通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品につき、若干の使用感、傷みがあります。状態としてはかねがね良好です。検品には万全を期しておりますが、検品漏れなどがあれば、ご一報ください。対応致します。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応です。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教 単行本 – 2016/10/27

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,413

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教
  • +
  • 寺院消滅
  • +
  • お寺さん崩壊 (新潮新書)
総額: ¥4,385
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「多死時代」に突入した日本。今後20年以上に渡って150万人規模の死者数が続く。
遺体や遺骨の「処理」を巡って、いま、“死の現場"では悩ましい問題が起きている。
首都圏の火葬場は混み合い「火葬10日待ち」状態。
遺体ホテルと呼ばれる霊安室ビジネスが出現し、住民運動が持ち上がっている。
都会の集合住宅では孤独死体が続々と見つかり、スーパーのトイレに遺骨が捨てられる---。
原因は、地方都市の「イエ」や「ムラ」の解体にある。その結果、地方で次々と消える寺院や墓。
地方寺院を食う形で、都市部の寺院が肥大化していく。
都心では数千の遺骨を納める巨大納骨堂の建設ラッシュを迎えている。だが、そこに隠される落とし穴----。
日本を覆い尽くさんばかりの「無葬社会」の現実。
現代日本における死のかたちを通して、供養の意義、宗教の本質に迫る。
ベストセラー『寺院消滅----失われる「地方」と「宗教」』の著者、渾身の第2弾。

【目次】

(第1章)  彷徨う遺体と遺骨
  火葬10日待ちの現実
  遺体ホテルが繁盛する時代
  増える献体、捨てられる遺骨
  超高齢社会が招く孤独死の悲劇
  孤独死現場を「リセット」する人たち

(第2章)  変わりゆく葬送
  葬儀のない葬儀場
  都心のビルに一万基の遺骨
  日本海に浮かぶ散骨島
  理想の墓が新潟にあった
  無数の遺骨を集めて仏像に
  お坊さん便、食えない僧侶を走らす
  仏具屋が見る「寺院消滅」

(第3章)  縁を紡ぐ人々
  孤独死を防ぐ縁のかたち
  路上生活者を供養する僧侶
  難民キャンプに図書館を
  地域再生と寺院
  都市と地方の寺院をつなぐ

(第4章)  仏教存在の意義  ~原始仏教研究者・佐々木閑氏に聞く~
  日本仏教の特殊な成り立ち
  今を生きる人のための仏教
  社会の受け皿としての仏教
  「律」の精神で現代日本を見直すと
  本質ではなく、かたちが変わってゆく
  (資料)  現代社会における葬送データ

内容(「BOOK」データベースより)

2030年、孤独死予備軍2700万人。65歳以上の「一人暮らし+夫婦のみ世帯」=孤独死予備軍。毎日、都会のどこかで、誰にも看取られず、続々と人が死んでゆく。変わりゆく葬儀と供養のかたち、変わらぬ仏教界、もがく僧侶―。ベストセラー『寺院消滅』の著者による渾身の最新刊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2016/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822238563
  • ISBN-13: 978-4822238568
  • 発売日: 2016/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,732位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
わが家のお墓は茨城県にある。
父親、その祖父母、そして祖先が生まれ育ち暮した地縁・血縁が集う場所だ。
長男である自分はそこのお墓を継いで守ることになっている。
東京で生まれ育ち、今も東京に暮らし、そして茨城のお墓に入る。
“それって、どうなのよ?”
また、お坊さんは結構な確率で、結構な高級車に乗っている。
“それって、どうなのさ?”
そんな薄々持っていた疑問に本書は答えてくれた。
 
しかしながら、本書の主題は現代日本社会に深く巣作りを始ようとしている「死」と「仏教」に纏わる“闇”や“病み”の話しである
“人が亡くなれば、しっかりと葬儀をして、しっかりと供養する。”
これが、長きに渡る一般的な日本人が持っていた「死」に対する価値観と振る舞いであったはず。
しかし、これがもう当たり前では無くなっている。
お葬式をしないでそのまま火葬する「直葬」などは、まだ理解の範疇か。
しかし、葬儀代の節約するために解剖に差し出す「献体」、電車の網棚に忘れたふりをして遺骨入りの骨壺を置き去りにする等々。
日本人の死者へのリスペクトはいずこに…。
その他にも、多くの人に忍び寄る「孤独死」の恐怖や、存続の危機や在り方が問われる「日本仏教会」の話し
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 『寺院消滅』で一世を風靡した著者による新たな作品。
 ジャーナリズム的な調査と分析に基づくリポートと言うより、取材して回った先の人々の行動と言葉と思いから紡ぐエッセイの意味合いが強い。
 「無葬」は「葬儀が行われない」という意味のようだ。大々的で仰々しい葬儀は減少傾向にたしかにあるが、「直葬」にも「葬」の字が含まれていることからも、葬儀そのものがなくなることは今のところないと思われる。ということからは、タイトルが何を示しているのかが不明確であるようにも思える。(キャッチーではある。わたしもそれで購入した。)
 著者の問題意識がどこにあるのかもよくわからない。葬儀がなくなる、僧侶はごはんが食べられなくなる、それによって仏教も衰退する、困った事態だ、というようなことが言いたいわけではないと思うし、もちろん葬式仏教ではない仏教を目指すべきだという、遙か以前から人口に膾炙した「結論」のようなことをあらためて言い直したいだけということでもないと思う。でも、それならもう少し何か書きようがあったようにも思う。
 仏教を中心に据えて展開される本であるはずなのに、著者があくまで「お骨」や「お墓」にこだわる社会一般、寺院運営者の価値観を微塵も疑わずに論を進めるのが最後まで気に掛かった。釈尊はいうに及ばず、親鸞聖人も法然聖人も自分の遺体にはこだわるなと遺言してい
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
前から後ろに行くにしたがって中だるみしますが、センセーショナルな内容でした。内容もビッチリでしたし。もう少し安かったら言う事なかったな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
好著「寺院消滅」の第二弾は、都会で起きている葬儀の話であった。現代の葬儀事情が、いかにめまぐるしく変化を遂げているかがよくわかる。臨終、葬儀らしきものが人間の避けて通れぬものあるかぎり、ある意味、現代人がわかる本でもある。著者は都会の無葬社会=無情社会のように解釈し、これに嘆きめいたものを書いているが、田舎に住む小生からすれば、うらやましいかぎりだ。都市には、葬儀の選択の自由があるのだ。田舎には、その自由がまったと言っていいほどない。葬儀となると旦那寺の都合と意向に縛られ、近所にもおつきいあいをお願いせねばならない。自由に葬儀でもあげようものなら、近所から不審の目で見られる。葬儀という人質があるがために、人間関係は窮屈になってしまっていく。都会には、そんな縛りがなく、各々が各々の考え一つで葬儀をあげようとしている。そのなかに、葬式要らずも一つの選択肢だろう。これは、都会人の堕落ではなく、勝ち取った成果だと思う。
そもそも著者は、旦那寺と檀家は対等のように解釈しているが、現実はそうなっていない。仏教には、ヒエラルギーがあり、檀家は旦那寺の前に弱い。寺院生まれの著者は、檀家の旦那寺への口に出せない恨み、憎しみを頭ではわかっていても、おそらく心の中のどこかで理解できなのか、理解したくないのだろう。
著者が仏教に深く関わっているからこそ、この本は仏教について掘り下げもし
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー