中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無限ループ (講談社文庫) 文庫 – 2009/7/15

5つ星のうち 2.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

深夜の歌舞伎町。平凡な会社員の誠二は謎の女子高生から物(ブツ)を買う。それは、手を置くだけで怒りの度合いに応じて獲物の財産を奪える恐るべき箱だった。夜の銀座で金持ちを物色する彼は、しだいに狂乱の世界と運命の女(ひと)に翻弄されていく。誠二が見た「無限ループ」とは? 人間の欲と愛を描いた傑作ミステリー。

内容(「BOOK」データベースより)

深夜の歌舞伎町。平凡な会社員の誠二は謎の女子高生から物を買う。それは、手を置くだけで怒りの度合いに応じて獲物の財産を奪える恐るべき箱だった。夜の銀座で金持ちを物色する彼は、しだいに狂乱の世界と運命の女に翻弄されていく。誠二が見た「無限ループ」とは?人間の欲と愛を描いた傑作ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062764016
  • ISBN-13: 978-4062764018
  • 発売日: 2009/7/15
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,093,550位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 kenjj 投稿日 2009/8/11
形式: 文庫
評判がいいので読んでみましたが、正直イマイチでした。

無限な・・・の意味では、なるほどこういうことね、と思いましたが、内容がトンデモ系なので、一ひねり欲しかったです。

銀座あたりでふらふらしていないで、壮大なことをして欲しかったなあ。

全体的な雰囲気にもどうも馴染めなかった・・・。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
割と表現や描写を楽しむタイプなので、貧相な地の部分にげんなりし、楽しめなかった。

金持になった主人公が銀座に豪遊するための準備のくだりも

「誠二は銀座の男になるために、ブランド物の洋服から腕時計、アクセサリー、
セカンドバッグなどを一通り買い揃えた」

で、ある。

本当は作者はブランド物を知らないのでは?

調べもしないで田舎の貧乏アパートを3億出してしかもキャッシュで買い、
それがせいぜい7千万という評価をあとで知って悔しがる主人公。
まったく感情移入できない。

こんなことをしていたらすぐに金の匂いを嗅ぎつけて、
闇の世界の人がコンタクトしてきたり揉めごとに巻き込まれるはず。
むしろそっちの泥臭い展開にしたらリアルだったのではとさえ思った。

筆者はIT業界のライターだったということで少し納得。
うーん、デジタルな世界だけを経験した人の、夢物語なのね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 北極 投稿日 2009/9/5
形式: 文庫
残念ながら、のっけから好みに合わず・・・。

ぐいっと入り込めないのは何故だろう?と思ったら、文章、コトバが好みでない。
残念でした。

ストーリー展開も、なんだか突拍子も無いというか、
やたらとイマドキ感を前面に出してます、というのが鼻についてしまって・・・。

これは、思いっきり好みが別れるのでは。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あまりの高評価に昨日購入してみました。一日で読了。違った意味で裏切られました。文章は稚拙で内容もミステリーとは思えない作品。ただこのシルバーボックスという道具の着眼点が面白いので星2つとさせていただきました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分の怒りの度合いに応じて相手の財産を奪うシルバーボックスを手に入れた男の欲望がリアルに描かれていておもしろかった。まずは身近な人間に怒りをぶつけ、次にその対象がTVに出ている政治家や不正を行う人間に変わり、最終的には銀座で豪遊する金持ちに欲望をぶつける。その過程が非常にリアルだったし、シルバーボックスの怒り度合いの上がり方や、裏技みたいな使い方もあってよく考えられていた。人間の欲求レベルには際限がなく、シルバーボックスで手に入れたお金を守るために必死になる男の様子も楽しめた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 大ちゃん 投稿日 2010/4/10
形式: 文庫
冒頭の文章表現と中盤以降の文章表現がまるで違う。中盤以降は稚拙な文章の連続。力尽きたのかな?主人公の疑問点から合点するまでが早すぎる。謎の女子高生が登場したシーンはこれからの期待が膨らんだが、それ以降一切登場しない。何者?なぜ女子高生?ボックスの存在は何を揶揄している?大事なことには触れられず短気でキャラが立たない主人公の自己満足の悪ふざけが本の9割を占める。書店が大絶賛して売り出していましたが、その理由が分からぬまま読み終えてしまいました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この話には先へ先へと読ませる力はあります。ですが帯に愛だの感動だの書かれていましたが、愛とか感動とかは全く感じませんでした。深夜ドラマの脚本という感じです。再読はしないでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaz VINE メンバー 投稿日 2009/12/7
形式: 単行本
帯にはこう書いてあります。
「読み出したら止まらない!最低3時間は確保して読み始めてください。」
怒りに応じて復讐相手の財産を手に入れられるシルバーボックスを手に入れた主人公のお話し。荒唐無稽な設定ですが、それでも引き寄せられるリーダビリティがあります。帯の宣伝文句通り、どんどんページを進めていくことになりました。それだけ読みやすい、軽いってことなんですが。で、タイトル通りにストーリーも無限ループに陥るのかと思っていたら、とってつけたような結末。あー、つまんね。せっかくのシルバーボックス(命名もださい)、もう少し上手にストーリーを紡げたら、TVドラマくらいにはしてもらえたかもしれないのに。デスノートを見習えと言いたい。ライアーゲームを見習えと言いたい。他の作家さんに同じ設定で書いて貰いたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告