通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
無農薬でバラ庭をー米ぬかオーガニック12カ月 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 GANESHA古書堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧頂き有難うございます。 【帯なし】表紙カバーに擦れ・よれ等ありますが、中身は、日焼け・角折れ・本文への書き込み・線引きも無く良好です。発送はビニール袋で保護し、アマゾン配送センターからの直接発送となりますので迅速かつ安心です。検品は出来る限り慎重にしているつもりですが、万一酷い書き込み等検品ミスがございましたらご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

無農薬でバラ庭をー米ぬかオーガニック12カ月 単行本(ソフトカバー) – 2009/11/10

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,144
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無農薬でバラ庭をー米ぬかオーガニック12カ月
  • +
  • バラはだんぜん無農薬ー9人9通りの米ぬかオーガニック
  • +
  • はじめてのバラこそ無農薬ーーひと鉢からの米ぬかオーガニック
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 187pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

バラ革命の本!
15年の蓄積から生まれた、米ぬかによる
簡単・安全・豊かなバラ庭づくりの方法を紹介。
各月の作業を、バラや虫、土など、庭の様子をまじえて具体的に解説します。
著者が庭で育てているオーガニック・ローズ78品種をカラー写真付きで掲載。
「うどんこ病対策レシピ」などコラムも充実。

内容(「BOOK」データベースより)

15年の蓄積から生まれた米ぬかによる簡単・安全・豊かなバラ庭づくりの方法を紹介。各月の作業を、バラや虫、土など、庭の様子をまじえて具体的に解説します。著者が庭で育てているオーガニック・ローズ78品種をカラー写真付きで掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 157ページ
  • 出版社: 築地書館 (2009/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806713929
  • ISBN-13: 978-4806713920
  • 発売日: 2009/11/10
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 293,482位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者のホームページがあります。
私は同じ方が著者と知らずに、購入しました。
…なので本を買ってみてびっくり!
内容はほとんど、HPで既に読んだことのある情報でした。

憧れる内容ですが、ずぼらな私にとって、読んですぐ簡単にできることはあまりありません。
まず発酵肥料を造らないと、月ごとの作業も同じことができません。

 土着菌を採集して、発酵させて肥料を造り
 蓬で活力液を造り。。。
これらを造る以前に挫折している自分は不甲斐ないですが。

方法は今のところ十分真似できませんが、
理想を目指す著者の姿勢に共感できることが多く、
その試行錯誤も自分には励みになりました。

 
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
永年野菜の自然農法栽培技術の参考書として役に立ちました。米ぬか、発酵肥料、自然農薬の3種類の栽培技術を総合して、月ごとに行うことを写真をふんだんに使って分かりやすく説明しています。特に土作りにおいて一年草栽培技術とは異なる点が理解できます。発酵肥料の作り方などの個別の技術は別立てで説明してありますのでさらに理解がしやすいです。バラ栽培者のみならず自然農法を目指す方にも参考になること請け合いだとだと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
バラはゴージャスな花ですが自宅の庭で育てるとなると消毒や手入れなど大変で、それに、消毒でアレルギーが出てしまいバラの栽培を断念した人もいると聞いていました。また、米ぬか自体が健康に良いと、無農薬の米ぬかを炒って保存瓶に入れて置き、毎食後にスプーン一杯の米ぬかとヨーグルトを混ぜて食べたり、水と一緒に飲むとお通じが良くなったり、大腸のポリープが減った方などの話を聞いていたので、その米ぬかを使った本に興味がありました。

発酵米ぬか、発酵肥料作りの方法、オーガニックで育てやすいバラの選び方、経験者の話も紹介されています。庭を草木の視点の世界だけではなく、土壌菌の世界から見ることで、そこからアプローチして有用な菌を増やして病気にかかりにくい体質にすることや、害虫はテデトールの他に助人として天敵の虫を利用するなど、何か面白い感じがしています。次は実践ですが、準備に1年間かかり、その後続けて行くと効果があるとのことなので、先ずは菌の種がうまく作れればと思っています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bambooshoot トップ500レビュアー 投稿日 2014/3/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
2009年初版。へぇ〜、バラも無農薬で出来るんだ!これが著者の本を初めて手にした時の印象でした。25年間、無農薬ほぼ無施肥でやってきた野菜作り。最近、何かが足らないんだ...と思いつつ、種を買ったり、野菜苗と花苗を同じ畝に植えたり、外国の野菜ガーデナーのチャンネルを見ていたのでした。偶然読んだ著者の本には『おっ!このヒトも現代農業読んでいるわね!』、と思えるジャーゴンの数々に嬉しくなりました。

なんだ、私が遣って来た事に非常に近い処でバラも出来るのね...バラなんて薬漬け園芸の代表だと思っていた私は吃驚しました。木村さんのリンゴだって無農薬なんだから、出来るかも...。発酵米糠に発酵肥料、四季毎の米糠撒きと天恵緑汁...総て野菜の為に遣って来た事でした。発酵肥料で微生物の面白さを味わった時は、味噌作りまで発展してしまいました。今も持っている固形肥料は発酵肥料を作る時に少しずつ入れて微生物に分解して貰ってから施しています。

木酢液の倍率に対してはその通りだと思いますが、アブラムシ対策の牛乳の倍率については100倍位の薄さが良い様です。何も知らない頃に濃くして反って野菜から嫌な匂いがしたり、野菜のご機嫌を損ねてしまったので、注意して欲しいです。アブラムシには有効でも、やはり植物にとって牛乳は異物なのです。

野菜だけだった
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これはバラの栽培書ではないでしょう。

構成はNHKの「よく分かる栽培12か月」のパクリで、各月毎に記載されていますが、内容は「今月はこんな虫が出て天敵も頑張ってるわ。鳥も遊びに来て楽しい。病気も心配だから米ぬか撒いたのよ。肥料もやらなくっちゃね。」って感じで大体同じ。

肥料の作り方とか載っているが別に目新しいわけでもなく、普通に発酵肥料を作っているだけ。EMって言い出さないだけマシか。

大体、殆ど毎月肥料やって米ぬか撒いて過多じゃないのだろうか。
まあ、彼女の作る肥料とやらは多分発酵の過程で殆どの窒素は使い果たしてそうだから、多少多く撒いても大丈夫だろうけど。

米ぬか米ぬか五月蝿いけど、やってることは撒いてるだけ。
葉っぱにも撒くと効果があるとか指で葉っぱに擦り付けると良いとか・・・米糠には油分があるので、コーティングされてるだけじゃね?

本人も言い訳しているけど、栽培方法についてはかなり御座なりで、これを読んでも上手く育てられないでしょう。
自然農薬には疑問がありますとか書いてるくせにヨモギの抽出液とかニームオイルとか薦めて支離滅裂。

如何にも『B・・・』とかいう雑誌の読者が好みそうなイメージ先行型の夢見る少女的発想と理
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告