中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア) 新書 – 2006/7

5つ星のうち 4.7 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第2回(2006年) C★NOVELS大賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

十八諸島の世界を巡り、世界各地で話を集め、他の土地へと伝え歩く。それが我ら語り部の生業。冬至の夜、我らは島主の館に集い、夜を通じて話をする。それが煌夜祭―年に一度の語り部の祭。お話ししよう。夜空を焦がす煌夜祭の炎壇でも照らすことの出来ない、真の闇に隠された恐ろしい魔物の物語を…廃墟となった島主の館で、今年もまた二人だけの煌夜祭が始まった―!第2回C・NOVELS大賞受賞作。


登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2006/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4125009481
  • ISBN-13: 978-4125009483
  • 発売日: 2006/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 526,202位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
第二回C・NOVELS大賞「大賞」受賞作。

一見短編連作風と見せかけて、すべての物語はつながっていたんだという話。

形式としては、煌夜祭に偶然出会った二人の語り部が、互いの知っている話を交互に話していくという形になっています。けれど話していくうちに、二人の物語は微妙に重なり合うところがあって、話を聞くうちに語り部たちは互いの正体に気づきはじめる。

二人の話に共通しているのは、魔物。見た目は普通の人間だが、日の光を嫌い、冬至の夜に人を食らう。そんな魔物となってしまった人たち、魔物と出会った人の話が語られていきます。

久々に良作でした。おもしろかった!名前が少々覚えにくいのが難といえば難ですが、読んでいるうちに慣れました。

実は初めから張られていた伏線に気づいたときは驚きでした。一度ならず、二度三度と読み返してほしいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
おとぎ話のような短編の間に、語り部と聞き手の話が入っているという『千夜一夜物語』タイプの物語です。

誰もいない館で、二人の語り部が夜通し互いの物語を聞かせ合うというシチュエーションだけでも引き込まれますが、

さらに、どちらの人物も偽名と仮面で正体を隠しているというミステリ調の設定を加えているのが秀逸。

メインテーマは、魔物と人間、異なる二種族の接触。

人を食う罪に葛藤する魔物、魔物を愛し憎悪する人間、といった要素は特に珍しいものではありませんが、

魔物絡みの争いを描くマクロな物語と、それでも互いを求めてしまう個人同士のミクロな物語の配分が絶妙で、

各短編に配置された伏線を読み解いていくという楽しさも相まって最後までハイテンションで読めました。

ストーリーの腰を折ることなく自然に情報がばらまいてあり、

読み進めていく内に、悲しい宿命を背負って生まれてくる『魔物』と、

不思議な世界『十八諸島』のことがすんなり理解出来るようになっているのも見事。

魔物はなぜ生まれてくるのか?

素性を隠した二人の語り部の正体は?

語り部の宴――煌
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
筆力が新人離れしている。

世界観の構築も自然に、そして新人にありがちな難解な比喩も特になく、熟練の書き手かと思った。

あとがきにもあるが、筆者は17年間もデビュー出来なかったので熟練なのはあながち間違ってはいないだろうが

そのことは信じられないのと同時に、非常に残念に思った。

構成が絶妙だった。

一つ一つ語られる話も簡潔にまとまっていて良いのだが、

(個人的には「魔物の告白」が良かった)

これがただの短編集だったら大賞受賞には至らなかったと思う。

読み進めていくうちに、もしかしたらこの話は前の話と対応しているんじゃないか、繋がっているんじゃないか、

もしかしたらこの語り部は本当はこの話の登場人物なんじゃないか、など読み手に様々な推測をさせる。

そして物語は静かに収束し、終わりを迎える。

決して嫌味にならないこの作りはまさに構成の、書き手の勝利だと思う。

とにかく、数ページ読んだらページを繰る手が止まらなくなった。おすすめです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
良かったです、本当に良かった!

ファンタジー小説として本の最初に地図があるのはもう定番って程でもないですがよくあることです、それは置いときます。

他の方のレビューでも書かれていますが、この本はいくつかの小さいお話が重なって、てな感じで展開しています。

語り部たちが自らの持つお話を持ち寄って披露しあうお祭り、という設定です。

しかしこの本の中で書かれるお祭りは二人だけで展開します。

そして、次第に重なる話が一つの道筋を示しだす……

この、私この一つの道筋というか真実というかが出てくるくだりがすっごい気に入ったのですよ!

新人としてはかなりの実力を備えているんじゃないでしょうか、この多崎礼氏は!

ファンタジー好きならば読んで損は無いと私は考えます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー