中古品
¥ 500
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。裏表紙に作者のサインと捺印があります。表紙カバーにスレ、オレがありますが、目立った汚れはありません。ページ内に、オレ、書き込みはなく、比較的きれいな状態です。クリスタルパックにて包装し、発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無為の力―マイナスがプラスに変わる考え方 単行本 – 2004/11

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,404 ¥ 128
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

老いる力、嫉妬の力、無為の力、何もしないことに全力を傾注する……マイナスをプラスへの力に変える考え方と行動を語り尽くす一冊。

未来に希望を点すことができない現代に河合隼雄は、「無為で生きる」、つまり「何もしないことに全力を傾注する」という。無為とは老子の言葉である。
カウンセリングは、クライエントの生きる力を希望をもって待つ仕事である。作為的にクライエントに接しても、問題は解決しない。本人の生きる力がなければ根本的な解決にならないからである。
「何もしない」というのは、非生産的に聞こえるが、実は新しいものを創造する前の大事な過程である、と著者2人はいう。「何も目標、方向性がない」状態からは、普段では考えつかない途方もないことが出てくるのである。
◎物を忘れることで豊かになる ◎嫉妬心には可能性がある ◎思考をやめた時に名案が浮かぶ ◎「ある」だけで十分ではないか ◎物がないほうが創造力は豊かになるなど、無為の力を生かせば、マイナスのなかにこそプラスの力があることがわかる。
世代を問わず、今を生きるすべての人に読んでほしい本である。

内容(「BOOK」データベースより)

物を忘れることで豊かになる、嫉妬心には可能性がある、思考をやめた時に名案が浮かぶ。何もしないことが力を生む。不安なこころを癒し希望を灯す新しい生き方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 211ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569639372
  • ISBN-13: 978-4569639376
  • 発売日: 2004/11
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 541,604位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2005年3月27日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月31日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2007年8月26日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年1月14日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年1月2日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告