体を通じてうまく書けていて飽きずに一気に読める。
舞城王太郎の小説にはつきもののグロテスクな描写はあるものの、
思いの外読後感はいい。これがほんと不思議。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー