中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無頼伝 涯(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン) コミックス – 2011/10/28

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミックス, 2011/10/28
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新装版にて待望の大復活!!! 鳳臨グループ会長・平田隆鳳刺殺の容疑で、100名を超す警察の包囲網に追い詰められた中学生・工藤 涯。「オレは殺ってない、はめられたんだ」と、無罪を主張する涯だが、対峙する鬼警部・安部は聞く耳を持たない。なおも抵抗を続ける涯に危機を感じた安部は、必死に投降を促すが‥‥。突破か? それとも投降か!? 一触即発の瞬間、己の正しさ、そして力を知らしめるために、涯が下した決断とは!?

新装版にて待望の大復活!!!鳳臨グループ会長・平田隆鳳刺殺の容疑で、100名を超す警察の包囲網に追い詰められた中学生・工藤 涯。「オレは殺ってない、はめられたんだ」と、無罪を主張する涯だが、対峙する鬼警部・安部は聞く耳を持たない。なおも抵抗を続ける涯に危機を感じた安部は、必死に投降を促すが‥‥。突破か?それとも投降か!?一触即発の瞬間、己の正しさ、そして力を知らしめるために、涯が下した決断とは!?

著者について

福本 伸行
1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。


登録情報

  • コミック: 248ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063761347
  • ISBN-13: 978-4063761344
  • 発売日: 2011/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
面白いけどひたすらうだうだ喋り続けているようにも感じる。次巻に期待
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
このような名作が0円で読めることに感動!

kindle本なので、自分のiPhone、嫁のiPhone、自分のデスクトップPC、嫁のノートPC、自分の仕事用ノートPC
の計5台で何時でも何処でも読めるので、本当キンドルには感謝しております。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本誌(週刊少年マガジン)で読み続けた個人の感想です。

連載終了から数ヶ月後に書店で単行本を見つけ、懐かしく思い衝動買いしました。

単行本でまとめて読む分には面白いです。
テーマは筋が通っているし、キャラクターの感情表現(特に焦燥感)も素晴らしい。
全てのセリフが力強く、説得力がある。
後半の脱出劇は素直に興奮しました。(笑)

ただ、本誌での打ち切りには納得しています。

というのも…2巻の第6話以降が問題。
ここを週刊で読んでいると、話の終わり方が毎週ヒドい…ネガティブすぎ…;;

19話からの犬暮らし&放置プレイも、
少年誌には危険すぎ…どこまでドSなんだ人間学園…;;

もし、マガジンに黙示録カイジを連載していたなら…と、考えても仕方ないですがね。

感慨深い作品ながら、単行本で読むならやはり傑作です。
後半の、澤井の狂いっぷりも面白い。(笑)
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ama 投稿日 2015/9/8
形式: コミック
当時カイジのヒットでノリノリだった福本先生が鳴り物入り的に週刊少年マガジンにやってきて連載したものの敢え無く打ち切りを喰らってしまった作品である。後に福本先生自身、「当時は自分の作品の面白さに絶対的自信を持っており何故打ち切られたのか解らなかった」というようなことを語っており、その後様々な反省の末、「零」が生まれることになるわけであるが。
改めて読むと正直打ち切りになった理由は解らなくも無い。大々的にスタートはしたものの3話目になると既に窓際刑事の惨めな日常をこれでもかと詳細に描写。多重債務、キャバクラでタカリ、などおおよそ少年誌らしからぬ描写の末、秀逸なのは家でビールのつまみに豆腐を食す際、先ずひとくち豆腐の中央を箸で掬って開いた穴に醤油を垂らす!そして「虫けらみたいだっ・・・!」と自問、そんなものを面白いと思う子供がいるだろうか。更にこの漫画、「チャラチャラしたいまどきの中学生」を「食わせてもらってるくせにっ・・・!」「やはり悪魔の子らだっ・・・!」と執拗に批判しまくる。読者にしてみれば自分が馬鹿にされている様なものでそんなものを楽しく読めるのは彼らと距離を取れる大人くらいのものだったろう。
要は少年誌に来ても普段と全く変わらないアナキズム全開の(当時の)福本節をやりまくっている訳で、夢に溢れた作品ばかりが並ぶ中、「夢とは要は単なる欲で、欲は満たされないと毒
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 宿り木 投稿日 2011/2/12
形式: コミック
作品全体から漂う、自由であることへのリスク。
飛び抜けた描写で描かれる、管理されることの怖さ。
新興宗教の勧誘にも似た、人心操作のドラマ化。
不器用であることがどんなリスクを伴うのか、
無謀であることが決して粋ではないということ、
著者の福本先生が10代の若人に伝えたいテーマは物凄く単純ですが、
本当に細かく細かく描かれていると思います。
この作品から学び取れることは相当有意義なはず。

ただ残念だったのは、涯たち少年を支配する大人の描かれ方が
あんまりにも滑稽であり、大人の本当の意味での怖さが描かれていなかったことだと思います。
福本作品全般に通じることですが、主役級の人物とそれ以外の人物のキャラクターの違いが
良い意味でも悪い意味でも徹底され過ぎていて、脇役は本当にどうしようもないんです。
人間は幾らなんでも、もう少し知恵が回るし色々と複雑に立ち回れると思います。
描きたいテーマ以外の部分を徹底的に端折っているから
あえてそのような描写をしているとは思いますが、5巻のビデオ隠しから脱出までにおいて、
これはやっぱり「幾らなんでもあんまりにもアホ」な展開じゃないかなと思ってしまいました。
4巻から5巻にかけての涯
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー