通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
無限のリンケージ -デュアルナイト- (GA文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

無限のリンケージ -デュアルナイト- (GA文庫) 文庫 – 2009/5/15

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ロバートさんは――無敵です」
自らの立てた戦術を理解し、完璧に体現するロバートの姿を見て、メカニックの少女サクヤはつぶやく。
宇宙時代の決闘競技Battle of Triple Ring。特殊な力場を武器に戦うこのプロスポーツは、その刺激と危険性ゆえに、高い報酬が約束される人気競技でもあった。
ロバートに密かに憧れるサクヤだが、当のロバートはどこかとらえどころがなく、二人の距離はなかなか縮まらない。そんな中、ロバートのトップリーグへの昇格を懸けた重要な一戦が近づいて……!?
第1回GA文庫大賞・奨励賞受賞作!

内容(「BOOK」データベースより)

「ロバートさんは―無敵です」自らの立てた戦術を理解し、完璧に体現するロバートの姿を見て、メカニックの少女サクヤはつぶやく。宇宙時代の決闘競技Battle of Triple Ring。特殊な力場を武器に戦うこのプロスポーツは、その刺激と危険性ゆえに、高い報酬が約束される人気競技でもあった。自らのスタイルを貫いて戦い抜くロバートに、密かに憧れるサクヤだが、当のロバートはどこかとらえどころがなく、二人の距離はなかなか縮まらない。そんな中、ロバートのトップリーグへの昇格を懸けた重要な一戦が近づいて…!?第1回GA文庫大賞・奨励賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2009/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797354852
  • ISBN-13: 978-4797354850
  • 発売日: 2009/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,219,551位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kato- 投稿日 2010/2/3
形式: 文庫
面白い。
SF的要素がそんなにあるかといわれたら特に無い。それが逆にとっつきやすくなっている。肝のバトルは三つの利点と欠点をどう利用するかというところで、なにも難しいものはなく想像もしやすい。文章もスラスラと読める。良作。だけど、欠点もある。

構成が、現実と過去が交差していきやがて一つになるというものなのだが、そのためにもう一人の主人公のキャラがよく掴めない。きっちりと書き込まれていて、性格の変化もよくわかるのだが、違和感が拭えないのは確かだった。あとは、好みによるのだろうけど、戦闘の迫力が今ひとつ。これの原因は、視点が選手ではなくスタッフ、外側からなので、いまいち入り込めない。
惜しいなあと思ってしまった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作品の面白さをどう書いたらいいか悩むところなのですが・・・。物語内の人気スポーツ、Battle of Triple Ringでの、「試合に持ち込める装備は3種類まで」「それぞれの装備は長所と短所をあわせもつ」といった設定を活かした戦闘シーンの描写、交互に描かれながらやがて一本に結ばれていく現在と過去の世界などといった物語の仕込みの部分と、一見よくありがちに見えながらも「それだけじゃない」キャラクターたちによる物語の展開は、読者をぐいぐいっと本書に引き込んでいきます。お魚的「真の主人公」であるメカニックのサクヤも、ベタと見せておいて・・・という展開がたまりません。読めば読むほど、前に気づかなかった仕込みに気づく、そんな形の良作だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
久々に読み応えのあるラノベを読んだ気がします。
歴としたSF作品である所も好みですが、削れるべきところは削り、
また、近づいていく過去と現在の構成が巧かった。
以前、似た構成で明らかに失敗していた作品を読んだ事があるだけに、
評価が高いです。

最後の最後、個人的好みとして、もう少し余韻が欲しかったので☆4つ。
次作も期待します。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
騎士と天才メカニックと決闘競技と。

遠距離戦あり、空中戦ありの決闘競技において
近距離戦しかできない騎士様と、天才メカニック(防具専門)が
コンビを組んで勝ち抜いていくバトルものです。

オススメできる方
・サポートするの大好き
・高潔な騎士が好き
・制限のあるゲームが好き
・読みあいのあるバトルが好き
・シリアスな設定が好き

オススメできない方
・物語は主人公視点のみがいい
・守りよりは攻めだろう!
・勝つためには手段を選ばないのが好き
・天才設定が苦手

全巻読破後の感想です。
ごちゃごちゃ設定はあるのですが、非常に読みやすかったです。
遠距離ができない騎士様なので、基本地味な防戦一方になる
戦いについては好みが分かれるところ。
真面目な騎士と不器用なメカニック、それを見守る大人達という
人間関係は見ていてほほえましく、ほっこりしました。

正直「う〜ん」という設定も多いのですが、今ならお安く購入
できるということもあり、星4つとしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宇宙時代の決闘競技Battle of Triple Ring。通称BTR。
特殊な力場を武器に戦うこのプロスポーツは、その刺激と危険性ゆえに、高い報酬が約束される人気競技である。
そのBTRのプレイヤーは通称でFTRと呼ばれる。
天才メカニックの少女サクヤとトップリーグへの昇格が近づいているFTR・ロバート。
二人の距離感と現在と過去との時間の交差。
この作品、「ロバートさんは――無敵です」 この言葉に尽きる。

物語の中で現在と過去が交差していくのですが、このやり方では大抵の場合、読者が混乱してしまい物語どころじゃなくなります。
それでも巧く混乱しないよう物語としてまとまっていても、多くの場合で現在の話が進んでいく中で、
登場人物の背景が分からない一巻ではさして興味がない過去編をだらだらやられると読者は飽きやすくなる場合が多いです。
往々にして作家さん自身は登場人物に愛着があり、過去編を嬉々として書いているんでしょうけど、一読者としては興味のない過去編ほど苦痛なことはないです。
まぁその二つの問題を巧く解決している今作は、とても面白い一冊に仕上がっていると思います。

「試合に持ち込めるリングは3つまで」 「リングの種類は千差万別」 「それぞれのリング
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告