通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
無限の住人(29) (アフタヌーンKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無限の住人(29) (アフタヌーンKC) コミック – 2012/5/23

5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無限の住人(29) (アフタヌーンKC)
  • +
  • 無限の住人(30) <完> (アフタヌーンKC)
  • +
  • 無限の住人(28) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,799
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

血煙と因縁が渦を巻く、道を外れた剣士達のネオ時代劇、最終章はクライマックスに次ぐクライマックス!! 万次・凜、天津影久・乙橘槇絵、吐鉤群・六鬼団。三つ巴を描く因縁が遂に直接の潰し合いに至る。万次が挑むのは、六鬼団最高の剛力戦士・荒篠獅子也。一方で、天津影久は逸刀流の長として、かつて逸刀流剣士を大量に謀殺した吐鉤群と決闘を開始する。そして乙橘槇絵は、体調に不安を抱える中、たった一人で凄腕3名に挑む。

血煙と因縁が渦を巻く、道を外れた剣士達のネオ時代劇、最終章はクライマックスに次ぐクライマックス!! 万次・凜、天津影久・乙橘槇絵、吐鉤群・六鬼団。三つ巴を描く因縁が遂に直接の潰し合いに至る。万次が挑むのは、六鬼団最高の剛力戦士・荒篠獅子也。一方で、天津影久は逸刀流の長として、かつて逸刀流剣士を大量に謀殺した吐鉤群と決闘を開始する。そして乙橘槇絵は、体調に不安を抱える中、たった一人で凄腕3名に挑む。

著者について

沙村 広明
漫画家。1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。年末より連載化した同作は、現在も大人気連載中。2008年にはアニメ化もされた。他にも『おひっこし』『シスタージェネレーター』『ハルシオン・ランチ』(以上すべて講談社・刊)など作品多数。


登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406387818X
  • ISBN-13: 978-4063878189
  • 発売日: 2012/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この巻では前巻から始まった三つ巴の最終決戦が描かれます

万次さん、久々の見せ場ですが
主人公らしい活躍をするのかと思えば……
不死になってから弱くなった万次さんらしいです
そのことに開き直った台詞がかっこいいです

天津と吐の戦いは最終決戦らしい緊張感で
あの状態から今後どういった展開になるのか期待が止まりません

しかし一番期待してるのは次の巻での槇絵の戦いです
この巻では作中最強キャラらしい活躍をした槇絵ですが
今後どうなるのか全く予想できません
話の展開的に必ずどちらかの命が奪われることが予想されるので
槇絵が勝っちゃいけないとは思うんですが
この作者なら普通に勝たせてしまいそうなので……

連載中の漫画で一番好きな漫画なので次の巻が待ち遠しいです
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻でなにより印象深かったのが、万次さんの相変わらずの泥臭さ。万次さんっていっつもボロボロだし、ご自身で十分承知でしょうが五体満足で闘っている時間の方が少ないですよね。まぁ不死だとどーしてもああいう闘い方になってしまうんでしょうね。仕方ないでしょう。でも痛いだろーなぁ・・・
しかし今回の闘いは万次さんの闘いの中でもある意味最も衝撃的だったと思います。レウの斧もろ顔面に食らって顎が大変なことになったり、あと一番衝撃なのがやはり腕。もはやホラーです。レウが怖がる気持ちも分かります。あの腕ちゃんと直すのかな・・・?
この巻では他にも見どころは沢山あります。槇絵の強さは相変わらず際立っていますし、天津と吐の闘いは凄まじいとしか言いようがありません。刀で鳥居をなぎ倒すって・・・。港の人を皆殺しにしたり、施設壊したり、とことん迷惑な奴らだなって感じですwwとにかく全体的に良いテンポで戦闘が続いていて読者を飽きさせることがありません。ただ一言付け加えるなら天津と吐の戦闘パートがもう少し欲しかったなと思いました。ネタバレになりかねないので詳しく書けませんが、この巻で二人の戦闘は最終局面に達してしまったかなと思ったので。もう少し見ていたかったですね〜。

最後になりますが、この漫画は絵の構図が素晴らしいと思います。登場人物たちを最高に魅力的に魅せる力量をこの
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tommy-King VINE メンバー 投稿日 2012/5/25
形式: コミック Amazonで購入
前巻を引き継いで、この巻、激しい剣戟に終始する。
この湊の地に集結した各勢力、卍と凛、逸刀流、吐と六鬼団の乱戦が巻頭から巻末までを貫いており、息をつかせない。
それぞれの武技、戦略、駆け引き、一進一退あってどの戦いも面白い。

とりわけ、今更ながらではあるが、槇絵の尋常ではない強さとクールさは際立っている。
だが、この乱戦にまだ参戦していない勢力が一つ。最後のページでぬっと顔を出す。

次の巻も楽しめそうだ。
そして、終焉も近い。どのような幕切れが用意されているかも気になる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
卍さんは、皆さんが言われてるとおり「主人公にしてはそんなに強くありません。」

強敵に勝ったときは「不死というずるい設定」を利用して倒してます。それも逸刀流の名だたる剣士との戦いは「試合にほぼ負けて、勝負にかろうじて勝った」と言う内容です。

それでも卍さんが人気?があるのは不死と言う設定をのぞけば「けっこう人間くさい」キャラだからではないでしょうか?

他の人が言ってるように「泥臭く、体面にもこだわらないが凜のためなら死も恐れない」こういうキャラだから、みなさんに愛されてると思いますが。

ただ、自分として残念なのがこの漫画が面白いことは変わりないのですが「主人公が天津と凛?にチェンジしている」感じになってるのが少々残念です。

この流れだと、タイトル通りに卍さんが「狂言回し」になってしまうのかと思ってしまいます。それを予想して星4で。

ちょっと話がずれましたが、単行本をレビューすると今回もなかなかの力作です。

今回は槇絵の1対3のバトルには目を見張りました。(槇絵が勝つことがわかりきってても)

沙村先生はバトルの描写が「すごく上手い」のを改めて感じました。槇絵はもとより、弩馬、足江進にも「かっこよさ」が出ていたのが・・・凄いと思います。

はたして、どういうラストになるのか?これからも期待してます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック