通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
焦らなくてもいい!拒食症・過食症の正しい治し方と知... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバー上部にヨレがあります。全体に日焼けが少しあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

焦らなくてもいい!拒食症・過食症の正しい治し方と知識 単行本(ソフトカバー) – 2009/12/24

5つ星のうち 4.8 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 958

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 焦らなくてもいい!拒食症・過食症の正しい治し方と知識
  • +
  • 拒食症・過食症を対人関係療法で治す
  • +
  • 家族で支える摂食障害―原因探しよりも回復の工夫を
総額: ¥4,366
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

俗に摂食障害と呼ばれる病名ですが、10代、20代、30代の女性に圧倒的に多く見られます。心と身体の両面から引き起こされる
心の病です。症状が進むと、うつ病、パニック障害、社会不安障害などの様々な病気を併発します。
本書では対人関係療法の第一人者と称される水島広子先生が、女性ならではのデリカシーさを重んじて、様々な症状が予測される
患者との柔軟な対応法を公開しております。本人、家族、周囲の関係者が安心して手にすることのできる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

この病気には間違った思い込み10ヵ条のタブーがある。摂食障害から学ぶ正しい知識。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 175ページ
  • 出版社: 日東書院本社 (2009/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4528016885
  • ISBN-13: 978-4528016880
  • 発売日: 2009/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 摂食障害に関する本を今までに何冊も読みましたが、この本は読みやすく、しかも大いに納得のいくものでした。拒食一筋の娘の言い分とこの本に書かれていることがまさに一致しているので驚いてしまいました。たとえば、拒食症になったきっかけが「いい子でいると認めてもらえるという今までのやり方が、ある時から通用しなくなり、遭難したような気持ちになって拒食が始まった」とか「治らないのも怖い、治るのも怖い」という気持ち、「やせてきれいになりたい(変化を求める)より、むしろ太ることへの恐怖症」など、娘が感じていることを、この本にハッキリ教えてもらった、と思います。
 内容も読みやすく、摂食障害に関する誤解を解いていくような展開になっています。(たとえば、「摂食障害は治らない」、「摂食障害になるのは母親の育て方が悪かった」、「摂食障害はネガティブ思考をポジティブ思考に変えないと治らない」といった誤解。)特に印象に残ったのは、不安というネガティブな感情でも、その時の自分のストレスの度合いの指標になるので、それを材料として現状を変えていこう、という姿勢です。
 本の最後に、摂食障害はそれまでの生き方や家族関係を見直すチャンス、病気から学ぼうというメッセージがあり、思わず涙してしまいました。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
11歳の娘がクラス替えをきっかけに拒食症になりました。
生命の危険があった時期もありましたが、周囲の協力のもと、
なんとか回復期にさしかかりましたが、あと一歩のところの状態が
1年近く続いたため、もう少し何とかしてあげられないものかと、
前々からいいなと思っていた著者のこの最新本を購入しました。

これまでたくさんの拒食症についての本を読みましたが
どれもいまひとつピンときませんでした。
他人のことが書いてあるような印象でした。
しかしながら、これはまさに、自分の子のことが書いてある!!と思え、
どうして発症したのか、これからどうしたらいいのかがわかり、
私にとってはとても納得ができるもので、大変すっきりしました。
購入して本当によかったです。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
摂食障害の本を読むのは初めてでしたが、とても分かりやすかったです。
摂食障害の苦しさを沢山診てきた臨床経験から、誤解されやすいポイントや不安を和らげる接し方の重要性が書かれています。
以下、あくまで私なりに咀嚼したものですが、印象に残ったポイントをまとめてみました。
----------------------------------------
【過食メカニズムの悪循環】
元々、人からどう思われるか心配・対立したくない・そもそも親しくなるのが怖い(ノーと言えないから巻き込まれそうで)
 ↓
本心を言えない(一見ハキハキしているように見えても)
 ↓
他人との関係で傷ついたり不満を感じたりしてもそのまま放置
 ↓
ネガティブな思いがモヤモヤしたまま蓄積され、やがて抱えきれなくなる
 ↓
★気持ちを逸らしたり鈍麻させたりするため、過食に走る
 ↓
でもそんな自分が情けない・恥ずかしい
 ↓
自分をもっと嫌いになる
 ↓
自尊心はますます低下
 ↓
最初に戻り、これを繰り返す

【治療】
詳しくない人は、★行の「過食」の部分にアプローチしようとするが
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まず、体調が悪い時も、本の紙の色や字の大きさが工夫されているので
とても読みやすいところが感動しました。
分かりやすくまとめられており、沢山の書籍を必死で読みあさらなくても
摂食障害の全体像が深くつかめる素晴らしい本だと思います。
著者の書き方に、摂食障害に苦しむ人々への非常に強い優しさを感じます。まさに、愛だと思いました。
摂食障害の知識の導入に本当にお勧めの本です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山本 投稿日 2010/10/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
夏から娘が拒食症になり、この本に出会いました。
摂食障害に対する色々な本を本を読みました。
読んでいるだけで不安になる本もある中
母親である私が最も安心して読むことが出来ました。

長くかかると言われる摂食障害ですが
この本の書かれてある通りの行動をしていき
今、娘は普通に食事を取れる状態になりました。

この本に本当に救われました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック