ポイント: 11pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月8日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
2 時間 12 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
無知の涙 (河出文庫―BUNGEI Collect... がカートに入りました
+ ¥390 配送料
お届け日 (配送料: ¥390 ): 5月8日 - 12日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 マルス書房
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 1990年の初版です、カバーもきれいで良好です。帯があります。カバーは白いやつです。小口に焼けがあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


無知の涙 (河出文庫―BUNGEI Collection) (日本語) 文庫 – 1990/7/10

5つ星のうち3.7 43個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥1,100
¥1,100 ¥222

よく一緒に購入されている商品

  • 無知の涙 (河出文庫―BUNGEI Collection)
  • +
  • 永山則夫 封印された鑑定記録 (講談社文庫)
  • +
  • 裁かれた命 死刑囚から届いた手紙 (講談社文庫)
総額: ¥2,948
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

4人を射殺した少年は獄中で、本を貪り読み、字を学びながら、生れて初めてノートを綴った。―自らを徹底的に問いつめつつ、世界と自己へ目を開いていく、かつてない魂の軌跡として。従来の版に未収録分をすべて収録。

著者について

1949年生まれ。連続射殺事件をおこし69年逮捕。獄中手記「無知の涙」や新日本文学賞受賞作「木橋」等によって注目されつづけた存在。著書『捨て子ごっこ』『異水』他。死刑執行される。

登録情報

  • 出版社 : 河出書房新社; 増補新版 (1990/7/10)
  • 発売日 : 1990/7/10
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 540ページ
  • ISBN-10 : 4309402755
  • ISBN-13 : 978-4309402758
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 43個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
43 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年10月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 「殺人」と「死刑」の受容のプロセス
ユーザー名: Megumi、日付: 2019年10月20日
この本の内容を理解できないという人は、一度、Wiki でも構いませんから、永山則夫氏がどのような人生を歩んだかをまとめて読むと、誤解が解けるのではと考えます。

彼がこの本でなぜキリスト教に悪態をつくのかも、それは独房の彼に聖書をテキストにして読み書きを教えた「教誨師」という僧侶 (牧師) に対する、反発と受容のプロセスだと考えると良いでしょう。人が死を目の当たりにした時に、精神状態が異常になるのは災害時も同じだ。50代以上の人々が濁流に飲み込まれた台風被害はその典型例である。

独房の中の「囚人」がどのような精神状態になるかは、例えばアル中のふりをしてわざと精神病院に「入院した」(もちろん同業者の妻もグルである) 大熊氏のこの著書が分かりやすい。アマゾンでも古本を取り扱っているので、一度お読みになられると良いでしょう。
www.amazon.co.jp/dp/4022602449

この本に関しては同業者から批判も多いですが、私は「患者から見た医療の一側面だ」と捉えています。私たち医師は「教科書に則って」患者さんに「治療」を行う。だけど、患者さんはその苦痛に耐えてくれます。「医療によって苦しみが治るなら」という神話のもとに。シャバで一般の人が「医療行為」を行ったら「傷害罪」に問われます。刺したり切ったりレーザー光線を当てるのは一歩間違えると「殺人未遂」になる。だから刺青(を入れたり抜いたりする行為)やエステや整体は、完全に皮膚科医や形成外科医や整形外科医の領域にするべきだという議論も出てくることになる。

例えばインフルエンザの流行期には多くの患者さんがインフルエンザ・ワクチン接種のために高いお金を出して外来を訪れます。ところがいっぺんに患者さんが来るものだから人手が足りない。なので医学部を出たばかりの初期研修医まで「麻酔科 (注射や生命維持の専門医) の実習」と称して狩り出される。大きい大学病院や公立病院で、若いイケメンが下手くそな注射をしてたら、ぼぼそいつは研修医だと思って良い (バイトの無給の後期研修医が喜んでやりたがる)。

それで患者さんのために、仕方が無く 27ゲージとか 32~33ゲージという「細め」の注射針を使う。医療機関はサービス業だからだ。小児科などは痛がらないように 33ゲージや 34ゲージなどの「インスリン自己注射用」とほぼ同じ太さの注射針を使いますけど、これだと注射針の価格が高いので赤字になってしまいます (これは糖尿病などの患者さんなら実感しているだろう)。実際、痛くない予防接種を広告に出してる開業医はこれで赤字を補填しているのが現状だ。

注:どなたでも読める文書として、十年前のものですが厚労省のこのような pdf をお教えします (毎年改訂されるので、最新版はご自分で検索されて下さい)。
www.mhlw.go.jp/shingi/2010/01/dl/s0115-7ag.pdf
厚労省は「21ゲージ又はそれよりも細いものを用いること。なお、23-25ゲージを使用することが望ましい」と書いてるけど、十年前の医療水準なんてのはこういうものだった。だから、患者さんは痛い痛いと言いながら、太い注射針での接種に耐えてくれたという現代医学史を理解して頂きたい。

何でインフルエンザ注射の話と永山則夫氏のこの著書が関係あるのだ、と考えた人は恐らく想像力が足りないのではないだろうか。彼は独房の中で「毎日強制的に注射をされている囚人」であり、もしかすると閉鎖病棟に閉じ込められて一切の自由を奪われた「精神病患者」かも知れないのだ。実際、急性アル中の患者さんは体内に残ったアルコールを排除するために、無理矢理シアナマイドという薬を点滴される (血糖値が異常に高い場合はインスリンも追加される)。そしてアルコールが抜けると飲み薬に変わる。

そもそも大量殺人なんて正常な神経でできるだろうか。それこそ「ゴルゴ13」の世界だとか、映画「イージー・ライダー」の世界である。「ゴルゴ13」はフィクションだと皆んな分かっているから、理髪店には必ず置いてある「読み物」なのである (少々思想的に偏ってはいるが、それはさておき)。勤め先の病院の理髪・美容店にもある。本来は大量殺人は軍人の領域だ。だから厳しい訓練が必要になるし、陸自のレンジャーから脱落して精神を病む若者も出てくる。

ましてや、永山則夫氏は独房に入れられた時点で、既に多数の人間を殺傷した罪で死刑になることを直感している。彼がもともと頭の良かった人間であることは、中卒後に勤めた小売店の経営者や、独房で接見した弁護士や教誨師が一番良く知っている。当然、取り調べにあたった警察官や検察官も気づいていたのではないだろうか。

だから彼が事件を起こして逮捕された時、人々は弁護活動を始めたのだ。彼は貧困ゆえに犯罪を犯した、だから社会的な問題として彼を何らかの形で救済するべきであると。私自身が小学生の頃に新聞紙面を賑わせ、多数の議論が闘わされた社会問題なので、さすがに子供心に「自分とは別の世界から来た」永山則夫氏の存在に驚かされた。

そして、大人になった私は半狂乱状態の患者さんにも数多く接してきました。そして専門外の精神科を再び学び直す機会も与えられました。ましてや、永山則夫氏は「極限の貧乏ゆえに、今で言う「半グレ」の手下になって、米軍基地から拳銃を奪い、殺人事件を犯して牢獄へ閉じ込められた囚人」です。実際に拘留された経験のない方々は恐らく、拘置所とか刑務所という閉鎖的な空間を知らないのではと思います。その様子はまさに「強権政治のかつての精神科閉鎖病棟」そのものです。

ところが医師が病気になったりケガをしたりして、患者さんと同じ視線に立った時、大きな恐怖に襲われて、精神科の医師に助けを求めることが多い。ましてや日常の治療行為に耐えられない心の医師や看護師も、勤務の合間に精神科医に助けを求めることも多い。医師も看護師も人間だ、心が強いとか弱いとか言われる筋合いはない。だからお互いに助け合うのは当たり前だ。犯罪者に対する態度も同じでないかと考えることも多い。

永山則夫氏の初期の文章が散文であり、何人かの方が感じられたように「詩歌のよう」に思われるのは、つまりは人間の「感情的な」半狂乱状態で書かれたものだという知識がないからではと考えられます。例えば、こういう論文はお読みになった経験はないのではと思います。
www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/rb/626/626pdf/hieda.pdf
「韻文から散文へ」(檜枝陽一郎)

これは文学論ですけど、なぜ中世文学には「韻文版」と「散文版」があるのかという問題意識が英国文学を専門とする著者の中にある。ところが専門外の人間としてこの論文を斜め読みすると、「韻文版」は「写本だった」、「散文版」は「活字による印刷本だった」という主張が強く印象づけられた。

永山則夫氏のノートのコピーがところどころに残っているように、彼は原稿用紙にきっちりと原稿を書いた訳ではない。「ノート1」の「死のみ考えた者がいた」の書き出しを読めば、そのことが分かる。「筆記許可おりる」の意味が分かったら、独房における囚人の「読書許可」や「筆記許可」の意味が分かる。つまり「日本国憲法の外にいる」のが囚人なのである。囚人は読書も筆記もいちいち看守の許可が必要なのである。筆記用具で自殺を図ることもあるからだ。

要するに警察署でも刑務所でも、囚人は「日本国憲法」から外されてしまう。一切の言論の自由がなくなって、書くものも接見する人間も「捜査や裁判の邪魔になる」と「判断された場合」には恣意的かつ曖昧な制限が掛かる。日本国というのはこういう「軍事政権」並みの「言論の自由のない国」だということを忘れてはいけない。私が最初、閉鎖病棟の精神病院の話をしたのも同じだ。精神科医や「どこから湧いて出て来たか分からないような強面の准看護師」が独裁者として君臨するのが「ルポ・精神病棟」の世界で、これらはパラレルワールドなのだ。

つまり、この本を理解することができない人は、囚人 (または自由を奪われた患者さん) が、自分の意思を外部へ伝えることができないことに全く無関心だと言うことも可能だ。参院選で ALS 患者が議員に立候補できたのも、電動車椅子や亡きホーキング博士が使ってたような医療用のコンピュータの発達という、先端技術のおかげでもあることを忘れてはいけない。ということは、未だに先端技術の恩恵にありつけない「最底辺」の人々が存在するということだ。

参考書として Guenter Wallraff の「最底辺」を紹介する。私は学生時代に原書で読んで、さすがに衝撃を受けた。ドイツ語の原書の url も参考に書きます (最近の増補版は日本語版の約2倍のボリュームに膨れ上がっている)。
www.amazon.co.jp/dp/400000882X
www.amazon.de/dp/3462019244

ドイツで凶悪事件が起こる時 (特に東独出身のネオナチとトルコ人労働者の間で)、ヴァルラフはとんでもない先見性を持っていたのだなと、今にして思う。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年7月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年9月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年3月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年11月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年10月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告